« ラストエグザイル―銀翼のファム第7話感想 | トップページ | 灼眼のシャナⅢ(Final)第8話感想 »

2011年11月26日 (土)

輪るピングドラム第20話感想

#20「選んでくれてありがとう」

子どもたちを「子どもブロイラー」に送致して透明な存在に変えてしまう、そんな世の中は許せない。革命だ

革命家にしろテロリストにしろ、「世界を救う」という発火点は同じ。
だから、高倉父のアジテーションに虚妄の影はなく、赤心(せきしん)からのものでしょう。だからこそ、怖ろしいのですが。
「選ばれないことは、死ぬことなんだよ」
そうかもしれません。しかし、狂信家に必要なのは、一歩退いて、自分の考えを客観的に検証することではないでしょうか。
議論のための議論になりますが、例えば「透明」だって、絶対悪と言えるのか?
少なくとも、親の庇護がない子どもたちを物理的に保護することは必要。それを「透明」と言うなら仕方がない。もはや認識の相違。
魯迅「狂人日記」の主人公は、人が人を「喰う」社会に恐怖するあまり、竟に狂ってしまいます。
狂人の最期の台詞。
「人を喰ったことのない子供は、あるいはいるだろう?子供を救え…」

高倉家は、擬似家族。本当の子どもは、実は晶馬だけ?冠葉は夏芽だった?まだ即断はしかねるのですが。
「リナちゃん」で、社会を憂える高倉父と、陽毬を救わなくちゃと呟く冠葉とのすれ違いっぷりに吹いたww
冠葉は、別の意味で狂信家のようです。

愛した仔猫を処分され、失望の果てに、自らブロイラーに向かった陽毬。
「私は透明になっても、これだけは残る」。
晶馬と燦ちゃんとで過ごした、懐かしい記憶。それは「暖炉で燃え残った錫の兵隊の心臓のように」いついつまでも陽毬の心のなかに燠のように残り、暖めてくれる。
ここは、不覚にも落涙しそうになりました。佳い場面で、佳い演出です。
(/_<。)
マルセル・カルネ監督の名画「悪魔が夜来る」の美しいラストシーンを想起。
恋人同士が、悪魔の奸計によって石像に変えられても、なお心臓だけは熱く動いていた。悪魔の力を以てしても、人間の愛だけは滅ぼせなかった。
1942年制作のこの作品は、ナチスの暴虐に耐え抜いたフランス人の心意気を示した名作として語り継がれています。

「キスは消費される」
「『可愛い』が消費されたから」
これらの台詞に、幾原監督の所謂「消費されるアニメ」を重ね合わせるのは自由ですが、それだけではないはず。
作品って、ひとつの理屈だけで読み解けるほど貧しいものではありません。そう信じたい。
ルイス・ブニュエル監督の「黄金時代」を想起しました。
全編が諷刺と暗喩に充ちた超現実主義映画です。いま観ても、かなり難解。
しかし、当時の観客(ブルジョア)たちは、上映途中で怒り出し、スクリーンを切り裂く暴挙に出ました。
理解できないなりに、ブルジョア侮蔑や涜神のにおいを嗅ぎ取ったのでしょう。

素人の観客を侮ってはいけない。ちょっと眼はしの効くクリエイターは、本能的に知っています。
彼ら素人には、作品を総合的に把握する能力はないが、細部だけを観て末梢反応する嗅覚には長けているからです。

「今宵はりんごたっぷりカレーじゃぞ」
やばい、りんごちゃんも消費されるのか!でも食べたい!!
Σ('∀`;)

人物の作画イメージが顕かに変化したと思ったら、作監は林明美さんか。
フルーツバスケットのキャラデとか想い出して、懐かしい…。

|

« ラストエグザイル―銀翼のファム第7話感想 | トップページ | 灼眼のシャナⅢ(Final)第8話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 輪るピングドラム第20話感想:

» 「輪るピングドラム」第20話 [日々“是”精進! ver.A]
本当の、妹は・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111250003/ 輪るピングドラム 2(期間限定版) [Blu-ray] posted with amazlet at 11.11.23 キングレコード (2011-11-23) 売り上げランキング: 72 Amaz... [続きを読む]

受信: 2011年11月26日 (土) 15時32分

» 輪るピングドラム 20 「選んでくれてありがとう」 [藍麦のああなんだかなぁ]
輪るピングドラム 20th STATION 「選んでくれてありがとう」 です。 [続きを読む]

受信: 2011年11月26日 (土) 16時34分

» 【輪るピングドラム】20話 陽毬知ってるよ 生きるって事は罰なんだってこと [にわか屋]
輪るピングドラム #20 選んでくれてありがとう 387 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/11/26(土) 02:52:17.72 ID:iXdDvfmf0 なんかいい話っぽかったけど ぶっち...... [続きを読む]

受信: 2011年11月26日 (土) 18時12分

» 輪るピングドラム #20 [桜詩〜SAKURAUTA〜]
【選んでくれてありがとう】 輪るピングドラム 2(期間限定版) [Blu-ray]出演:木村昴キングレコード(2011-11-23)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る これが私達の生存戦略だ!  [続きを読む]

受信: 2011年11月26日 (土) 19時10分

» 輪るピングドラム 第20話 『選んでくれてありがとう』 [こいさんの放送中アニメの感想]
陽鞠が本当の妹じゃないって話が出ましたが。冠葉も本当の兄弟なのか怪しくなってきた。つまり高倉兄弟は全員赤の他人の可能性が出て来ました。 テロ事件の後でしょうか、潜伏先でアジ演説をかます高倉パパ。そこに冠葉、晶馬、真砂子、マリオが居る。演説そっちのけでベランダで遊んでいるを「なにあの子」という目で見る真砂子。そして冠葉を「お兄さま」と呼んでいる。冠葉は夏芽の人間なのかもしれない。 あと真砂子、というか夏芽の家も関わっていたのは驚きました。夏芽家はかなりの資産家で有名だと思います。テロ事件... [続きを読む]

受信: 2011年11月26日 (土) 20時25分

» 輪るピングドラム 20話 [アニメ徒然草]
冠ちゃん、まさかのラスボス化? というわけで、 「輪るピングドラム」20話 家族ごっこの巻。 高倉家の実子は晶ちゃんだけで、 兄貴と夏芽さんは幼い頃(兄貴は今でも)ピングフォース構成員で、 ...... [続きを読む]

受信: 2011年11月26日 (土) 20時43分

» 『輪るピングドラム』#20「選んでくれてありがとう」 [ジャスタウェイの日記☆ミラーブログ]
「この世界は選ばれるか選ばれないか。 選ばれないことは、死ぬこと───」 晶馬が自分の運命の人だったと思い出してしまった陽毬。 とりあえず、このことは自分の胸にだけしまい ... [続きを読む]

受信: 2011年11月26日 (土) 21時57分

» 輪るピングドラム 第20話 「選んでくれてありがとう」 [SERA@らくblog]
この世界は選ばれるか選ばれないか――。 それがこの作中世界の歪みのようです。 個人を誰かが傍に居て欲しいって選んでくれるのは嬉しいことですよね。 でも それが 自分(たち)だけは選ばれたとか言い出...... [続きを読む]

受信: 2011年11月26日 (土) 22時34分

» 輪るピングドラム 第20話感想 [アニメに首ったけ]
輪るピングドラムの第20話を見ました。 それでは感想を書きます。 [続きを読む]

受信: 2011年11月27日 (日) 01時38分

» 輪るピングドラム 第20話「選んでくれてありがとう」感想 [コツコツ一直線]
 今回は晶馬と陽鞠がどうやって出会ったのか明らかに。子供の時の二人かわいすぎでした。二人が出会い、結ばれるシーンには涙がhellip;。これは冠葉、勝てないなhellip;と思ってしまったり。高倉家の面々の中で最終的に両想いになれるキャラがいるのか、今回観...... [続きを読む]

受信: 2011年11月27日 (日) 03時59分

» 輪るピングドラム 第20話 「選んでくれてありがとう」 [ゆる本 blog]
陽毬の運命の人、それは晶馬。それって苹果とライバルになること?「輪るピングドラム」の第20話。 あう、下書きのままだった・・・ 「ピングフォース」それが全ての始まり。 でも桃香の日記は別の原...... [続きを読む]

受信: 2011年11月27日 (日) 04時35分

» 輪るピングドラム 第20話 「選んでくれてありがとう」 [ゆる本 blog]
陽毬の運命の人、それは晶馬。それって苹果とライバルになること?「輪るピングドラム」の第20話。 あう、下書きのままだった・・・ 「ピングフォース」それが全ての始まり。 でも桃香の日記は別の原...... [続きを読む]

受信: 2011年11月27日 (日) 04時43分

» 輪るピングドラム 第20話 「選んでくれてありがとう」  [nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!]
う〜ん、前回のラストを詳細に説明しただけの話でしたね。 まぁ、今回で明らかになったことは冠葉と真砂子は兄妹だったってことぐらいか。 いや、あの集団の中にいる子どもは皆 ... [続きを読む]

受信: 2011年11月27日 (日) 11時04分

» 輪るピングドラム 第20話 『選んでくれてありがとう』 感想 [メルクマール]
この作品は、還元的に捉えてはいけないのでしょう。 輪るピングドラム 第20話 『選んでくれてありがとう』 のレビューです。 [続きを読む]

受信: 2011年11月27日 (日) 11時50分

» 輪るピングドラム TBS(11/25)#20 [ぬる~くまったりと]
第20話 選んでくれてありがとう もうここは氷の世界なんだ。今こそ取り戻そう、本当の事だけで人が生きられる 世界を。これが我々の生存戦略なんだ。高倉剣山がソウヤ、ミサキと演説をマンションの 一室でしていた。 陽毬を守る冠葉と晶馬。バカな人達、私は絶対認めないわよと夏芽 真砂子が去っていく。思い出したよ、晶ちゃんが私の運命の人。 陽毬が朝食を作った。腕をあげたね。 陽毬に恋の追い駆けっこを話する眞悧。その恋は実らない。相手が逃げれば追えば良いの?キスは消費する、空っぽになる。どうすれば良いの?気持ちに... [続きを読む]

受信: 2011年11月27日 (日) 13時20分

» 輪るピングドラム 20TH STATION 選んでくれてありがとう レビュー [ゴマーズ GOMARZ]
決行前日 ピングフォース・アジト とあるマンションの一室 *その場所から全て始まった。そこには同じような扉が たくさんあって、どれが本物か、どれが正しいのか… 大きなマンションの中の一室…そこはピング・フォースのアジト だった。そこでは高倉剣山が決意を述べていた… この世界は間違えている 勝ったとか負けたとか 誰の方が上だとか下だとか 儲かるとか儲からないとか 認められたとか認めてくれないとか  選ばれたとか選ばれなかったとか 奴等は人に何かを与えようとはせず  いつも求められる事ばかり... [続きを読む]

受信: 2011年11月29日 (火) 23時24分

« ラストエグザイル―銀翼のファム第7話感想 | トップページ | 灼眼のシャナⅢ(Final)第8話感想 »