« ちはやふる第3話感想 | トップページ | ギルティクラウン第2話感想 »

2011年10月22日 (土)

UN‐GO第2話感想

#2「無情のうた」

「UN-GO」「ギルクラ」「はがない」。
この3作について、書き溜めた記事が、とある事情でクラッシュしてしまいました…。('A`|||)
噫無情ww
月曜日までにはサルベージして追記します。
取り合えず、一言居士ということで、ひとことだけ記しておきます。

UN-GO
戦後よ眠れ。
アイドルユニット「夜長姫」は、戦意高揚のために使嗾され、戦後は架空化されて生きながらえるだけの存在に。
死に切れなかった亡霊、長田安の取った行動は…。

追記
「夜長姫と耳男」といえば、「桜の森の満開の下」と双璧をなす、坂口安吾のフォークロア風幻想譚の名作です。
「夜長姫」というユニット名には、「音楽」すなわち「耳」からの刺戟によって人心を掌握するという、二重の意味も含んでいるのか?
思わずニヤッとした方も多いのでは。

アイドルユニット「夜長姫」は、戦意高揚のために使嗾される、傀儡アイドルだった。
すべての黒幕は、メディア王である海勝麟六。そして、長田安(安西エリの正体)の実母である、長田久子。
話題づくりとして、4人目の安西エリが瓦礫の下敷きで死亡する映像まで流し、虚像として喧伝に努めた。
エリの正体は、長田久子の実の娘、安(あん)だったのに。
しかし、戦後になって彼女たちは用済みとなり、バーチャルのみの伝説として生き永らえているにすぎない。リアルの彼女たちは、プロダクション社長、長田久子からのかつかつの「手当」で、かろうじて生活を繋いでいる状態だった。

「戦後よ眠れ」。
生涯を通じて、小説という手段により戦後への鎮魂を呟き続けたのは、孤高の作家、中井英夫。
アニメ「UN-GO」の通奏低音も、やはり「戦後」なわけですが、「敗戦探偵」は、近未来の戦後に何を見ているのだろうか?事件解決を通じて、何を実現しようとしているのか?
異類である因果に、「本当は」何を見せると約束したのか?
彼もまた、既成の価値観が崩落した戦後の混乱のさなかで、自分なりの「真実」を模索しているのでしょうね。

女装癖のある荒巻某をフェイクに使ったが、実際には、安ちゃんの単独犯だった。
こうした倒錯的な設定も、いかにも戦後派小説を下敷きにしたアニメならでは。
事件が終焉を迎え、彼女の犯行を暴露したまま立ち去る結城新十郎と因果。
墓前に放置されていた安が、のろのろと立ち上がる。
眼下の街に拡がっていく、「ブルーライトヨコハマ」の歌声。
彼女の貌(かお)に泛んだ淡い笑顔。そして…。
これは、歌のために母殺しにまで追い込まれた安ちゃんにとっての「救い」なのか?
彼女にとっての「戦後」が、ようやく畢ったのか?
示唆を含ませたリドルで微妙な結末でした。

|

« ちはやふる第3話感想 | トップページ | ギルティクラウン第2話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/53052158

この記事へのトラックバック一覧です: UN‐GO第2話感想:

» UN-GO 第2話「無情のうた」 感想 [日刊アニログ]
夢は絶対叶うって信じたかった! 麟六の元に泉が持ち込んだ投資家長野久子の殺人事件。 久子の娘である案は麟六の推理は間違いであり新十郎達に改めて調査を依頼するが…。 麟六と泉は目的達成のためなら手段を選ばないえげつなさと黒さを持ってますね。... [続きを読む]

受信: 2011年10月22日 (土) 08時35分

» UN-GO 第2話 「無情のうた」 感想 [あくあぐらす~Aqua Glass~]
因果が何者なのか。 新十郎は何を求めているのか。 まだまだ分からないですね。 [続きを読む]

受信: 2011年10月22日 (土) 08時58分

» UN-GO#02 [インチョーのなんとなくブログ風 〜もしくはネットの海で瓶詰地獄〜]
第2話 『無情のうた』 ――チョイ拾い!! [続きを読む]

受信: 2011年10月22日 (土) 10時04分

» UN-GO 第2話「無情のうた」 [nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ!]
相変わらずの會川節で・・・ww これは最後は燐六と結城の対決にシフトしないといけない気がするんだ・・・ なんか「敗戦探偵」としての自分に酔ってる感じで終わらせると、 ... [続きを読む]

受信: 2011年10月22日 (土) 17時20分

« ちはやふる第3話感想 | トップページ | ギルティクラウン第2話感想 »