« BLOOD-C第12話(最終話)感想 | トップページ | バクマン。2第1話感想 »

2011年10月 1日 (土)

ダンタリアンの書架第12話(最終話)感想

#12「まだ見ぬ明日の詩」

白ダリアン(仮)が、「もうひとりの私」って呼びかけていましたね。
黒ダリアンと白ダリアン(ヒューイの「夢の女」)とは、表裏一体の存在のようです。
あちらの世界での書架の番人(ミノタウロスみたいな奴)と、現実世界でのゾンビたちもまた、二重写しと解釈できます。
彼我の世界の運命は、一蓮托生、繋がっているのかもしれません。

新聞という新興メディアを幻書に仕立てて、世界中に大量流通させるテロゾンビ計画。
着眼点がすごい。「言霊」で、世界を破滅させようというのか。
ひそやかに書架に封印されていた幻書は、いまや水爆以上の最終兵器になってしまったのですね。
言霊の、ことばの行きつく先がこれかと思うと、慄然とさせられます。

「敗戦国から賠償金をうばっておいて、復興会議ですか」
やはり、教授とラジエルは、敗戦国である独逸側だったんですね。
第一次大戦後、独逸は、巨額の賠償金の圧迫もあって、未曾有の経済危機にみまわれました。
マルクの大暴落。戦前の1兆分の1にまで価値が下落し、小額紙幣が100万マルク、500万マルク切手もあたりまえで、買い物するにも、荷車に紙幣の山を積み上げて運ばねばならなかったほどの惨状を呈しました。
敗れた者たちのルサンチマンは深く…。

大量出血しながらも、ヒューイも頑張りました。ゾンビなみのしぶとさだ。
でも、焚書官のハルが、美味しいところを全て持って行った感がありますね。
「本を焼く者は、人間も焼きますよ?」
「人間なら、すでに焼いた。大切な人をな」
ハルも、闇の力に捉われているようです。磊落なフランと一緒だから、救われているところもあるのかも。

読姫同士の、低次元の言い争いに吹いたww
バカってゆー方がバカなんだぞ!って、「一騎当千」のおバカ代表、孫策なみのバカっぷりじゃないですか。
ぺったんこやらガラクタに至っては、もはや論外です。
万巻の書を読破している知の選良のくせに…。(ノ∀`)

おしまいに、われらがカミラちゃんについて語っておこう。
かろうじて、終章に間に合いました。活躍といっても、ヒューイの看病だけだったけどww
そしてそして、殆ど脈絡のないキモノサービス!あなたは異国迷路のクロワーゼですか!まあ可愛いからいいけど。

ダンタリアンも、二期がありそうな予感。期待を繋ぎましょう。
「待て、しかして希望せよ!」(「モンテ・クリスト伯」より)

|

« BLOOD-C第12話(最終話)感想 | トップページ | バクマン。2第1話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンタリアンの書架第12話(最終話)感想:

» ダンタリアンの書架   〜第12話 まだ見ぬ明日の詩 [動画共有アニメニュース]
ダンタリアンの書架   〜第12話 まだ見ぬ明日の詩 蒐書狂(ビブリオマニア)である祖父から、古ぼけた屋敷とその蔵書を引き継いだヒューイは屋敷の地下で静かに本を読む少女、ダリアンと出会う。彼女は禁断の「幻書」を納める「ダンタリアンの書架」への入り口、悪魔の叡智への扉だった アフィリエイト FC2 Blog Ranking 人気ブログランキングへ... [続きを読む]

受信: 2011年10月 1日 (土) 10時42分

» ダンタリアンの書架#12 [インチョーのなんとなくブログ風 〜もしくはネットの海で瓶詰地獄〜]
第12話 『まだ見ぬ明日の詩』 ――チョイ拾い!! [続きを読む]

受信: 2011年10月 1日 (土) 10時45分

» ダンタリアンの書架 第12話 「まだ見ぬ明日の詩」 [SERA@らくblog]
最終回ぽい? 最終回だったかな(苦笑) ゾンビを作り出す『償いの書』。 新聞の記事に隠しても効果が出ちゃうとは危険ですね(汗) 犯人は アイラス教授とラジエル! ▼ ダンタリアンの書架 第12話 ...... [続きを読む]

受信: 2011年10月 1日 (土) 11時08分

» ダンタリアンの書架 テレ東(9/30)#12End [ぬる~くまったりと]
第12放送 第14話 最終回 まだ見ぬ明日の詩 公式サイトから 無数の銃弾を浴び [続きを読む]

受信: 2011年10月 1日 (土) 11時29分

» 「ダンタリアンの書架」#12(終) [日々“是”精進! ver.A]
幻書探しの旅は、続く・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110010000/ 【Amazon.co.jp限定ダリアン コルクコースター付】 ダンタリアンの書架-Blu-ray 第1巻 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.09.28... [続きを読む]

受信: 2011年10月 1日 (土) 13時35分

» 【ダンタリアンの書架】最終話 Q.面白かった? A.ダリアンが可愛かっただけ [にわか屋]
ダンタリアンの書架 #12 第14話「まだ見ぬ明日の詩」 416 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/10/01(土) 01:54:13.14 ID:4FxnqTTc0 これから面白くなりそうだなって...... [続きを読む]

受信: 2011年10月 1日 (土) 14時06分

» ダンタリアンの書架#13(最終話)「まだ... [おぼろ二次元日記]
僕は前に進む。まだ見ぬ明日へ。#12第14話まだ見ぬ明日の詩あらすじは公式からです。無数の銃弾を浴びても動き続ける不死身の男――ゾンビの出現が新聞を賑わせている頃、ダリアン... [続きを読む]

受信: 2011年10月 1日 (土) 15時02分

» ダンタリアンの書架 第12話(最終回) 「まだ見ぬ明日の詩」 感想 [ひえんきゃく]
最終回は、ほぼアニメオリジナルエピソードになってましたね。 原作3巻第5話の「償いの書」と5巻第4話の「つながりの書」のエピソードを 基にしていましたが、オリジナルと言ってよかったかと。 こう...... [続きを読む]

受信: 2011年10月 1日 (土) 15時12分

» ダンタリアンの書架 #12 第14話「まだ見ぬ明日の詩」 [WONDER TIME]
「僕はヒューイ、黒の読姫の鍵守  ヒュー・アンソニー・ディスワードだ!」 今はまだ一緒には行けない、でも いつか―― 書架の少女との再会、まだ見ぬ明日へ…!    【第12話 あらすじ】 無数の銃弾...... [続きを読む]

受信: 2011年10月 1日 (土) 15時40分

» ダンタリアンの書架 第12話(終) 『まだ見ぬ明日の詩』 [こいさんの放送中アニメの感想]
三組の読姫&読手揃い踏み。たまにニアミス起こしていたこともありますが、彼らが遂に一同に介しました。最終回らしい展開と言えますね。でも役割がバラバラみたいです。 幻書を作る者・・・赤の読姫ラジエルと教授(ドイツ)。幻書を保管する者・・・黒の読姫ダリアンとヒューイ(イギリス)。幻書を焼く者・・・白の読姫フランベルジュとハル(フランス)。 赤コンビと白コンビはやることがハッキリしており、黒コンビは読み手が新米という事もあって成り行きで行動してきた感じがします。そして人間である読み手は代替わりしているので... [続きを読む]

受信: 2011年10月 1日 (土) 18時03分

» ダンタリアンの書架第11話感想「まだ見ぬ明... [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
いつか自分をここから救いだしてくれると言ってくれた人--------------。不死身の男!?何度銃弾を浴びても倒れない男が出現したというニュースが巷に広まっているよう。半信半疑で、噂... [続きを読む]

受信: 2011年10月 1日 (土) 19時39分

» ダンタリアンの書架 第11話 感想「まだ見ぬ明日の詩」 [★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★]
いつか自分をここから救いだしてくれると言ってくれた人--------------。 不死身の男!? 何度銃弾を浴びても倒れない男が出現したというニュースが巷に広まっているよう。 半信半疑で、噂に尾ひれがついただけなのではと思うヒューイだったが、もしやこれも幻書?...... [続きを読む]

受信: 2011年10月 1日 (土) 19時39分

» 風評被害で訴えていい(BLOOD-Cとか輪るピングドラムとか) [アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮)]
【THE IDOLM@STER 第13話】待望のライブ回。う〜ん、思ったよりグッときませんでした。意外と止め絵が多かったですし、最後の曲はさすがに動いていましたが、今度はファンの掛け声( ... [続きを読む]

受信: 2011年10月 3日 (月) 15時24分

« BLOOD-C第12話(最終話)感想 | トップページ | バクマン。2第1話感想 »