« ペルソナ4第1話感想 | トップページ | Fate/Zero第2話感想 »

2011年10月 8日 (土)

輪るピングドラム第13話感想

#13「僕と君の罪と罰」

サネトシ「運命がきらい」
苹果「運命が大好き」
この対比には、大いなる意味がある。

ピンドラ世界の住人、すなわち高倉兄弟や夏芽たちは、いま、サネトシの掌のうえで転がされています。
サネトシは語り(騙り)ます。
人は、運命に桎梏されているのか。境涯はもうずっと変えられないのか。子どもは、運命を恨んで生きるしかないのか。
…いやこれって、一部の無産派(NEETともいう)の人たちが喰いつきそうな主張だ。
「だよねー。ボクのことを、労働なんて下賤なことしないでも一生自堕落に暮らしていけるような身分に産んでくれなかった親がすべて悪いんだよねー。ボクが今こうなっちゃってるのも必然の運命なんだよねー。そーだそーだ」
('A`|||)
そこで、苹果ちゃん。
家族の再生のために、姉の桃果になりたかった彼女は、サネトシへの強力なアンチテーゼになり得るのかもしれません。
運命の出会いとやらを単純に信じている彼女は、確かにオトメ過ぎて、イタイかもしれない。純朴に過ぎるのかもしれない。
でも、家族の崩壊という「運命」を徒に恨むことなく、夢想的にせよ狂信的にせよ、運命を変革しようとする彼女には、「前進するチカラ」を感じます。
ここに至って、彼女の存在感がにわかに重みを増した気がします。晶馬を救い、もしかすると、この閉塞された世界を救う存在に昇華されうるのかもしれません。

渡瀬眞悧は、陽毬のかぶりもの(プリンセス・オブ・ザ・クリスタル)を、唯一無二だったあの少女に喩えていました。
「同じものが見えて聴こえている」少女とは、桃果である蓋然性が高い。
こうなると、「16年前、本当は何が起こったのか?」が気になります。

死んでは生き返らされる陽毬。かなり神経に徹え(こたえ)ます。見ていてつらい。まさに、「輪る高倉陽毬」です。
しかし、テロで無辜のままに殺された名もなき人々だって、同じに惨い死に方といえます。
肝要なのは、ピンドラという物語の「表面の裏」に堆積している何物かに思いを馳せること。洞察力を研ぎ澄ませること。
それが、無為のままアニメを享楽している視聴者に課せられた義務であり、醍醐味なのでしょう。

「罰が終わっちゃったらつまらない」
女神のことばは無慈悲ですが、現実そのものが、われわれの識域を越えて、遥かに無慈悲なのではないか?
そして、「生」そのものが永遠の劫罰だとしても、われわれは屈することなく、永遠に抗わなければならないのではないか?
相変わらず、考えさせてくれるピンドラです。

|

« ペルソナ4第1話感想 | トップページ | Fate/Zero第2話感想 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 輪るピングドラム第13話感想:

» 輪るピングドラム 13 「僕と君の罪と罰」 [藍麦のああなんだかなぁ]
輪るピングドラム 13th STATION 「僕と君の罪と罰」 です。 陽毬ちゃ [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 00時00分

» 輪るピングドラム 第13話 僕と君の罪と罰 [ゲーム漬け]
陽毬は本日付けで院長に就任したという渡瀬の用意したアンプルによって助かりますが、冠葉がまた何かしらの代償を払う事になったみたいですし、晶馬は何も知らずに喜ぶばかりって ... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 01時37分

» 【輪るピングドラム】13話 この作品のキーパーソンは桃果っぽいね [にわか屋]
輪るピングドラム #13 僕と君の罪と罰 748 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/10/08(土) 02:54:00.21 ID:AzJaHTq60 俺は考えることをやめた 807 名前:風の谷の... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 02時38分

» 「輪るピングドラム」第13話 [日々“是”精進! ver.A]
両親が容疑者・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201110070002/ 輪るピングドラム 1(期間限定版) [Blu-ray] posted with amazlet at 11.10.04 キングレコード (2011-10-26) 売り上げランキング: 132... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 05時29分

» 輪るピングドラム 13話 [アニメ徒然草]
ヘヴィだぜ。 というわけで、 「輪るピングドラム」13話 ありがたいおくすりの巻。 加害者家族、か。 五人で囲む食卓も、明日学校へ行く用意も、帰る場所さえも、失った。 日常の全てを、ある日突...... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 07時31分

» 輪るピングドラム 第13話 「僕と君の罪と罰」 感想 [ひそかにささやかにアニメ等を応援している日記]
見終わってシンミリとしました。なんかいい話―。 ずっと緊張感マックスで見てたのに、最後はゆーったりとした気分で。 [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 08時34分

» 『輪るピングドラム』#13「僕と君の罪と罰」 [ジャスタウェイの日記☆ミラーブログ]
「僕はね、運命っていう概念が人の世界に存在するのか、 そのルールが人の生涯を支配しているかどうか、 それを確認したいんだ」 心電図が止まった陽毬の病室に、突如現れた渡瀬眞 ... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 09時48分

» 輪るピングドラム第13話『僕と君の罪と罰』の感想レビュー [gurimoeの内輪ネタ日記(準備中)]
どちらかと言えば、前回の内容の掘り下げ回的な印象でしたね。 意図的にボカしていたのかなと思っていた情報が、加害者の子ども達である兄弟達を中心に、よりクリアに説明されたみたいな感じだったかと。 アレだけの事件の関係者になってしまった兄弟達ですから、運命を...... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 11時49分

» 輪るピングドラム #13 [桜詩〜SAKURAUTA〜]
【僕と君の罪と罰】 輪るピングドラム 1(期間限定版) [Blu-ray]出演:高倉冠葉(木村昴)キングレコード(2011-10-26)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る 3号ちゃん復活(゚∀゚)!  [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 12時35分

» 輪るピングドラム TBS(10/07)#13 [ぬる~くまったりと]
第13話 僕と君の罪と罰 公式サイトから プリンセス・オブ・ザ・クリスタルの力に [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 13時27分

» 輪るピングドラム 13TH STATION「僕と君の罪と罰」 [無限回廊幻想記譚-アニメ・映画感想-]
自らの命を差し出すという高倉冠葉の願いも虚しく、プリンセス・オブ・ザ・クリスタルが消え、再び命を落とした高倉陽毬。「痺れるだろう」そこに現れた渡瀬眞悧は「まだ世界が終わった訳じゃないから」と諦めないように語りかける。一見すれば親切に思える台詞だけど、ただの親切... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 22時50分

» 輪るピングドラム 13TH STATION「僕と君の罪と罰」 [無限回廊幻想記譚 別宅]
自らの命を差し出すという高倉冠葉の願いも虚しく、プリンセス・オブ・ザ・クリスタル [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 22時50分

» 輪るピングドラム 13TH STATION「僕と君の罪と罰」 [無限回廊幻想記譚 別館]
自らの命を差し出すという高倉冠葉の願いも虚しく、プリンセス・オブ・ザ・クリスタルが消え、再び命を落とした高倉陽毬。 「痺れるだろう」 そこに現れた渡瀬眞悧は「まだ世界が終わった訳じゃないから」と...... [続きを読む]

受信: 2011年10月 9日 (日) 22時51分

« ペルソナ4第1話感想 | トップページ | Fate/Zero第2話感想 »