« アクセス解析から(偶感) | トップページ | 神様ドォルズ第1話感想 »

2011年7月 5日 (火)

異国迷路のクロワーゼ第1話感想

#1「入口」

巴里の空の下、大和撫子が駆けめぐる!
夏期アニメの期待作「異国迷路のクロワーゼ」が、いよいよ放映開始です。

19世紀末の巴里といえば、パリ万博も開催され、ジャポニズム隆盛のころかな?
画家のクロード・モネは浮世絵の収集家だったし、ゴッホにも浮世絵の模写があるほどです。
エキゾティシズム横溢の巴里の都に、突如あらわれた、ジャポニズムそのものの少女、湯音(ゆね)。
同じ日本人でもクラクラきそうなほど、ちっこくて可愛い!
これほど可憐な少女が、年老いてのち、湯婆(ゆばば)としてジブリアニメに登場することになろうとは、何という運命の悪戯だろうか。嗟嘆(ああ)。←ちがいますww

サトジュン監督、シリーズ構成担当として、久しぶりの現場復帰ですね。手練れだけに、安定感は抜群です。
まあ、この世界観なら、「うみものがたり」の轍は踏まずにすむかと…。←「SIGERUくん、それは言うな!」(サ●ジュン)
いきなり帰国を慫慂されるとか、「カレイドスター」の苗木野そらちゃんみたいww
そういえば、クロードと湯音の関係って、レイラさんとそらちゃんに似ているかも。
基本的には「異文化の交流を描く異国物語」なのですが、「迷路」や「クロワーゼ」とか、ちょっとミステール(mystere)な要素も点綴されていますね。何か含みがあるのでしょうか?その辺りの解析にも期待したいところです。

第一印象。
じいちゃんはカワイイ瞳をしてるのに、孫のクロードは眼つき悪いww
西洋人であるクロードが、ニッポンの礼儀所作にけっこう理解があるのが意外、という意見も散見されました。
ただ一度の欧羅巴旅行の体験からいうと、パリジャンは親しみやすく開放的でした。少なくとも、島国根性丸出しだったロンドンっ子よりは!←ルサンチマン剥き出しww
日本人は、西洋人に比べて精神性を重んじるので、何でもすぐ「道」にする。
武士なら「武士道」、芸人なら「芸道」、商人なら「商道」。
上下関係や主従関係を遵守する湯音ちゃんが重んじているのは、さしずめ「商道」ですね。
長崎で、集客できる看板娘だったそうですが、はて、どういうお店だったのかな?
職人であるクロードとのあいだに不思議なシンパシーが生まれたのは、彼の「職人道」が、湯音の真摯さとかたみに響きあったのかもしれません。

クロードからプレゼントされた絵本。「Les Petites Abeilles」。ええと?
星の王子さまはまだまだ先のことだし、赤頭巾もちがうな。
ま、まさか、かの名作「女王陛下のプティ・アンジェ」か!?←意味不明

次回「チーズ」

|

« アクセス解析から(偶感) | トップページ | 神様ドォルズ第1話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/52129758

この記事へのトラックバック一覧です: 異国迷路のクロワーゼ第1話感想:

» 新アニメ「異国迷路のクロワーゼ」第1話 [日々“是”精進! ver.A]
パリにやって来ました 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201107040001/ 異国迷路のクロワーゼ The Animation 第1巻 [Blu-ray] posted with amazlet at 11.06.30 メディアファクトリー (2011-09-21) 売り上げ... [続きを読む]

受信: 2011年7月 5日 (火) 20時30分

» 異国迷路のクロワーゼ 第1話「入り口」 感想 [超進化アンチテーゼ]
原作ファンとして映像化は素直に嬉しいですね。 とはいえ絵に関しては原作のが美麗かも(笑)。 うんまあその辺に関して言えば、武田日向の超作画には一歩追いついてない感じもしたけど これはその内慣れるんじゃないかな、って思います。 展開に関しても原作の...... [続きを読む]

受信: 2011年7月 5日 (火) 20時32分

» 異国迷路のクロワーゼ 第1話 「入口」 感想 [wendyの旅路]
小さな大和撫子― [続きを読む]

受信: 2011年7月 5日 (火) 20時34分

» 異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」 [のらりんすけっち]
ARIA+びんちょうタンって印象でした。 湯音ちゃんちっちゃ〜い かわええо(ж>▽<)y ☆ サトジュンさんに井上さんとARIAスタッフが参加してるのが1発でわかりました。 井上さんが総作監だけにクオリティ...... [続きを読む]

受信: 2011年7月 5日 (火) 20時36分

» 異国迷路のクロワーゼ 第1話 入口 [ゲーム漬け]
原作は「GOSICK -ゴシック-」の挿絵も担当されていた武田日向さんの漫画で、物語の舞台は19世紀末のパリ。 主人公は小柄でおかっぱの黒髪美少女の日本人・湯音。 湯音の家では余所へ ... [続きを読む]

受信: 2011年7月 5日 (火) 20時48分

» 【異国迷路のクロワーゼ】1話 今期のヒーリングアニメっぽいな [にわか屋]
異国迷路のクロワーゼ The Animation #01 入口 "Entre" 135 名前:風の谷の名無しさん@実況は実況板で[sage] 投稿日:2011/07/04(月) 00:56:34.33 ID:FakRVwuj0 とりあえず完走余裕っぽ... [続きを読む]

受信: 2011年7月 5日 (火) 20時57分

» 『異国迷路のクロワーゼ 』 第1話 感想 [シュミとニチジョウ]
さて始まりましたね。『GOSICK』第1話…というネタは多くのブロガーさんが書くでしょうから自粛。 え?自粛できてないって?ははは。…。すみません。 [続きを読む]

受信: 2011年7月 5日 (火) 21時04分

» 異国迷路のクロワーゼ The Animation #01 「入口」 [つれづれ]
 洋風の町並みに着物は目を惹きますね。 [続きを読む]

受信: 2011年7月 5日 (火) 21時47分

» 異国迷路のクロワーゼ #1 [桜詩〜SAKURAUTA〜]
【入口】 異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)著者:武田 日向富士見書房(2007-12-08)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る それは優しくて小さな出逢いの物語〜♪っ ... [続きを読む]

受信: 2011年7月 5日 (火) 21時50分

» 異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」 [妄想詩人の手記]
2011年夏アニメ感想第1弾。今期は週ごとの記事数を増やすのが目標です。 [続きを読む]

受信: 2011年7月 5日 (火) 22時26分

» 異国迷路のクロワーゼ 1話 [アニメ徒然草]
日本流にて、つかまつる。 というわけで、 「異国迷路のクロワーゼ」1話 振袖看板娘の巻。 かっぽかっぽ。 ジャポネーゼ湯音ちゃん、海を渡ってご奉公。 When in Rome, do as the Romans do. 郷...... [続きを読む]

受信: 2011年7月 5日 (火) 23時05分

» 異国迷路のクロワーゼ 第1話(新) 「入口」 感想 [KAZUの暮らし]
待望の作品がついにやってきましたね・・・ 19世紀後半、西欧において日本の文化が流行していた時代に、単身フランスへと渡った日本の少女ユネ。パリの下町アーケード商店街『ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロア)』の一画にある鉄工芸店『ロアの看板店(アンセーニュ・ド・ロア)』で働くことになった彼女の成長と、若き店主クロードとの交流を描くパリ滞在記。...... [続きを読む]

受信: 2011年7月 5日 (火) 23時09分

» 異国迷路のクロワーゼ 第01話 『入口』 [こいさんの放送中アニメの感想]
何かまたGOSICKみたいなのが始まった・・・。と思ったらOPが世界名作劇場っぽい。日本人の女の子が、遠く仏蘭西に渡って来る話みたいです。赤い靴、履~いてた~、女の子~。異~人さんに連~れられて、行~っちゃった~。 童謡「赤い靴」が頭をよぎります。自分の希望で来たと言うよりこのじいさんに奴隷まがいに攫われて来た感じがする。そう考えるのは自分の心が荒んでいる所為でしょうか。 あらすじはこんな感じです。長崎に暮らす13歳の日本人の少女湯音は実家の方針で奉公に出る事となる。丁度日本へ買い付け... [続きを読む]

受信: 2011年7月 5日 (火) 23時37分

» 異国迷路のクロワーゼ 第1話感想「入口」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
フランスに現れた、日本人形のような愛らしい少女・湯音。ここパリの商店街・ギャルリにある鉄工芸品店「ロアの看板店」にやってきた湯音と、立派なヒゲを生やしたオスカー。絵がめ... [続きを読む]

受信: 2011年7月 6日 (水) 01時01分

» 異国迷路のクロワーゼ 第1話「入口」 [SERA@らくblog]
19世紀のパリ『ロアの歩廊』、小さなジャポネーゼの湯音がやって着ました♪ 「ロアの看板店」のオスカーさんが日本土産とともに連れてきて。 店主のクロードはびっくりですねw  ▼ 異国迷路のクロワーゼ...... [続きを読む]

受信: 2011年7月 6日 (水) 10時50分

» 異国迷路のクロワーゼ 1話 入口 [しるばにあの日誌]
2011年夏アニメ第2弾は? 中川かのん主演・・いえゆおんです。 [続きを読む]

受信: 2011年7月 6日 (水) 17時43分

» 異国迷路のクロワーゼ 第1話 【入口】感想 [キラシナのアニメ・ゲーム時々教育の百戦錬磨日記]
最初、湯音の声があやにゃんにソックリに聞こえました。 そんな感じで始まったクロワーゼ。 イメージとしては“エマ”のような舞台に和服ロリ美人が現れたって感じでしたねw 異国迷路のクロワーゼ 1 (角川コミックス ドラゴンJr. 111-2)(2007/12/08)武田 日向商品詳細を見る... [続きを読む]

受信: 2011年7月 7日 (木) 20時55分

« アクセス解析から(偶感) | トップページ | 神様ドォルズ第1話感想 »