« アマガミSS第11話感想 | トップページ | 伝説の勇者の伝説第11話感想 »

2010年9月12日 (日)

学園黙示録第10話感想

#10「The DEAD'S house rules」

孝が繰り返し呟く「昨日までの世界は、もう終った」。
ゾンビが溢れかえっているにせよ、世界そのものが消滅したわけではないのですが。
多分、こう言いたいんでしょうね。
「大人たちに庇護されるのが当然だった、子どもとしての俺たちの世界は、もう終った
生き延びることを最大命題にして、結束してきた孝たち。
高城家に避難して、しばし安息の時を送れるのかと思ったら。
あっという間に兆し始めた、不協和音。
きっかけは、沙耶の、両親に対する不信感ですが、孝も毒島センパイも、潜在的に感じていたことだったのです。

子どもの論理VS大人の論理という対立構造は、ハガレンでも顕著でしたが、ハガレン世界においては、両者を上手く調和させていたと思います。
しかし、学園黙示録では、高城パパに代表される大人世界は、孝たちとは相容れないものとして描かれています。
権威的、強権的、そして組織にとっての異分子には、徹底して排他的…。
平野コータから、唯一のレーゾン・デートルだった銃器を暴力で奪い取ろうとする場面に、象徴されています。
彼ら大人から見れば、コータは、武器をオモチャにしている危ない子どもにしか映らないのでしょう。
寛容と調和。非寛容と対立。
ハガレンと黙示録、両者の相違は、それぞれの作者の人生観が反映しているのかもしれません。

戦艦バウンティのエピソードには、不意を衝かれました。
原作はノードホフ&ホールの、1932年の小説です。たびたび映画化されていますが、私は、1962年版で観ました。
その『戦艦バウンティ』では、艦内に結構複雑な人間関係があったと思いますが、叛乱の背景は、孝が紹介したとおりですね。

視聴者がすっかり忘れていた紫藤が、性懲りもなく再登場。
バス内は、すっかりオージー状態。恐怖が強烈なクスリとして作用し、女生徒たちは理性がぶっ飛んじゃってるようですね。
紫藤は、悪い大人代表として孝たちと対立し、叩きのめされるのでしょう。
そして、新たな旅立ち。そんな感じでまとめるのかな。
大きな命題を孕んだ問題作になり得た学園黙示録が、紫藤ラスボスでは物足りないのですが、どんな着地を見せてくれるのか、注目したいと思います。

|

« アマガミSS第11話感想 | トップページ | 伝説の勇者の伝説第11話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/49424764

この記事へのトラックバック一覧です: 学園黙示録第10話感想:

» 学園黙示録HIGHSCHOOLOFTHEDEAD ACT10TheDEAD'Shouserules [インドアさんいらっしゃ~い♪]
冴子さん着物超似合うじゃないすか!!(゚∀゚)やっぱ着物には黒髪ロング(視覚的には青っぽいけど)が一番だよね!こう佇んでるだけで、気品みたいなものも感じるしそれが刀振るって... [続きを読む]

受信: 2010年9月12日 (日) 14時32分

» 「学園黙示録HIGHSCHOOLOFTHEDEAD」第10話 [日々“是”精進!]
  ACT10「TheDEAD'Shouserules」子供と大人。麗、静香の治療を受けることに孝が抑えて。おっぱいも痛く・・・自分で薬と塗ると麗。孝は冴子の着物姿を見て、似合っていると高城は母とケン... [続きを読む]

受信: 2010年9月12日 (日) 15時12分

» 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第10話「The DEAD's house rules」 [ミナモノカガミ]
懐かしき世界。 [続きを読む]

受信: 2010年9月12日 (日) 18時27分

» 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD ACT10 [本隆侍照久の館]
学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD ACT10『The DEAD'S house rules』 [続きを読む]

受信: 2010年9月12日 (日) 22時37分

» 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第10話「The DEAD''S house rules」 [アニメレビューCrossChannel.jp]
「バウンティ号の反乱」を引き合いに、束の間の高木家での「日常」がもたらした気の緩みが仲間の絆にヒビを入れかねない危険。目下の危機の前には団結する事ができるが、危機から開放された自由の日は自己主張も頭をもたげる。 極右か烈士とでもいうべき高木家当主の強烈な個性が孝たちを引き締めるようでもあるが、大きな群れに合流した孝たち小さな群れ。高木家当主の高城壮一郎にしてみれば、娘の沙耶の同級生たちとあっては、所詮は子供の集団。 仲間の中に出来た小さな亀裂、このまま高木家に留まるべきかの選択。〈奴ら〉との日常... [続きを読む]

受信: 2010年9月13日 (月) 10時57分

» 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第10話 The DEAD’S house [猫が唸る感想日記]
サブタイはThe DEAD’S house rules。 [続きを読む]

受信: 2010年9月13日 (月) 17時20分

« アマガミSS第11話感想 | トップページ | 伝説の勇者の伝説第11話感想 »