« 生徒会役員共第6話感想 | トップページ | けいおん!!第19話感想 »

2010年8月11日 (水)

世紀末オカルト学院第6話感想

#6「文明の道程」

作画だけをあげつらう事はしないようにしてるんですが、今回の作画はよかった!
作画がいいということは、細部まで眼が行き届いているということです。画力が低いと、そんな余裕はなくなってしまうので。
その差は、表情の追い方の丁寧さにも表れますし、のけぞる、駆け寄る、といった日常動作における「らしさ」の違いとして、はっきりと表れてきます。
脚本のよさとも相俟って、全体が、ムダなく引きしまった印象でした。
横たわったときのマヤのからだの量感とか、実に巧みに(つまりエロっぽくww)描写されていたのも、個人的に嬉しかったところ。
絵コンテと演出の中村亮介、作監の細居美恵子は、組んで仕事をすることが多いようですね。
『走れメロス』は、印象的な作品でした。

こずえを連れ戻すため、臨死体験へダイブした文明は、過去の記憶を遡っていきます。
そこで目撃したのは、美化していた母親についての、無残な真実。
実際の母は、子どもの気持ちなんてお構いなしの、非情なステージママだったのです。
記憶の底に封印していたものが、白日の下に曝け出され、苦しさで表情を歪める文明。
それをみつめながら、自らの苦しさを思い出すマヤ。
二人の表情の移りかわりが、きめ細かに丁寧に描かれているので、自然に感情移入できるんですよね。これが、作画の力というものです。
共感で結びつけられた二人は、未来を守るためにノストラダムスの鍵を探索しよう!と、改めて結束を固めます。
侵略されて破滅した世界は、アニメノチカラ第1弾の『ソラノヲト』でも見え隠れしてましたが、この『オカルト学院』では、はっきりと結末まで描くのでしょうか?描いてほしいなあ。

いちおう、こずえちゃんサルベージの体裁をとってはいたけど、実質は、文明回でしたね。
でも、淡彩ふうにさらっとした描き方ではあったけど、こずえちゃんエピソードも、上手に描かれていました。
大好きだったオカルトや星の王子さまをにべもなく否定しておいて、気がつくと、涙を流しているこずえちゃん。
ちょっちベタだけど、佳い演出でした。
それにしても、まさかの眼鏡オチとは…。
亜美じゃないけど、「ココロ、関係ねーし!」って叫びたくなった。
本当に大事なものは、身近にあるということなんでしょうけど、おでこ眼鏡とはひどいです。
まるで、両方の靴下を片足だけに履いておいて、もう片方はどこだ?と探し回った故・長嶋監督を思わせます。
こずえちゃんの本体は眼鏡?なあんて、思わず初春ネタに走りそうになりました。

美風ちゃんのワゴン販売を、文明が甲斐甲斐しく手伝っています。
勤務中にバイトするなあ!ってマヤが怒り狂っていたけど、たぶん、文明の無償奉仕でしょうね。
ワゴン販売は、やはり、文明に接近するための口実なんでしょうか?
未だ正体不明な美風ちゃんに、いろいろ吸いつくされそうな文明くんが不憫。というか、かなり危険な匂いがします。

ピアノBGMについて。川島教頭が、ガラスの靴とか言ってる場面で、リスト「ラ・カンパネラ」が流れていましたね。
マヤと文明が、固く握手する場面は、ワルトシュタインソナタの最終楽章。しっかり、場面を支えてくれました。
こういう使い方で接すると、聴き慣れたクラシックも、また新鮮に受容できます。

次回「マヤの亜美~ゴ」

|

« 生徒会役員共第6話感想 | トップページ | けいおん!!第19話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世紀末オカルト学院第6話感想:

» 「世紀末オカルト学院」第6話 [日々“是”精進!]
 Episode06「文明の道程」臨死体験の授業以来、こずえの様子がおかしい。マヤと亜美は色々なオカルトネタを出して見せるが、こずえは無反応。最後の手段で、文明にスプーン曲げを披露... [続きを読む]

受信: 2010年8月11日 (水) 17時19分

» 世紀末オカルト学院 第6話「文明の道程」 [ミナモノカガミ]
近付いた心。 [続きを読む]

受信: 2010年8月11日 (水) 18時43分

» 世紀末オカルト学院Episode.06「文明の道程」 [インドアさんいらっしゃ~い♪]
身体は、そのままで心を失っただけなはずなのに視力は回復してるとかありえん!さすがは、オカルトだわ~(_)それとも、臨死体験装置が実はレーシックの医療装置だったとか!(ぇ... [続きを読む]

受信: 2010年8月11日 (水) 21時45分

» 世紀末オカルト学院 第06話 『文明の道程』 [ゼロから]
モスガは、モスラの原型?ツチノコは、実際居るかもしれませんがモスガを見た人は、どの位いるのでしょうか。 [続きを読む]

受信: 2010年8月11日 (水) 22時24分

» 世紀末オカルト学院 Episode.06『文明の道程』 [本隆侍照久の館]
裸眼で1.2の視力を手に入れたこずえ。 それに対して、オカルトへの興味はさっぱり失われていた。 [続きを読む]

受信: 2010年8月11日 (水) 23時53分

» 世紀末オカルト学院 第6話「文明の道程」 感想 [超進化アンチテーゼ]
へタレ文明の汚名返上回! 今週の「世紀末オカルト学院」の感想。 うーん何とも清々しい回でしたね。 もう6話ですけど、実質ここからスタート、みたいな。 それでいて、やっぱ雰囲気作り上手いな、って感じました。 こりゃ中々面白い展開になって行きそうですな。 とはいえ、文明にはある程度へタレてて欲しい気持ちもあるけどね(笑)。ってな訳で以下。 先週、オカルトへの興味を失ったまま臨死体験から目覚めてしまったこずえ。 そんな彼女の記憶、っつーか信仰心?を取り戻す、ってのが今回の課題。ノストラダ... [続きを読む]

受信: 2010年8月12日 (木) 00時01分

» 世紀末オカルト学院 Episode.06 「文明の道程」 [藍麦のああなんだかなぁ]
世紀末オカルト学院 Episode.06 「文明の道程」です。 今週は、こずえち [続きを読む]

受信: 2010年8月12日 (木) 00時05分

» 世紀末オカルト学院 第06話 文明の道程 [猫が唸る感想日記]
大事なモノは目に見えないから心で探す。ってことで、今回の大事なモノってのは文明の心だろうね。臨死体験装置がマヤと文明の壁を一気に取り払って、文明への親近感と未来の真実をマヤに与えたわけですな。しかし、マヤが温和になっても文明がヘタれなのは変わってないので、またマヤにぼこぼこにされそうですけどねw... [続きを読む]

受信: 2010年8月12日 (木) 09時25分

» 世紀末オカルト学院 Episode.05 「夏のこずえ」+Episode.06 「文明の道程」 [風庫~カゼクラ~]
こちらは2話纏めてアップします。 マヤが文明と再び協力体勢になった&こずえ復活で丁度イイかな〜と。 にしても…美風さんには隠された正体があるのか無いのか気になるなぁ。 世紀末 オカルト学院 1 【完全生産限定版】 [Blu-ray]出版社/メーカー: アニプレックスメディ…... [続きを読む]

受信: 2010年8月13日 (金) 01時15分

» 世紀末オカルト学院 第06話 「文明の道程」 [バカとヲタクと妄想獣]
大門っす 今回の話は〜 前回臨死体験装置を使ってから様子がおかしい「こずえ」 オカルトが大好きだったのに、オカルトを信じなくなってい... [続きを読む]

受信: 2010年8月13日 (金) 01時22分

» 世紀末オカルト学院 第6話「文明の道程 / BUNMEI''s distance」 [アニメレビューCrossChannel.jp]
前話に引き続きこずえの臨死体験の話になるが、あの世に忘れてきたこずえのオカルト好きの心を取り戻す作戦。マヤと亜美がなかなかのコンビネーションを見せてくれ、ヘタレながらも文明が締めの役目を担ってくれた。派手さはないのだがツボを付いたプロットに加え、いつにも増してキャラクターの表情豊かな作画がバランスよく、見ていて飽きないフィルムに仕上がっている。 制作に時間がないのは噂されていたけれど、シリーズ中盤でここまで持ち上げてきた。伊藤智彦監督の作風が輝くのは、マッドでもIGでもなくA-1の本作品だったとい... [続きを読む]

受信: 2010年8月13日 (金) 07時58分

» 世紀末オカルト学院 第6話「文明の道程」 感想 [コツコツ一直線]
 今回はこずえ回後半、そして神回。死後の世界に取り残されたこずえの心…マヤ達はこずえを救うことができるんでしょうか。今回は見せ場シーンが多く、マヤと文明の関係にも進展があったりと楽しくみれました〜。画もTVアニメとは思えないくらい綺麗で見入ってしまいました。本当にこれオカルトなんじゃあと思ってしまったり。オカルト学院、どこまで面白くなるんでしょう…?... [続きを読む]

受信: 2010年8月16日 (月) 22時20分

« 生徒会役員共第6話感想 | トップページ | けいおん!!第19話感想 »