« デュラララ!!第22話感想 | トップページ | WORKING!!第11話感想 »

2010年6月14日 (月)

鋼の錬金術師第61話感想

#61「神を呑みこみし者」

神さえも呑みこんで、至高の存在となった、フラスコの中の小人。
掌の上で、太陽さえも造り出せるという、その圧倒的な力。
こりゃダメだ、もう止められない!と誰もが絶望した瞬間に、華麗なる逆転劇が!

前回「天の瞳、地の扉」で、神人と化したお父様。その対価として、アメストリスは全滅。
ここまでいっちゃうと、後はもう、冨野の『イデオン』じゃないけど、魂だけの存在となった全員でインガ地平にでも翔んでいくしかないかと危惧していたんですが。
さすがは荒川さん、形而上学に変換することなく、きちんと、人間たち(とホムンクルス)の物語に戻してくれました。
最後の最後まで、「ヒトノキモチ」にこだわり続ける心意気や良し!
ヒューマニズムの大巨匠、手塚治虫とはまた別の地平を切り拓いた、金字塔的作品と言えるでしょう。
作者が、この作品に賭けた覚悟の力に、見ているこちらでさえも、粛然と襟を正す思いでした。

ホーエンハイムが、営々孜々として蒔いていた逆転の錬成陣が、ついに発動!
もう還るべき体を失ったクセルクセス人たちが、アメストリスの人々に託した想いが、崇高にして切なかった。
「ホーエンハイムが言うんだから…」
これは、奴隷のホーエンハイムと仲がよかった、あの少年かな?
こういうちょっとした演出が、また泣けるんですよね。

ブラッドレイ、キンブリー、そしてプライド(セリム)が退場。
それぞれに見せ場を用意した心くばりが、本当に嬉しかった。
やっつけで登場人物を殺しまくり、感動をむりやりに演出しようとする作品が多い昨今、実にみごとな作劇でした。
原作派の方からは、駆け足かな?という意見もあったようですが。
そして確かに、細部まで見渡すためには2度見直す必要があったほどの情報量でしたが。
ぎゅっと目の詰まった緊密な構成に、むしろ蒙を開かれた気がしました。
マンガには、そしてアニメには、まだまだこれだけの可能性があったんだ…。

ブラッドレイは、大往生。
「いい人生だった…」
こんなカッコつけた台詞を言わせて、違和感がないどころか率直に感動できる作品なんて、もう文学や映画でも希少です。
ランファンの非難にも、毅然と応える姿が、またカッコよすぎ。
「あれは、私が選んだ女だ」
これも、夫婦の信頼の表れなんですね。
ブラッドレイ夫人はどう思ってるのか?ってツッコミも出そうですが、夫婦のことは傍目からは分らない、とはよく言ったものです。
男原理と女原理。これもまた、ハガレンの重要なサブテーマという気がしました。

キンブリーが、またいいんだよなあ。自らの美学に殉じるキャラって、大好きです。
好感の持てるキャラじゃなかったんですが、退場のときの見事さに惚れました。
「貴方は美しくない」
消滅のときに、こんな台詞を吐けるなんて。
さすがは、魂の暴風雨にあって、平然と自分を保っただけのことはあります。
いま少し、彼の美意識や自恃や狂気についての伏線があれば、とは思ったものの、それは些少な瑕瑾でしょうね。

セリムの本体は、頑是ない胎児だったんですね。
「親にしたがうのは当然だ」
父親に反抗するエドの主張に、まっこうから対立したプライドの生存根拠は、実はコレだったんだ。
確かに、ホムンクルスたちは、人の原罪の具現化ですからね。
でも、「プライド」の本体は、親を恋い慕う子どものそれだったなんて。
何だか、哀れでしょうがなかった…。
もしかしたら、ブラッドレイ夫人に拾われて育てられて、って一抹の救いがあるのかも?
そんな、あり得ない夢想をしてしまいました。

ああ、気持ちがいいなあ。
このまま、7月4日まで、ハガレンの「酩酊船」に心地よく揺られていたいです。

※「酩酊船」詩人ランボーの名を揺るがぬものにした、初期の傑作韻文詩です。

次回「凄絶なる反撃」

|

« デュラララ!!第22話感想 | トップページ | WORKING!!第11話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/48624173

この記事へのトラックバック一覧です: 鋼の錬金術師第61話感想:

» 鋼の錬金術師FA 第61話「神を呑みこみ... [SOLILOQUY]
鋼の錬金術師FA 第61話「神を呑みこみし者」とうとう「神の力」を手に入れたお父様そんな彼にエドはどう立ち向かう?公式HPよりアメストリス国民全員の命を使い、天の扉から... [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 01時41分

» 鋼の錬金術師FA 第61話「神を呑みこみ... [SOLILOQUY]
鋼の錬金術師FA 第61話「神を呑みこみし者」とうとう「神の力」を手に入れたお父様そんな彼にエドはどう立ち向かう?公式HPよりアメストリス国民全員の命を使い、天の扉から... [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 02時10分

» 「鋼の錬金術師FULLMETALALCHEMIST」第61話 [日々“是”精進!]
  第61話「神を呑みこみし者」アメストリス国民全員の命を使い、天の扉から強大な力を引き出したお父様。彼はそれを「神の力」と呼んだ。すべてが絶望的になったと思われたその... [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 05時08分

» 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第61話 「神を呑みこみし者」 [つれづれ]
》外な展開になりましたね。これからどうなるのでしょう? [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 06時23分

» 鋼の錬金術師 第61話「神を呑みこみし者」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
太陽と月が交わる事は、完全な存在を現す-------------それは神様!!太陽は男性、月は女性を現す。そして、その両方を手にしたおとうさまは---------------。いよいよクライマックス近いと... [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 06時56分

» 鋼の錬金術師第61話「神を呑みこみし者」 [インドアさんいらっしゃ~い♪]
OPを端折り、先週の全滅endから。テライケメン!w完全な姿とやらになり、若返ったのか…エドが成長したら、こんな感じになるのかな?あとなんとなく、神龍に頼んで永遠の若さを手に入... [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 09時27分

» 鋼の錬金術師FULLMETALALCHEMIST 第61話 神を呑... [極上生徒街-Anamorfosi-]
ガンガン6月号と7月号(最終話)は買ったけど、あとはネットでネタバレ文章を見たのでハッキリとは分ってないけどエドに似た姿になったとは見た覚えがしかし声に凄い違和感がw&... [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 09時29分

» 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第六十一話 [ぶろーくん・こんぱす]
 神を取り込み、万能の存在と化したお父様。手のひらに太陽をも生み出して見せる存在相手に、エド達はもはや打つ手無し? [続きを読む]

受信: 2010年6月14日 (月) 23時02分

» 原作と比べて若干の台詞などの変更もあった... [シュージローのマイルーム2号店ミラー版]
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!! このブログでトラバされるって事は、f2... [続きを読む]

受信: 2010年6月15日 (火) 12時48分

« デュラララ!!第22話感想 | トップページ | WORKING!!第11話感想 »