« はなまる幼稚園おまけSS(はなまるな妄想) | トップページ | バカとテストと召喚獣第12話感想 »

2010年3月23日 (火)

ソ・ラ・ノ・ヲ・ト第12話(最終話)感想

#12「蒼穹ニ響ケ」

オリジナル作品でアニメノチカラを示すという、高邁な理想を掲げて始まった『ソラノヲト』。
後続の作品のためにも、玉砕とかコケるとかは許されません。
手堅くまとめてくれてよかった!というのが、最終話を視聴し終わっての、率直な感想です。
次回作『閃光のナイトレイド』も、充分期待できそうです。

タケミカヅチが出動。
カナタのアメイジング・グレイスが響き渡り、停戦を促す。
危機一髪でリオが駆けつけ、救国の乙女として存在感を示す。

全て予想の範疇でした。と記すブログさんが多いだろうことは想定内。
物語の伏線自体が、かなりあからさまに手の内を明かしていたので、それも当然かと。
予想外だったのは、ヘルベチア側にホプキンスという好戦的な軍人を配して、メフィストフェレスの役割を振ったことでしょうか。
ローマは、決して好戦的な国ではなかったのですね。

特に、印象に残った台詞を列記します。

見えない死神を復活させてしまった、と自らを責め苛むノエルに。
ユミナ「そう思うなら、奪った以上の命を救ってください、ノエルさん」
重いですね。戦争における贖罪の道とは、それしかないのかも。

ホプキンス「戦争こそが、文明と科学を推し進める。私は取り戻したいんだよ、かつての人類の栄光を」
戦争が、文明や科学を爆発的に進化させる。ホプキンスの思想的背景が透けて見えました。
こういう考え方をする科学者や軍人が、悲しいことに、現実にも後を断ちません。
でも、終末に向かっているというソラヲト世界で、何の意味があるのでしょうか?

世界は終ってしまった、という台詞もありました。
だとすると、この停戦は、ひとときの凪にしか過ぎないのか
エントロピーの極大化=世界の熱死状態は、粛々と進行しているのでしょうか?
その辺りは、わざと伏せられていましたね。

あと、スタッフ自身の自己評価も聞いてみたい気がします。
手堅いということは、一歩間違うと、平均的の同義にもなるので…。
作家の村上春樹の言葉ですが。
『どこか一点、突出したものさえあれば、作品全体のレベルを引き上げることが可能になる。
平均的な作品は、それ以上、手の施しようがない』

タイトルが似ているため、冗談で引き合いにも出した『そらのおとしもの』。
一点突破的な作品の、典型だと思います。だからこそ、強烈なインパクトを視聴者に与えることに成功した、とも言えます。
ソラヲトは、確実な作画描写と、何よりも内容が良心的。
そらのおとは、ただのおぱんつアニメ、悪ふざけ。そんな声も聞こえてきそうです。
ごもっとも、と思いつつ、心のどこかで、いわゆる良心的なるものに反発したがる天邪鬼な自分がいます。
エセ関西弁でいうと、こんな感じ。
ハチャメチャでええやないか!ちんまりまとまらんで、ガツンといったれや!
まあ、二兎を追う者は一兎をも得ず。ないものねだりをしても仕方ないのですけどね。

世界観の大きさと伏線の多さは、第2期や劇場版をも視野に入れたのかもしれません。
傷ついた天使を庇い、溢れ出る血を止めようとした炎の乙女たち。首を切り落とされて、谷底に封印された天使の化石。
この寓話の意味も、十全に説明されたとは言いがたいのです。

終り数話で物語が緊迫したものの、高い技術に支えられた癒し作品として、ずっと楽しませてもらいました。
個人的には、クレハがよく動いていて、好きでした。
リオ不在の状況で、ともすれば迷走しそうなカナタやノエルを護ろうと、一人気を張っている姿が健気。
フィリシアさんも好きだなあ。良いおっぱい眼鏡、っちゃ失礼ですけどww
ノエルも良い無口さんでしたが、終盤、パニクり過ぎみたいに見えてしまいました。
アカデミーの天才だった過去をもっと掘り下げれば、さらに感情移入できたかも。

ともあれ、オリジナルの良作に感謝です。
スタッフの皆さん、お疲れさま!

|

« はなまる幼稚園おまけSS(はなまるな妄想) | トップページ | バカとテストと召喚獣第12話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソ・ラ・ノ・ヲ・ト第12話(最終話)感想:

» ソ・ラ・ノ・ヲ・ト #12(終) [桜詩〜SAKURAUTA〜]
【蒼穹ニ響ケ】 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 2【完全生産限定版】 [Blu-ray]出演:金元寿子販売元:アニプレックス発売日:2010-04-21おすすめ度:クチコミを見る 短いようで長かったソ・ラ・ノ・ヲ・トの最終回です! ... [続きを読む]

受信: 2010年3月23日 (火) 23時09分

» ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第12話 「蒼穹ニ響ケ」 [つれづれ]
 正統派って感じの最終回でした。 [続きを読む]

受信: 2010年3月23日 (火) 23時15分

» ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第12話(最終回)「蒼穹ニ響ケ」 [妄想詩人の手記]
見事、見事、見事!! ソラノヲトはこの胸にも響き渡った! [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 00時20分

» ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第12話「蒼穹ニ響ケ」 [ミナモノカガミ]
響き渡る心。 [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 00時45分

» 「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」第12話(終) [日々“是”精進!]
 ソ・ラ・ノ・ヲ・ト1 【初回生産限定】第十二話「蒼穹ニ響ケ」(終)敵国の兵士を匿ったことで、反逆の罪に問われたカナタたち。しかしそれでもカナタたちは、自分たちが正しいと信じる道へと進む。両軍が睨みあい、開戦間近の緊張した空気が漂う国境付近。開戦を阻止...... [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 05時46分

» ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第12話(最終回)「蒼穹ニ響ケ」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
セーズ国境のノーマンズランドにローマの大群------------!!カナタたちの取るべき道は・・・!!銃声が響いたその時、アーイシャがノエルを見て笑う。だが次の瞬間、アーイシャは倒れてしまったのだ!!わき腹から血が!!すぐさまローマ兵を捕えたとの知らせが大佐に伝...... [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 07時18分

» ソラノヲト PSP [最速!!ニュースの森]
ソラノヲト ソラノヲトソラノヲトの画像下さい!!いっぱいくれたら100つけます!(続きを読む) ソラノヲトのアニメについて質問です。ぜひ答えてください>< ソラノヲトのアニメについて質問です。ぜひ答えてください><1月4日の深夜から放送されている,ソラノヲトのアニメについてなのですが見るのを忘れてしまったのですが・・・見れるサイトはありますか?!1話からみたいです!!回答おねがいします!(続きを読む) 【250枚】アニメ「ソラノヲト」OPのこといろいろ。 【250枚】アニメ「ソラノヲト」OPのことい... [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 09時30分

» ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第12話「蒼穹ニ響ケ」(最終回) [のらりんクロッキー]
最後は予想通りといいますか、ちと強引だったかな。 停戦になんないとリオが出ていった意味がないし、どうそこまで持っていくかが最終回のポイントだったような。 それにしてもアイシャちゃんは撃たれ損だよなあ… ラス前で表に出てきた大佐だったけど、彼を1話から出したほ... [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 17時04分

» 見た  「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」 詠む [還山捫虱堂]
「ソ・ラ・ノ・ヲ・ト」第12話    停戦だとさ。軍法会議?なにそれ・・・。 [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 20時25分

» ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 最終回「蒼穹ニ響ケ」 [明善的な見方]
ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 乙女ノ五重奏(限定版) 特典 空ニ響ク角笛ノ五重奏CD付き ついに、最終回! 前回、敵国の少女を匿った為に大ピンチに陥った... [続きを読む]

受信: 2010年3月24日 (水) 23時54分

» ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第十二話「蒼穹ニ響ケ」 [ボヘミアンな京都住まい]
最終回にして、いきなりOP無しの緊迫した場面でスタート。 片や電話回線で敵国進軍の報、片やアーイシャがノエルを庇って被弾しホプキンス大佐の部下に発見される・・・まるで別作品のような雰囲気で始まりましたね。... [続きを読む]

受信: 2010年3月27日 (土) 16時44分

» ソ・ラ・ノ・ヲ・ト 第12話(最終回) 『蒼穹ニ響ケ』(感想) [アニメ-スキ日記]
涙腺やられました( ;∀;) 予想していた展開でしたが、 カナタの「Amazin [続きを読む]

受信: 2010年3月30日 (火) 04時40分

« はなまる幼稚園おまけSS(はなまるな妄想) | トップページ | バカとテストと召喚獣第12話感想 »