« WHITE ALBUM第25話感想 | トップページ | DARKER THAN BLACK第11話感想 »

2009年12月20日 (日)

キディ・ガーランド第10話感想

#10「生きていた、2人」

生きていた2人って、そういう意味だったんですね。
お墓までしっかり建っていたので、さすがにご都合復活はなさそう。
尊敬するトリーさんとトロワさんの犠牲をバネに、主人公たちが奮起する。王道な展開です。

GTOは業務停止を言い渡され、ESメンバーも自由を制限。
動けるのは候補生のアスクールたちだけなのですが、記念式典で無為だった二人は、さっぱり意気が上がりません。
どよーんとしたお話が続きます。ぽきゅーんのアスクールが、ふて寝してます。かぼちゃプリンにすら、見向きもしません。異常事態です。
ディアだけが元気。
「ESメンバーになるんだもん!」って叫びながら、タマをお供に、敵がひそんでいる島に単身乗り込みます。
ジェネティックビーストとして巨大化したタマですが、防御一方のまま、斃れてしまいました。
若本さん弱っっ(ノ∀`)
両手振り回して突っ込んでいくディアが勇気あり過ぎ。コブシ系でもないのに…。
「アスクーはディアが守ゆの!」
この舌足らず、ブラックジャックのピノコみたいww

アスクールとク・フィーユが覚醒!
でも、見習いさんが、どうしていきなりGクラスの能力を…。
見よう見真似で覚えられるのなら、ずいぶん安い力ということに。
それとも、他人の能力をコピーできる、実は特質系の能力者とか

まあまあまあ。いいじゃありませんかご隠居。ここは、突っ込んだら負けってことで。
そうかえ、仕方ないかね八っつあん。
って、ヘンな納得してどうする自分ww

次回「シャドウワーカー」
2クールなので、じゃっじゃーん♪登場は、まだまだ先になりそうです。

|

« WHITE ALBUM第25話感想 | トップページ | DARKER THAN BLACK第11話感想 »

コメント

こんにちは。

>若本さん弱っっ!
これが今回一番驚きました。もっと強そうな気がしたのですけど。

以前はそのタマにすら苦戦していたアスクールとク・フィーユが強くなるのはいい展開ですが、何か見せ方がもったいない気がしました。

投稿: 沙華 | 2009年12月20日 (日) 10時57分

沙華さん、ようこそ!
今週は記事が遅れ気味で、やっと追いついたかなという所です。
>もっと強そうな気がしたのですけど
戦闘能力のないディアが自信満々なのも、てっきりタマがついているせいだと思ってました。
まさか、あっさり斃れるとは…。
>何か見せ方がもったいない気がしました
本当に、そのとおりですね!
Gクラスの能力なのだから、発動させるにしても、もっとタメを作らないと感動がありません。
メリハリのつけ方は、レールガン辺りをぜひ見習って欲しいと思います。

投稿: SIGERU | 2009年12月20日 (日) 13時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: キディ・ガーランド第10話感想:

» キディ・ガーランド 第10話 「生きていた、2人」 [つれづれ]
 ディアが健気でかわいかったですね。 [続きを読む]

受信: 2009年12月20日 (日) 10時49分

» キディ・ガーランド解説の部屋#10 [サイネリア~わたしのひとりごと~]
タイトル:#10 生きていた、2人       【主な登場人物】 [続きを読む]

受信: 2009年12月20日 (日) 11時24分

» キディ・ガーランド 第10話 生きていた、二人 [猫が唸る感想日記]
ディアが危ない!!→Gクラス能力コピー!!→二人は私達の中で生きてる!! なんて展開だよ・・・orz いやぁ、心の中でずっと生き続けるっていう成長物語は嫌いじゃないが、精神的な意味合いじゃなくてGクラスの能力そのままコピーってどういうことなの・・・。体が覚えてたって・・・・死ぬ時に能力渡したのかなぁ・・・そういう描写無かったような。どっちしたって安い最強能力だし、なにより戦う決意がトリクシー達の死に関連してないってのが一番納得できん。元々トリクシー達に感情移入できてないので二人の死が...... [続きを読む]

受信: 2009年12月20日 (日) 15時45分

» 【キディ・ガーランド 第10話−生きていた、2人】 [AQUA COMPANY]
そう、あの人達が死ぬ事なんてないんだよ。ずっと、永遠に・・・。 [続きを読む]

受信: 2009年12月21日 (月) 02時52分

» キディ・ガーランド 第10話「生きていた、2人」 [のらりんクロッキー]
衝撃的だったトリクシーとトロワジェインの死。 アスクールとク・フィーユは意外にも引きずるタイプ、 落ち込み方が見ちゃいられませんでしたね。 そんな2人を明るく励ますディアが健気でなんていい子。 …気持ちはわかるけど、アスクールもク・フィーユもお返事ぐらいしまし... [続きを読む]

受信: 2009年12月21日 (月) 17時05分

» KIDDY GiRL-AND #10 「生きていた、2人」 [ボヘミアンな京都住まい]
随分と思わせぶりなサブタイトルでしたが、なんのことはなく、ただ単にアスクールとク・フィーユの心の中にというオチでしたとさ(技も継承されて)。 ディアがんばったね・・・えらいよ・・・ でも、それだけ。... [続きを読む]

受信: 2009年12月23日 (水) 19時03分

« WHITE ALBUM第25話感想 | トップページ | DARKER THAN BLACK第11話感想 »