« TBのお知らせ | トップページ | 聖剣の刀鍛冶第12話(最終話)感想 »

2009年12月22日 (火)

そらのおとしもの第12話感想

#12「逃るること叶わぬ螺旋回廊(クサリ)」

「さよなら、アルファ。さよなら、智樹…」
♪あーかい花つーんで あーの人にあげよ♪(赤い鳥)
何という切ない最終回
(/_<。)

あ…
ガンマ来た…。
最終回違ったか。
(ノ∀`)

マスターを喜ばせようと、ひたすら笑顔を追い求めるイカロス
残り少ない自分の時間を知っていて、思い出を残そうとするニンフ
今回は、この二つが軸になって進んでいくお話でした。
#2や#4に代表されるぱんつ回、#11の銭湯回のような破壊力は、さすがにありません。
ありませんけれど、過激と抒情が入り混じったような今回の演出、私は大好きです♪
願わくは、最終回でも、この演出力を発揮してほしい…。

『良い小説には必ず独自の文法(文体)がある』とは三島由紀夫の名言ですが、良いアニメ作品にも、それは当てはまると思います。
そらおと独自の文法とは。
『笑う』という命題が与えられ、その命題に向かってイカロスが猪突猛進、どんどんエスカレートしていきます。
接着剤で笑顔を固定して色仕掛け、とか、腋の下こちょぐって笑わせる、という日常レベルのうちはまだいいのですが。
会長が介入することで、事態は一変します。
笑いたくなる時は、ハエ叩きで潰す瞬間。特に人間を
ブラックな会長発言をまともに受け取ったイカロスが、智樹を巨大ハエ叩きで追い回す。
イカロスは智樹絶対なので、本来ならこんな場面はあり得ないはずですが、そらおと世界では、平気で発生します。
この辺が、そらおと文法の独自性なんですよね。
もう一つ、例を挙げると。
動物園デートで、ニンフが、檻の中の動物たちを解放したら智樹も喜ぶかも、と示唆したとたんに。
マスターが喜ぶ!とイカロススイッチが入り、暴走モードで片っ端から檻を破壊。
結果、平和にお茶していた智樹が猛獣に追い回され、ついでに警察や軍隊にも追い回され、逮捕されてあわや極刑の憂き目に。
('A`|||)
手段が目的を遥かに凌駕してしまう。その結果、笑いが発生する。
アメリカのコメディ映画やアニメが得意とする手法、スラップスティック。その王道を徹底的に追究したのが、アニメ『そらのおとしもの』だと思うのです。

そして、私はひそかに期待しています。
この手法が、単なるギャグの手段に留まらず、作品の意図そのものにまで昇華されることを。
智樹によって覚醒したイカロスの暴走力が、天界すらも(本質的に!)変えてしまうという結末を。
そのときこそ、『そらおと』いうアニメが、真の伝説となることを。

おまけの付記です。
いつもは流す大航海時代ネタですが、今回は面白かった。
列強諸国は、植民地に人的資源を送り込むために、人身売買を行った。
対象となったのは、劣等人種と考えていた東洋人。日本人も、その例外ではなかった。
なので、時の権力者、豊臣秀吉が、彼らヨーロッパ人を国外へ追放した。
それが鎖国の原因だったのか!知らなかった!
後で確かめよう。
φ(..)メモメモ

視聴者のオタク心をくすぐる小ネタも健在です。
そはらの元気玉!
「みんな!オラに元気を分けてくれ!」
ティーカップを高速で回されて、智樹がおえええ、と吐いてる!
キラキラ光る嘔吐物の美しさは、まさにあしたのジョー2ですね。あの美学が、そらおとスタッフにも受け継がれていたとは…。
これで日本も安泰だ!(´∀`*)

次回「空の女王(オトシモノ)」

|

« TBのお知らせ | トップページ | 聖剣の刀鍛冶第12話(最終話)感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そらのおとしもの第12話感想:

» そらのおとしもの #12 [桜詩〜SAKURAUTA〜]
【逃るること叶わぬクサリ】 そらのおとしもの (6) (角川コミックス・エース 126-11)著者:水無月 すう販売元:角川書店(角川グループパブリッシング)発売日:2009-09-26おすすめ度:クチコミを見る OPのSEに吹きました・・・w ... [続きを読む]

受信: 2009年12月22日 (火) 01時05分

» そらのおとしもの 第12話「逃るること叶わぬ螺旋回廊(クサリ)」 [よう来なさった!]
もっとツンツンしてもいいと思うんだけどw ニンフは随分と素直になりましたよね。それは自分の最後が近く訪れると悟っているから、思い残すことないよう素直な気持ちを表していこうという事なのでしょうかね。... [続きを読む]

受信: 2009年12月22日 (火) 01時25分

» 「そらのおとしもの」第12話 [日々“是”精進!]
   第12話「逃るること叶わぬ螺旋回廊」感情をほとんど表に出さないイカロスを、何とか笑わせてみたいと考えた智樹たち。さまざまな方法を試すものの、イカロスはいっこうに笑顔を見せようとしない。万策つきた智樹たちは、ニンフの提案を受け、智樹とイカロス、ニン...... [続きを読む]

受信: 2009年12月22日 (火) 05時48分

» そらのおとしもの 第12話「逃るること叶わぬ螺旋回廊」 [MAGI☆の日記]
そらのおとしものの第12話を見ました。2009年12月25日発売そらのおとしもの 限定版 第1巻第12話 逃るること叶わぬ螺旋回廊感情をほとんど表に出さないイカロスを、何とか笑わせてみたいと考えた智樹達は様々な方法を試すものの、イカロスはいっこうに笑顔を見せようと...... [続きを読む]

受信: 2009年12月22日 (火) 06時42分

» 「そらのおとしもの」 第12話『逃るること叶わぬ螺旋回廊』 [おきらく委員会 埼玉支部]
おrあの 第12話「逃るること叶わぬ螺旋回廊(クサリ)」  「笑いなさい。」 形 [続きを読む]

受信: 2009年12月22日 (火) 07時35分

» そらのおとしもの 第12話 逃るること叶わぬ螺旋回廊(クサリ) [つれづれ]
 ニンフがかわいいお話でした。最後またちょっとシリアスなのが気になります。 [続きを読む]

受信: 2009年12月22日 (火) 07時50分

» そらのおとしもの 第12話「逃るること叶わぬ螺旋回廊(クサリ)」 [アニメレビューCrossChannel.jp]
自分のマスターにないものを智樹から感じ取ったニンフのデレが加速している。客観的に見れば浮気とか寝返りになるのだが、作品的にはニンフの変化は新展開を迎えるにあたって好ましいもの。今回のニンフの行動がクライマックスを迎える重要な伏線であり、ニンフ自身の運命をも左右することになりそうだ。 一方では自分が大量破壊兵器であることへの負い目と、智樹のために笑おうとするイカロス。これは既にマスターの命令だからではなく、自分自身がそうでありたいと願う心を持ち始めたからだろう。このイカロスの変化がニンフの変化と一対... [続きを読む]

受信: 2009年12月22日 (火) 13時04分

» そらのおとしもの 第12話 逃るること叶わぬ螺旋回廊(クサリ)  レビュー キャプ [ゴマーズ GOMARZ]
ニンフのタイムリミットが近付く中、そんな事を知らない智樹とイカロスは普段と 変わらない日常。もっと人間らしくなりたいというイカロスに、とりあえず、 笑うことから覚えさせようとする智樹だったが、うまくいかず、コントを繰り広げる。 そんな様子を見ていたニンフは自分に残された時間が少ない事を実感する・・。 後は続きからどうぞ ... [続きを読む]

受信: 2009年12月24日 (木) 10時39分

« TBのお知らせ | トップページ | 聖剣の刀鍛冶第12話(最終話)感想 »