« とある科学の超電磁砲第11話感想 | トップページ | DARKER THAN BLACK第10話感想 »

2009年12月12日 (土)

ささめきこと第10話感想

#10「ハプニング・イン・サマー」

あずさが、さらにイタさを爆発させていました。
ゆりフェスに向けて、純夏もなんと50枚の作品を書き上げたようで、コピー量が大変なことになっております。
純夏にも百合小説の素養があったのでしょうか。付き合いだけで50枚は書けないと思うのですが…。
イベント前夜が、けっこう丁寧に描写されてました。作者か脚本家の実体験なんでしょうね。

母親にメロンソーダを零されて、せっかくのコピーが台無しにされ、またも号泣。
見かねた純夏がたしなめるも、聞いてないよって感じです。
いくらショックでも、親を口汚く罵るなんて。それがふつうの感覚でしょう。
でも、同人女のあずさには、他の事が見えなくなってるんですね。何かに夢中になるって、そういうことだと思います。
確かにうざいのですが、気持ちは分るww

もう現役じゃない私も、コミケとか懐かしく思い出されました。
深夜コンビニで、同人原稿のコピー。コミケ前ともなると、たまに眼にする光景でした。
オフセット誌もかなり安価に作れるようになった昨今では、もう過去のものでしょうか。
年末の雪のちらつく日に、近所のコンビニで大量コピーをしている男子とか女子とかを見かけると、ふと遠い眼になった私。
そうか、もうコミケの時期なんだな…。
一般人から見れば、何やってんのアレって感じなんでしょうけど。
自分も経験があるので、生暖かく見守ってあげました。
一目で分りますからね、あの人たちって。まあ同類なんでお互いさまなんですがww
(ノ∀`)

肝心の?海辺の合宿は、朋絵の車炎上というハプニングで回避されてしまいました。
汐のおっぱいぽろりのハプニングは、次回に延期ということで。

ノッポをオデコに盗られた(´∀`*)汐が、ゆりフェス会場にお忍びで現れました。
そしていきなり「すみちゃんに会いたくて帰ってきちゃった」と精神攻撃。
純夏はもう昇天状態です。弄ばれてます。不憫なコです。
(/_<。)

来週はプール回。
小悪魔な汐が、純夏をどう攻略するかが楽しみですね。
つか、朱宮くんは?ここんとこ空気なんですけど。

次回「なんでもない」

|

« とある科学の超電磁砲第11話感想 | トップページ | DARKER THAN BLACK第10話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ささめきこと第10話感想:

» ささめきこと #10 [桜詩〜SAKURAUTA〜]
【ハプニング・イン・サマー】 ささめきこと 3 (MFコミックス アライブシリーズ)著者:いけだ たかし販売元:メディアファクトリー発売日:2008-09-22おすすめ度:クチコミを見る ササメキマシタワー(ノ゚∀゚)ノ ... [続きを読む]

受信: 2009年12月12日 (土) 16時44分

» ささめきこと 第10話 「ハプニング・イン・サマー」 [つれづれ]
 望まないハプニングほどいっぱい起こるものですね。今回も純夏がちょっと格好良かったです。 [続きを読む]

受信: 2009年12月12日 (土) 19時08分

» 「ささめきこと」第10話 [日々“是”精進!]
   その十「ハプニング・イン・サマー」海へ合宿に行った女子部をよそに、不本意ながら純夏はあずさと同人誌をつくることに。汐との合宿を楽しみたい純夏は、一刻も早く女子部の合宿に合流しようと、翌日の即売会を断わろうとするが・・・。「ハプニングへ、GOだ!」...... [続きを読む]

受信: 2009年12月12日 (土) 19時35分

» ささめきこと 第10話「ハプニング・イン・サマー」 [アニメレビューCrossChannel.jp]
この作品の半分はヘタレ主人公がヒロイン汐へ寄せる思いと妄想で出来ている。類は友を呼ぶのか、百合趣味とトランスジェンダーたちが主人公の行く手を阻みながら舞台は回る。可愛い女の子にしか興味がないと言われる汐に少しでも近づけたのだろうか、純夏。海と同人イベントの複合回で男前を上げたのは朋絵だけでなく、純夏もそうなのかもしれないと思う「ささめきこと」第10話。 ...... [続きを読む]

受信: 2009年12月12日 (土) 22時47分

« とある科学の超電磁砲第11話感想 | トップページ | DARKER THAN BLACK第10話感想 »