« ささめきこと第12話感想 | トップページ | 鋼の錬金術師第38話感想 »

2009年12月27日 (日)

WHITE ALBUM第26話(最終話)感想

#26「僕達は一緒に座っている、一晩中、動くこともなく」

冬弥と由綺は、子ども時代に出会っていた。冬弥だけが忘れていた。
真の女神は、由綺一人だった。
めのうが動機づけして、その後現れた女神たちは、冬弥が作り出した由綺の身代わり。代償作用だった。
全ては、ションベンタレの恥しい記憶を封印するためだったんですね。
由綺が差し出した『よくできました』の紙メダルを投げ捨ててしまい、父親に叱られて草むらを探すが見つからない。
探し物は何ですか?は、由綺のメダルだったということで。
拾ったのははるかちん。話をややこしくした張本人ですが、聞かれなかったから黙っていただけ。なるほど。
(ノ∀`)
恥の多い人生を送ってきた冬弥。もう『人間失格』みたいなお話です。

声の出ない理奈ちゃん相手に、冬弥言いたい放題。
女神にお礼をしようと思っただけなのに、本当の気持ちを示すと、女神たちは悲しむ。
数々の浮気は、サンタクロースか福の神気取りだった結果だと。
空気のような存在の由綺でさえも、そうだった。
「あいつ、俺が呼吸してるだけで、泣いたり悲しんだり」
そうそう、存在自体が悪なのですよ。分ってるじゃん。
「俺、由綺の涙しか見たことないんだ」
だから、太宰を見習って、さっさとこの世にグッド・バイを…。
「理奈ちゃん、俺、誰も愛しちゃいけなかったんだよ!」
はぁ?(´Д`;)
何それ。
何を自己陶酔してるんですか?カン違いもはなはだしいぞ。理奈ちゃんも、フォローなんかすることないぞ。

『違う!冬弥くんのせいじゃない!』
り、理奈ちゃんったら!フォローしなくていいって言ってるのに!
冬弥のせいじゃなくて、誰のせいだと言うんですか?

みんな藤井くんを愛してるから!
Σ(゚Д゚;
何じゃそりゃあ!
しかも理奈の声が戻った!

ビーナス音楽祭で、由綺が弾き始めたのは、持ち歌ではなく『POWDER SNOW』。
速攻で退院した理奈ちゃんが、途中からデュエットで加わります。モノマネ大賞で、芸人が歌ってる最中に本物が現れたみたいなサプライズです。
アンコール拍手を浴びていたけど、音楽祭には失格、番組もめちゃめちゃ。すっかり迷惑アイドルになってしまいました。

それぞれの道。
ナツコは、めのうを離れ、ストリートで自分一人で歌うことができるようになりました。
英二は、警察から釈放された後、ちょっと捜し物をしてくるよ、と書置きを残して去ります。航空機のカットが入ったので、恐らくまた海外へ。
喫茶店エコーズで。彰によって、フロイト的謎解きがされます。
賢いマナちゃんも、実の姉がケチなイソップの製造元であることを理解してます。
マナちゃんが読んでた『花とよめ』に笑っちゃいました。まだこれやってんの?は、『ガラスの仮面』のことでしょう。
もうすぐ終りそうだけど、って、さらに20年たった今でも終ってませんがww
弥生ねえさんが、由綺のメモを冬弥に渡しました。もう、握りつぶす事はしないんですね。
いよいよ、ねえさん公認の仲に。

Cパート。
神崎社長は、めのうやマナちゃんと一緒に、家を引き払ってトラックでお引越し。
すっぴんにラフな服装が似合ってます。これからは、一家を支える肝っ玉母さんとして逞しく生きていくんでしょうね。
第一志望に合格したマナちゃんですが、文学部を受けたので、数学はお受験の範囲外。
つまり、数学の家庭教師は不必要だった。
それじゃどうして…って、そういう事なんですよね、やっぱり。
危ない危ない。絶妙のタイミングで、お引越しになってよかった。
最後に、金の斧と銀の斧の謎かけをしたのは、女神になりたい気持ちが残っていたからでしょうか。
青年の毒牙にかからずにすんで、お父さん安心したよww

冬弥は、今日も元気です。歩道橋から降りてきて、誰かに手を振りました。それはきっと――
天網恢恢疎にして漏らさず、って言うけれど、冬弥は無罪放免みたいですね。
漏らしちゃっていいのか神様?もう、神も仏もありませんな。
荷馬車か何かで通りかかって、プシュ!とかサイレンサーで殺っちゃってくれませんかファントム?
('A`|||)

春と秋に分けて放映されたWAも、これにて終劇。
お疲れさまでした、スタッフ。
そして、お疲れさまでした自分。よくぞ最終話までたどり着いたものです。
途中で何度、パトラッシュ、僕もう疲れちゃったよ、って弱音を吐きそうになったことか。
冬弥氏んだかな?のご褒美はなかったけれど。
水樹奈々ちゃんの紅白出場という、思いがけない女神降臨がありました。
アニメファンとして、嬉しい限りです。大晦日に流れる『深愛』が楽しみです。

|

« ささめきこと第12話感想 | トップページ | 鋼の錬金術師第38話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/47125716

この記事へのトラックバック一覧です: WHITE ALBUM第26話(最終話)感想:

» WHITE ALBUM 第二十六頁「僕達は一緒に座っている、一晩中、動... [MAGI☆の日記]
WHITEALBUMの最終話を見ました。第二十六頁 僕達は一緒に座っている、一晩中、動くこともなく二月二十八日(土)明星音楽祭が始まり、各プロダクションから参加した女性歌手達の中に、緊張の面持ちで加わっていた由綺に、ついに出番が回ってきた。審査員や観客が注目する中...... [続きを読む]

受信: 2009年12月27日 (日) 08時23分

» 「WHITEALBUM」第26話(終) [日々“是”精進!]
 第二十六頁「僕達は一緒に座っている、一晩中、動くこともなく」(終)明星音楽祭が始まった。各プロダクションから参加した女性歌手たちの中に、緊張の面持ちで加わっていた由綺に、ついに出番が回ってきた。審査員や観客が注目する中、彼女はピアノでの演奏を始める。...... [続きを読む]

受信: 2009年12月27日 (日) 09時21分

» WHITE ALBUM 第二十六頁『僕達は一緒に座っている、一晩中、動くこともなく』 [アマデウスの錯乱?]
WHITE ALBUM 第二十六頁『僕達は一緒に座っている、一晩中、動くこともなく』 [続きを読む]

受信: 2009年12月27日 (日) 09時26分

» WHITE ALBUM 第26話(最終回)「僕達は一緒に座っている、一晩中、動くこともなく」 [空色きゃんでぃ]
もう冬も終わり。 冬弥のモテ期も、ついに終わり! 長かったですw ここまで来たら、冬弥の最後を見届けなければ・・・(`・ω・´) でき... [続きを読む]

受信: 2009年12月27日 (日) 09時59分

» WHITE ALBUM 第二十\六頁 「僕達は一緒に座っている。一晩中、動くこともなく」 [ゼロから]
誰も愛せないことを悟った冬弥。これで女神達のパーティーもお開きになるかと思えたが・・・。理奈さん、そこで冬弥を励まさないでください。ヘタレには、それ相応の天誅を! [続きを読む]

受信: 2009年12月27日 (日) 10時19分

» WHITE ALBUM 第26話「僕達は一緒に座っている、一晩中、動くこともなく」最終回 [White wing]
こちらも最終回。 [続きを読む]

受信: 2009年12月27日 (日) 11時31分

» WHITE ALBUM 第26話「僕達は一緒に座っている、一晩中、動くこともなく」(最終話) [アニメレビューCrossChannel.jp]
「WHITE ALBUM」最終話。ステージは由綺と理奈の対決の形を取らずに、奇跡の共演に。 陰惨な側面を強調せず、事務所サイドのごたごたも一応は大人の態度を見せて収束させた。理奈に毒を盛っためのうのマネージャーも、田丸の指図で動いた平良木も結末は描ききらないままだったが、話しの盛り上げにモブの起こす事件らしく、適当に切り上げたのは悪くない。 伏線に幻惑されつつも行く先を読ませない作品に付き合ってきたわけだが、脚本家や制作者たちが描きたかったのだろうことは奇跡的にも最終話でまとまった。...... [続きを読む]

受信: 2009年12月27日 (日) 17時13分

» WHITE ALBUM  第二十六貢 「僕達は一緒に座っている、一晩中、動く事もなく」 感想 [幻想領域 -unlimited delusion-]
演奏を始めようとしない由綺 異変に気づいた弥生 息してるだけでって自虐過ぎるだろ。視聴者からすれば今更気づいたか!?この愚か者め!!って言われてるでしょう。 お前が誠の先祖だからだ。って続くんですね ... [続きを読む]

受信: 2009年12月27日 (日) 17時52分

» WHITE ALBUM 第26話「僕達は一緒に座っている、一晩中、動くこともなく」(最終回) [のらりんクロッキー]
「みんな藤井くんを愛してるからよ!!」 …そうなの?(マテ うまいことまとまっちゃった最終回。 なんだか別のアニメみたいだった(ぇ 一気にいろいろ回収してくれて、かなりすっきりはしたかな。 理奈ちゃんの声が戻り、由綺のステージへ。 2人のステージにはほんと... [続きを読む]

受信: 2009年12月27日 (日) 20時03分

» 「WHITE ALBUM」 第26話 [HARIKYU の日記]
☆ 「WHITEALBUM」 第26話☆  幼年時代の「失禁」がストーリーの鍵となっていたとは。 「いじめっ子」達に囲まれた「由綺」達を助ける手段として、幼い「冬弥」にできることは「失禁」しかなかった。 しかし、結果として「いじめっ子」達の関心 ...... [続きを読む]

受信: 2009年12月28日 (月) 17時26分

« ささめきこと第12話感想 | トップページ | 鋼の錬金術師第38話感想 »