« クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者第10話感想 | トップページ | ささめきこと第10話感想 »

2009年12月12日 (土)

とある科学の超電磁砲第11話感想

#11「木山せんせい」

いや~燃えましたね。
レベルアッパー編、序破急の構成でいえば破に当たる今回、すばらしいスキルを見せてくれました。
Aパートは、無双のマルチスキル木山せんせい大暴れ。
Bパートは、附属小学部金○先生って感じの、教師と生徒の心の交流に感動。
ハードとソフトのバランスが良かったと思います。

木山とアンチスキルとの交戦。
1万人の脳を統率する女史が、能力を使うことは予想できましたが、まさかここまでとは…。
まさに技のデパート、能力のユニクロ状態です。何言ってるのか分りませんねww
黒子の驚きも、もっともです。
「今の木山は、実現不可能と言われたまぼろしの存在――」
スーパーサイヤ人だったのか
Σ('∀`;)
美琴も、レベル5の実力を発揮し、いろいろ応用技を繰り出して頑張っていました。
でも、無敵状態の木山は、グラビトンやらテレポートやら、手がつけられません。
もはや上条でも呼んでこないとムリかと思ったら、頭脳戦で相手の隙をつき、ゼロ距離からの電撃でフィニッシュ!
こういう緩急を心得たバトルが見たかった。昂揚します。言っちゃ悪いけど、黒神辺りとは雲泥です。

Bパートの演出が、またいいんですよ。やんちゃで可愛い生徒たちとの交流と、木山の心情の変化が、くっきりと描かれていました。
「子どもは嫌いだ」
「騒がしいし」
「失礼だし」
「悪戯するし」
「論理的じゃないし」
木山のモノローグとともに、子どもたちとの交流映像が、リフレインされます。
ほぼ同一の映像を繰り返しつつ、要所に、絆理ちゃんとのエピソードを挿入することで、別の意味を持たせていく。映画でいうと、モンタージュ手法ですね。移り変わっていく木山の気持ちを、巧みに演出していました。
子どもは…」
最後に呟いたときの木山の心は、温かいもので満たされていたはず。
だからこそ、直後の悲劇が、より強く心に迫ってくるんですね。

表向きは、AIM拡散力場の制御実験。しかし。
「実際は、暴走能力の法則解析のための誘爆実験だ」
チャイルド・エラーの子どもたちを利用した人体実験だったのです。
進歩の美名の下に犯される組織的犯罪と、それをあばこうとする個人。
王道のシチュエーションですね。平凡な演出だったら、またか感を視聴者に抱かせたはず。
ところが、演出がうまいと、ここまで引き立つのです。他のアニメも、ぜひ見本にしてほしいですね。
特にキディ○ーランドとかwww
木原教授がヤな味をうまく出してました。
科学の進歩に事故はつきものだ、って、あの邪悪な表情がイケてますww

研究所の正式名称は、先進教育局小児用能力教材開発所。
このもっともらしさがたまらなくイヤ('A`|||)
ガンスリンガーガールたちが所属していたのが福祉公社ってのと同じです。官僚組織の偽善を感じます。

能力の過使用によりバーストした木山から、胎児発生?
2001年宇宙の旅のスター・チャイルドならぬAIMチャイルド誕生?

木原教授(高岡瓶々)
枝先絆理(佐藤聡美)律ちゃん再びwww

次回「AIMバースト」

|

« クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者第10話感想 | トップページ | ささめきこと第10話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/47001443

この記事へのトラックバック一覧です: とある科学の超電磁砲第11話感想:

» とある科学の超電磁砲 第11話 「木山せんせい」 [つれづれ]
 木山春生の過去。木山せんせいはかわいすぎ…。今回は凄く悲しいお話でした。 [続きを読む]

受信: 2009年12月12日 (土) 15時04分

» 「とある科学の超電磁砲」第11話 [日々“是”精進!]
   #11「木山せんせい」「幻想御手(レベルアッパー)」の開発者は木山。患者の脳波から開発者の割り出しに成功した美琴たちは、初春が木山のもとを訪れていると聞き、すぐさま「警備員(アンチスキル)」の出動を要請する。一方、木山の車に乗せられた初春は、「幻...... [続きを読む]

受信: 2009年12月12日 (土) 15時08分

» とある科学の超電磁砲 11話『木山せんせい』 [本隆侍照久の館]
レベルアッパーの原理は美琴たちの予想通りだった。 [続きを読む]

受信: 2009年12月12日 (土) 15時47分

» とある科学の超電磁砲 #11 [桜詩〜SAKURAUTA〜]
【木山せんせい】 とある科学の超電磁砲 第7巻 lt;初回限定版gt; [Blu-ray]出演:豊崎愛生販売元:ジェネオン・ユニバーサル発売日:2010-07-23クチコミを見る 木山先生が能力を使ってアンチスキルと交戦してる!? ... [続きを読む]

受信: 2009年12月12日 (土) 16時32分

» とある科学の超電磁砲 第11話「木山せんせい」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
木山せんせい--------------。子供たちの声を取り戻すために-------------!!レベルアッパーを使ったのは、ツリーダイヤグラムを使いたかったからだという木山。だから代わりになる演算装置が必要だったと言うのだ。そこで一万人分のサンプルを集めたという。だがそれも...... [続きを読む]

受信: 2009年12月12日 (土) 17時00分

» とある科学の超電磁砲 第11話 「木山せんせい」 [ゆる本 blog]
幻想御手(レベルアッパー)の黒幕は木山春生だと判明した。 一気に核心に迫るアニメ「とある科学の超電磁砲<レールガン>」の第11話。 ネ... [続きを読む]

受信: 2009年12月12日 (土) 17時48分

» とある科学の超電磁砲  第11話 木山せんせい [極上生徒街-Anamorfosi-]
ツリーダイアグラムは健在?※あらすじ「幻想御手(レベルアッパー)」の開発者は木山。患者の脳波から開発者の割り出しに成功した美琴たちは、初春が木山のもとを訪れていると聞き、すぐさま「警備員(アンチスキル)」の出動を要請する。一方、木山の車に乗せられ...... [続きを読む]

受信: 2009年12月12日 (土) 18時33分

» とある科学の超電磁砲 第11話「木山せんせい」 [アニメレビューCrossChannel.jp]
レベルアッパー事件の犯人、木山春生と御坂美琴の能力者バトルを通して、何が彼女を事件へと向かわせたのかを明かす「とある科学の超電磁砲」第11話。 このレベルアッパー編では事件の兆しから全貌を見せておいてから、犯人の動機を描くところまで来た。その先にある学園都市の闇に光を当てる事も視野にあるようだ。 Aパートは逃走を阻むアンチスキルを倒した木山に対し、美琴の電撃戦。Bパートは木山の回想パートと区切ってきた。...... [続きを読む]

受信: 2009年12月12日 (土) 22時45分

» とある科学の超電磁砲 11話「木山せんせい」 [のんびりにリリカルに]
とある科学の超電磁砲 11話「木山せんせい」 [画像] 木山先生vs美琴戦です。 とうとうアンチスキルに遭遇した木山先生たち。呆気なく降伏かと思いきや、レベルアッパーのネットワークを持った先生はその能力者たちの能力を自由に使うことができるようになっており…… [画像] 赤目w どこの魔眼ですかww 圧倒的な力を持った先生、アンチスキルを簡単に一掃しました。 そしてその1人にして複数の能力をもつという特異性、それと単純な力に押される美琴。 でもやっぱ普通に勝っちゃってましたね、なんか必殺技的... [続きを読む]

受信: 2009年12月12日 (土) 22時53分

» とある科学の超電磁砲 第11話 [モノクロのアニメ]
#11 木山せんせい 木山春生と初春飾利を乗せた車が高速道路上を走っていた。いつの間にか周囲を走る車の姿がなくなっていた。木山はたった一台で独走をしていた。 「演算装置?」 初春が緊張した顔で木山を振り返った。 「あれはAIM拡散力場を媒介してネットワークを構築し、複数の脳に処理を割り振ることで、高度な演算を可能とする。それがレベルアッパーの正体だよ」 木山は初春をちらちらと見ながら、いつもの淡白さで説明した。 「どうして?」 初春は汗を浮かべた掌をスカートで拭った。 「あるシュ... [続きを読む]

受信: 2009年12月13日 (日) 15時58分

« クイーンズブレイド 玉座を継ぐ者第10話感想 | トップページ | ささめきこと第10話感想 »