« CANAAN第12話感想 | トップページ | さよならしんちゃん »

2009年9月20日 (日)

うみものがたり第12話(最終話)感想

#12「島の心 人の心」

オルトロスの犬SPのせいだか何かで、微妙に開始時間がずれて、後半開始直後、ウリンが巫女の力に目覚めるところで録画エンド。
('A`|||)
テレビ欄、気をつけてチェックしておけばよかった…。
う・か・つ

まあ、結末は想像つくから感想書けなくはないんだけど。

①島の人々の流した心(涙)がセドナを生んだ。つまり、光も闇も、本来、人の心の中にあるもの。闇を拒絶するのでなく、共存させつつ生きていくのが人間。そんなメッセージが感じられました。
その意味で、序盤では邪悪言われていた夏音こそ、理想のヒロインだったのです。いいのか悪いのか…。
セドナに同化したウリンを殺せ!と、マリンに殺人教唆しまくりの松本亀こそ、邪悪の権化だったという疑惑が払拭できません。
娘の市川とも、平気で戦ってたし。亀のせいで、夏音とマリンは、もう会えなくなったし。
狂信は怖ろしい、というサトジュンメッセージだったのか?
(ノ∀`)

人の涙が光や闇を生む、というメッセージがよかったです。光は、闇があってこそ耀くのかもしれません。
むかし読んだ時代劇マンガの、おばあさんと主人公の会話を思い出しました。
絶望した娘(主人公)に、おばあさんが、町はずれの池に佇みながら語りかけます。
「この池は、日照りのときでも決して涸れない。だから、町のみんなは救われているんだ」
「なぜ、涸れないんですか?」
「池の水は、女たちの涙でできているからだというよ」

結末が補完できたら、またまとめ記事を書くかもしれません。
取り合えず、サトジュン監督、スタッフの皆さん、お疲れさまでした♪

|

« CANAAN第12話感想 | トップページ | さよならしんちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うみものがたり第12話(最終話)感想:

» 「うみものがたり〜あなたがいてくれたコト〜」第12話(終) [日々“是”精進!]
 【23%OFF!】うみものがたり〜あなたがいてくれたコト〜第1巻(DVD)【発売日お届け!2009年10...#012「島の心人の心」(終)闇の巫女となったウリンは、海底神殿にやってきたマリンと夏音を圧倒的な闇の力で退けながらも、いまだマリンを慕い続けていた。既にマリン...... [続きを読む]

受信: 2009年9月20日 (日) 10時01分

» うみものがたり〜あなたがいてくれたコト〜 第12話「島の心 人の心」(最終回!) [破滅の闇日記]
うみものがたり~あなたがいてくれたコト~第1巻【Amazon.co.jp限定リバーシブルジャケット仕様】 [DVD](2009/10/28)阿澄佳奈寿美菜子商品詳細を見る OP... [続きを読む]

受信: 2009年9月20日 (日) 18時15分

» うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ 第十二話 [ぶろーくん・こんぱす]
 巫女の力を失い、もはや為す術のないマリンと夏音。しかし、力を失ったこと以上に、 [続きを読む]

受信: 2009年9月20日 (日) 23時15分

» うみものがたり〜あなたがいてくれたコト〜 第12話(最終回) [パズライズ日記]
最終回は、ウリンが光の心を取り戻す話。 ウリンも助かりハッピーエンドも、最後はやっぱりお別れになってしまうのは寂しかったです。 掟とは何と面倒なもの、また会える日は来るんでしょうかね。 闇を受け入れるか消えるかというのは究極の選択。 闇を受け入れてしま....... [続きを読む]

受信: 2009年9月29日 (火) 18時38分

« CANAAN第12話感想 | トップページ | さよならしんちゃん »