« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月30日 (日)

お知らせ

本日から9月1日まで、旅行に行ってまいります♪近場ですが、久しぶりの旅です。
ハガレンや咲、かなめもの感想は、それ以降ということで。
皆さん、申し訳ありませんが、しばしのお待ちを。

「SIGERU気にするな!逝ってよしだじぇ!」
逝ってません###」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CANAAN第9話感想

#9「過去花」

ユンユンの光と影。

シルクロード饅頭を売り歩くおもしろい彼女は、仮の姿でした。
最後の死に場所を求めて、故郷の村に帰ってきたのです。
蛇から逃げ出した以上、薬を手に入れる手段はない。
しかも、薬はそれぞれの症状に応じたオンリーワン。代替は効かないというのです。
ユンユンって、キャラが立っていて好きだなあ。とまっちゃん(戸松遥さん)の他人のふり演技もかなり笑えたし。

サンタナは、バージニア州ラングレー(CIA)の人でした。
蛇は、ウーアウイルスに関して、CIAと組んでいた。
なるほど、アルファルドと副大統領が親密なのも納得です。恐らく、副大統領はそっち系の出身。

ユンユンやハッコーの村は、壮大な実験場だった。
CIAは、人為的にウーアウイルスを散布し、抗ウイルス剤の効果をテスト。
結果、何らかの能力を得たものがボナー、ボナーにすらなれなかった者が日陰の花、アンブルーム。
時系列的に、蛇による渋谷のウイルステロが先でしょうね。
その際、カナンという共感覚の使い手が誕生した。
(もしかして)大沢マリアも、抗ウイルス剤を投与されたときに、何らかの能力を得たのかも知れません。
明確な成果がなければ、CIAや蛇は、わざわざ中近東の村を使った実験に踏み込むことはなかったでしょうから。
そして、夏目のNGOは、真実を暴くという名目の下に蛇やCIAを恐喝しようとしている非合法な存在。

いろいろ判明した事実もあったのですが、またまた謎も増えました。
アルファルドが、カナンを『絶望』と呼んだこと。
アルファルドの色が、うすい茶色、シャムと同じ色と、カナンが呟いたこと。
シャムは、カナンにとって光だった。その彼とアルファルドが同じ色をしている?
カナンは二人は要らない、とも。やはり、カナンとは、何かのステータスを表すシンボルらしい。

カナンは、共感覚を取り戻したようです。ラストステージに向けて、最高の盛り上がりですね。

最後の舞台はファクトリー。
リャン・チーは、カナンを殺そうとして、かえってアルファルド姉さまのアタックを受けてしまいました。
お待ちしてます姉さまああ!愛の花咲く我らが庭、フラワーガーデンでえええ!!!」
愛の花咲くって…。青い花っすか?
(ノ∀`)
理恵さんの絶叫演技が相変わらず冴えてます♪舞-乙HiME以来だなあ、この共感覚は。
カミングスが、身を挺して愛するリャンを守ろうとしたのは男前でした。その後がマヌケでしたけどww
アルファルドは、彼らが身を以って示した『だってだって愛なんだろ?』に興味を持ったようです。

共感覚を一時的に失ったことで人間らしい弱さを見せたカナン。
アルファルド一人が、相変わらず超越者です。底が知れないという意味で。
大沢マリアもそうなんだよね…。最後の謎という気がしてならないのですが。

次回「想執」

| | コメント (0) | トラックバック (9)

うみものがたり第9話感想

#9「愛する心」

途方にくれたマリンは、松本のアドバイスにより、夏音に教えを乞います。
邪悪な心を持ちながら、どうすれば巫女に変身できるのか。
ここからはワシに頼るなよと偉そうな松本。誰も頼ってませんがなww
「一緒に考えようね」慰める夏音。
しかし…。
一緒にシャワー
なぜかヨガ
何でそうなるの?(´Д`;)
まあ、ヨガは、スズキもとい鈴木から、幼い頃の夏音のエピソードを知るきっかけということで。
元カレイこと小島からも、夏音とのなれそめを聞くことができました。
痛みが分るから、人にも優しくできる。それが夏音の強さの秘密でした。
(けっこう繰り返し説明されている部分なのですが)

小島が、図書室で恥しい告白をぶちかました!
失笑する女の子たちですが、大島だけは、あんな情熱的な告白をされてみたいと呟いてます。
大島とは、この頃から確執があったんですねえ。

夏音が決死の覚悟でマリンと小島に想いを告げようとしたそのとき。
海から出現したセドナのしもべ、エビ美女戦士たちに、小島が囚われた!
小島を緊縛したおひげが、ぎりぎり締めつけられます。
そう、私の大切なものを奪う空の巫女に、大切なものを失くしてもらわなきゃ
Σ(゚Д゚;
ウ、ウリンちゃん!?

次回「沈黙する心」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月29日 (土)

大正野球娘第8話感想

#8「麻布の星」

制球が定まらない大リーグボール1号に代って2号の開発?
と思ったら、映画撮影のお話になりました。
国際キネマの吉村助監督が、いきなり校庭に入ってきました。代役を探しているというのです。
「鬼神月に吼える」って…。
晶子のずうずうしさが光っていましたが、女学生が条件という吉村発言に「エッ?」と露骨にガッカリするアンナ先生に吹いたww

泳げるのは小梅ちゃんだけということで、吉村にもすっかり気に入られた小梅ちゃんが女優道へ。
あたしの小梅ちゃんが遠くなっていく。巴が悲しみます。慰める静さん。
「なんで私が二人の間を取り持たなきゃならないのよ?」
まあそうですがww

いよいよ撮影当日。人力車で、意気揚々と現場に乗り込むスター・小梅。
しかし、全ては乃枝の早とちり。川へ飛び込むだけの、ただのスタント役だったのです。
吉村も悪いと思います。スタントさんにまでシナリオ渡すからこんな誤解が。
小梅ちゃん、ぽかーんと明るい表情のまま、すとーんと川に落ちました。ある意味、迫真の名演技です。

映画の封切初日。小梅ちゃんが川へ飛び込むワンカット。
「よっ、十番小町!」
大向こうから、揶揄が飛びました。複雑な表情のご両親。

哀れをとどめたのは小梅ちゃんでしたが、男子野球の実況映像を入手できて、乃枝は大満足。
苦労したんだぜと言う吉村に、言い返します。
「それが、取引というものでしょう?」
「僕は君のためにやったんだぜ?ま、今度、牛鍋でも食べにいかない?」
女学生を誘うのに牛鍋デートとは、さすが大正時代。
てゆーか、フィルムを提供したのは、もともと乃枝に気があったからなのか
したらば、小梅の犠牲はいったい…。
('A`|||)

しばらく無視されていた三郎ですが、またまた急接近です。
晶子や巴がいくら騒いでも、大本命はやはり三郎ですからね。両親公認だし。
三郎のつくった炒飯に大満足の小梅ちゃん。ご機嫌も、すっかり直ったようです。

えーと、ピッコロさん、どうしてくれましょうか?
殺っておしまい!ですかそうですかww

(ここは無断私信ということで♪)

吉村騒三郎(野島裕史)

次回「誤解の多い料理店」
宮澤賢治「注文の多い料理店」も、大正時代の作品でした。

| | コメント (2) | トラックバック (8)

ファントム第22話感想

#22「激昂」

「俺の命と引き換えに、エレン…アインだけは見逃してほしい」
Σ(゚Д゚;
ああそんな、わざわざキャルの憎しみを逆撫でするようなことを…。ホスト稼業で会得した口車はどうしたの?
せめて、これ位は言うべきでした。
「ボクを殺していいのはキミだけさ。でも、もう殺されてるけどね、キミの瞳に♪」
「レイジ…」
Yes!Falling Love!!
めでたしめでたし。
( ´▽`)σ)´Д`)

ワクワク感でいっぱいのファントム対決で幕開け。
まず、江蓮とキャルが銃口を向け合います。
用意がいいねとキャルが言ってますが、ホントにそうですね。江蓮は、学園内でも銃を常時携帯していたのでしょうか?
緊迫した場面で、玲二が舞台に飛び降りてきました!さらにリズィが!
狭い礼拝堂に、役者が勢揃いです。

こんな感じ↓

    玲二

                 downwardright
エレン leftright キャル

      upwardright

    リズィ 

何だか凄いことに。Σ(゚Д゚;

「あなたが知らないだけよ、あの人の強さを」
江蓮の期待も空しく、玲二はやっぱりヘタレでした。威嚇のためにキャルに銃口を向けても、結局は撃てません。
リズィ姐さんが乱入してくれなかったら、どうなっていたことか。
カレの態度にご不満な江蓮は、あとで詰め寄っていました。
「私と彼女、どちらか1人だけを選択しなければならないとしたら?」
「そのときは…」
予想どおりのヘタレな反応ですな。こんな二択もできないようじゃ、ギャルゲーすらクリアできませんよ

美緒との映画デートのあと、キャルが現れます。ヤバイ雰囲気を察してか、席を外して木陰から見守る美緒ちゃん。
ここで、玲二はおまえに殺されても仕方ない発言を。
「あの女の身代わりになるってのか。死んでも守りたい。あたしを捨てて1人で逃げたあんたにも、そんなふうに思ってる相手がいたわけだ…」
「違う。キャル、あのとき俺は」
鉄拳が飛んできた!玲二ダウン!
最初に言うべきことを最後に言おうとするもんだから、こんなことになるのですよ。
望みどおり殺してやるよ、と啖呵を切りながら立ち去るキャル。
愛する玲二くんが金髪女にのされたのを見て、思わず駆け寄る美緒。
怒りのあまり、隠れた極道の資質が開花し、ファントム4(フィーア)の誕生
にはなりませんでしたww

いくら玲二を罵っても、思い出の懐中時計は手放せない可憐なキャルです。
あと4話?どんな結末が待っているのでしょうか。

次回「決断」

| | コメント (2) | トラックバック (10)

涼宮ハルヒの憂鬱第22話感想

#22「涼宮ハルヒの溜息Ⅲ」

「みくるちゃんをいてこましちゃいなさい」!
神社の神主をモデルガンで狙撃!
みくるビーム誘発!

今週のハルヒは、まったく犯罪者でしたね。
有希が体を張って強力ビームをはじかなければ、キョンの頭部を貫通していたところですよ?
まあ別にいいけどwww

お昼はお食事処で。みんなで美味しそうなザル蕎麦を食べていますが、みくるちゃんだけは食が進みません。
そりゃそうですよね、これだけの辱めを受けていたら。
「みくるちゃん、あなた少食ね。そんなんじゃ大きくなれないわよ。胸ばっか大きくなっても、コアなマニアに喜ばれるだけよ」
分ってるような分ってないようなww

空気読めないハルヒは相変わらずですが、キョン関連になると実に鋭いのは特筆ものです。
『朝比奈さんのスタントとしてこの衣装を着こめ。ま、少し胸が足りないかもしれないが』
「アンタ、何か想像してる?まさか、私のウェイトレス姿を妄想してるんじゃないでしょうね?」
ご明察。ハルヒの期待とはちょっとズレてるけど。

キョンは、バニーガール姿のみくるの胸をビデオカメラでズームイン!星形のホクロがあることを確認します。
僕の朝比奈さんだとか言ってますが、何のための確認なんでしょうか。
次の瞬間、ハルヒが割り込んできました。
あたしが指示したモノ以外は撮っちゃダメよ!」
嫉妬が可愛い♪

日曜日には、エキストラとして谷口や国木田が召集されました。
さらに、お久しぶりの鶴屋さんも。ムダに元気を振りまいております。
今度は、古泉家の近くの池で撮影?

鶴屋さん(松岡由貴)

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009年8月27日 (木)

狼と香辛料Ⅱ第8話感想

#8「狼と蟲惑的な旅人」

「ところでお客さん、奥さんとかいるの?」
「財布の紐は握られていません。ですが、手綱はしっかり握られています」
「くーっ!きっととてもイイ人なんだろうな、くやしい!
Σ(゚Д゚;

ロレンスにモテ期キタ!!
酒場の看板娘、ヘレーナちゃんには微妙に言い寄られるし。
蟲惑的な旅人の女商人エーブには、俺と雑談してほしいとコナかけられるし。
このエーブさんって、なかなかのイケメンですね。
二人が握手してる場面で、炎が燃えております。デンジャラスの象徴なんでしょうか?
次回は、無謀な商談みたいだし。

ホロが、昼間っからレノスの強いお酒をお代わりして、いい感じに酔っていました。
好きだなー、ホロのほろ酔い。眼福眼福ww
それにしても、レノス名物しっぽ料理って…。

ヘレーナ(中山さら)蟲惑的な酒場娘ww

次回「狼と無謀な商談」

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年8月26日 (水)

かなめも第8話感想

#8「はじめての、思い出話」

不思議なマリモと素直な代理、ってサブタイが似合う、ちょっとメルヘンなお話でした。

出だしこそ、樹から落ちたかなちゃんの下敷きになったはるかさんが、発展途上のお胸とお尻をさわりまくってやりたい放題。
調子こいて減給処分を言い渡され、かなちゃんのお部屋で、いつもの憂さ晴らし宴会。
醸造学専攻のはるかさん御製お米コーラが、赤ワインっぽくて美味しそうです。

ところが、風新始まって以来のダメ従業員、マリモさんの回想になってから、雰囲気ががらりと変化。
冬の日です。ずっと雪が降り積んでいます。いつものように?配達から帰ってこないマリモ姉さんをみんなで捜索。
雪の中に放置された携帯、倒れた自転車や川っぷちに散乱する新聞に、不吉な予感を感じたひなたが。
うっかり代理に電話したら、夢中で販売店を飛び出してしまった!冷静な代理に似合わない無鉄砲な行動です。
マリモさんは、可愛がっていた子猫の一匹を探していたんですね。
逆に、迷子になりかけたところを、マリモさんが迎えにきました。ぎゅっと抱きしめられて、満更でもなさそうな代理が可愛いです。
代理はきっと、マリモ姉さんが好きだったんですね…。

唯一マトモかと思った代理にも、百合百合な過去があったということで
人間誰しも弱点があるというオチです。何だか安心しましたwww

マリモ姉さん(高橋美佳子)

次回「はじめての、ダイエット?」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年8月25日 (火)

咲-Saki-第21話感想

#21「追想」

個人戦開始!
いきなり、伏兵の優希がタコス片手に飛び出した!
東場を走りに走って、予選を1位勝ち抜けダントツトップです。
ボーナスステージとか我東風の神なりとか、完全に調子ぶっこいてますよ?
死亡フラグじゃなきゃいいんですが。本選では、池田に続く生贄に?まさかの焼鳥とか…。

のどかは、各校のマークを意に介せず、実力発揮です。私は揺れませんとか言ってます。
「のどちゃん、(オッパイが)揺れすぎだじぇ!」
揺れてません###」

咲はステルスモード。
相手校に、全然迫力を感じないわ、とまで言われてます。
予選は勝ち残ればおk
でも、全国に行けるのは3人ですからね。体力温存というところでしょうか。

透華は、相変わらずおもしろい。
リーチですわ!と叫んだ直後、鶴賀の超初心者、妹尾の不審な動きに気づきます。
「まさか、一つずつですの!?」
ご名答。しかも、デンジャラスな北を引っ張ってきた!
「それです、上がりです!」
「国士無双…。あ、ありえませんわ……」
透華、まっ白に燃えつきました。
(ノ∀`)

Bパートは、福路キャプテンの初恋の行方。
久の当たり牌に気づき、ベタ降りしようかどうか迷います。
ここで上埜さんに負けても、勝ち残れる…。
そのとき、部員たちの熱いエールが甦った。必ず全国に行ってくださいキャプテン。
弱気を恥じた福路キャプテン、ギアス発動しました!
その綺麗なオッドアイで、3年前を思い出した久部長。この辺が、『追想』なんでしょうね。
『ずっと話を聞きたいと思ってた。あなたの声がもう一度聞きたかった』
切ない想いを振り払うように、福路キャプテン渾身のツモ!
「風越の福路、倍満ツモ!逆転トップです!」
大逆転に、放心したようなキャプテン。そこに…。
「むかし、一度だけあなたと戦ったことあるわよね?あなたは覚えてないかもしれないけど」
逆に、久に優しい言葉をかけてもらえました。キャプテンの恋が、ようやく実ったのです。
まるで、青い花の杉本先輩とふみちゃんみたいなムードですね。
胸が一杯になり、一礼して立ち去ろうとするのですが。
「また会えるじゃない」
「え…?」
「あたしたち、明日もここで一緒に×××だよ?」
伏字にすると、怪しすぎますね♪

次回「約束」
場違いにむさ苦しいおっさんが?そして新たなライバル登場か?

| | コメント (2) | トラックバック (6)

2009年8月23日 (日)

CANAAN(約束の地)について

以前から噂のあったカナン劇場版ですが、公式情報によると、私が思っていたようなテレビの続編ではなく、放映分の13話がそのまま上映されるみたいですね。
テレビ版の謎は、すべて劇場版で解決されるとばかり思っていたので、これは予想外の事態。
つまり、劇場版では謎は解明されず、さらに先送りになると。
ベルリン世界陸上の余波により、野球娘とかうみものがたりとかハガレンがトバされ、手持ち無沙汰の今、カナンの謎について語るときがきたのかもしれません。

●カナン
主人公。滅ぼされた村の生き残り。
共感覚の持ち主。カナンの共感覚とは、絶対音感のような単一な知覚ではなく、あらゆる現象を色として感知できる能力らしい。人間の感情さえも、青とか赤とかの色として知覚できる模様。カミングスには、モンスター以上の存在とも言われていた。
これまで登場したウーアウイルス感染者(ボマー)は、死の恐怖の代償に、異能力を身に着けている。ワクチンをエサに、蛇にいいように使われている哀れな存在。
カナンも、ウイルス感染との関連が示唆されていた回が、確かあったように記憶している。
すると、カナンは、ウイルスに打ち勝って能力者となった、特殊な進化者?
カナンは、ハッコーにもユンユンにも狙われていた。彼らは、蛇の命令ももちろんだが、カナンを怨んでいるふしがある。
カナンを倒す刺客製造のため、人体実験の材料にされたから?
アルファルドが、リャンのファクトリーにも言及していた。消えた村もファクトリーも、量産型としてのボマー製造所?
●アルファルド
蛇の頭領。名家の出らしい。カナンと共に、優秀な傭兵シャムの薫陶を受けて、兵士として最高の能力を得た。アルファルド自身も、カナンという二つ名の保持者。
カナンとは、旧約聖書に現れる『約束の地』。神がアブラハムに与えることを約束した『乳と蜜の流れる土地』。本来の意味以外でも、譬えとしてよく使われる。
他アニメでいうところのファントムとかノワールとか、暴力に充ちた世界におけるステータス的存在?
アルファルドとカミングスとの会話がかみ合わないところから、アルファルドと蛇の考え方は、似ているようで、根本的なところでは異なっているらしい。アルファルドは、組織の目的達成のためでなく、自らの欲望のために動き始めている?その個人的な欲望には、カナンとの確執や決着が含まれているらしい。
特に、ウイルスとの関連や能力者としての言及はないものの、国際会議場トイレでは、素でカナンを圧倒する身体能力を見せていた。
●大沢マリア
『欺瞞に満ちた女』。アルファルドが呟いた言葉。
「おまえが、あいつにとってのカナンだなんて」とも言われていた。あいつとは、(主人公の)カナンのことか?
「すごいすごーい」しか連発しないため、単にアタマの軽いキャラとしか受け取られていないが、実は最大のキーパーソンかも。
仮説だが、マリアが渋谷テロの記憶を封印し、暴力を何より恐れるのは、実は彼女自身が異常な能力の持ち主だから?
渋谷では、彼女のせいで大惨事が起こったという可能性もあるのか?
少なくとも、偶発的にウーアウイルスに感染し、父・大沢賢治の抗ウイルス剤で生き延びられた被害者、というだけの軽い存在ではなさそうです。
●夏目
これも謎の存在。
NGO?カナンに肩入れする彼らの目的は?ハッキング技術の異常な高さといい、そんじょそこらのNGOとは思えません。今のところ、解析不能。

○サンタナ
日式カラオケ店の経営者。ハッコーを匿っている。あの村は俺が消した発言から、蛇の元メンバーらしい。
組織から離れているのは、ハッコーへの愛ゆえか。
○リャン・チーとカミングス
分りやすい。
○ハッコーとユンユン
まあ分りやすい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CANAAN第8話感想

#8「乞(こえ)」

「このうえ、守ってもらったら、ムズムズしちゃうよ。アソコが
Σ(゚Д゚;
ちょwwマリアおまwwwしかもカオ真っ赤だしwww
言ってません!!!」
(ノ∀`)

色が見えなくなった(共感覚が失われた)ことで、他人の感情が見えなくなったカナン。
まるで、暗闇の中を歩いているような不安な気分だという。
元気を出してもらおうと、退院したばかりのカナンを公園に連れ出すマリア。
賑やかだと思ったら、ネネちゃんの野外ライブ。譲治運転手さんも、しっかり絶叫応援です。
ハッコーさんも来てました。ギャラリーが歌に合わせて楽しくシャウトしているので、自分もハミングしようとします。たまにはカラオケしたい気分?
能登さんの声が聞けた!と思ったらミラクルボイスだった!頭を抱えて苦しむ人々。
消えた村の生存者の彼女は、病室で男の子を慰めようとして、その恐るべき声で殺してしまったという暗黒の過去の持ち主だったのです。

ハッコーさんが望んだので、消えた村目指して、西に向かって進む凸凹コンビたち。
みのさんとサンタナがどヘタに歌ってるこれって、ゴダイゴの名曲『ガンダーラ』じゃないですか。ひどい。冒涜だ。
('A`|||)
ハッコーさん、何だかジト目でカナンを睨みつけてると思ったら。
寝込みを襲い、いきなり首を絞めた!
そこは兵士、素人さんに殺られたりはしません。逃げ出すハッコー、追いすがるカナン。
振り向きざまミラクルボイスを浴びせる作戦かと思ったら、口パクで何かを伝えました。卑怯なマネはしないハッコーさんでした。
『あなたのせい…?』

サンタナが、ぽつりと呟きます。
「あの村は、俺が消した」
やはり、彼は蛇のメンバーなのでしょうか。

アルファルドが副大統領とホットライン。どんだけ親しいんですか。
蛇の望むのは、対テロの名目の下に永遠に続く、武器売買の必要な闘争世界?
ただ、現在の世界は、憎しみによる負の連鎖というより、ただ流れに任せているだけ、というのがアルファルドの見方。
もっと、もっとだ!って感じなんでしょうか。暗黒的理想主義者のアルファルドさんでした。

シルクロード饅頭?
ユンユン、満を持しての再登場です。こんなところで商売していたとは…。

ネネ(高垣彩陽)国民的歌手。アインはアイドルもできるのです♪

次回「過去花」

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2009年8月22日 (土)

狼と香辛料Ⅱ第7話感想

#7「狼と戯れの日々」

レノスの町に到着。怪しい商人?たちがたむろしていて、不穏な空気が漂っております。
ヨイツの手がかりを求める二人ですが、古い言い伝えに詳しい人は亡くなったり不在だったり。
50人会議の書記だというリゴロが、頼みの綱のようなのですが。

小麦とバターの濃厚シチューって、寒い夜には合いますね。ホロの食欲も頼もしく、見ているだけで嬉しくなってしまいます。
レノスの強いお酒にも期待したいところ。乱れたホロを、また見てみたい♪

リアル季節は湿気の多い酷暑なので、物語の中のちらつく小雪とか枯れた木々とか白い息とか、何だか気分出ないんですが、それを言っても仕方がないですね。

ロレンスが気になっていたマントの旅人は、娘だった!
名前はエーブ?ホロを見て、驚いた模様です。
ロレンスに女がらみって、大体ロクなことがないんですよね…。

エーブ(朴路美)謎の旅人
アロルド(廣田行生)妙に重々しい宿の老主人

次回「狼と蟲惑的な旅人」

| | コメント (2) | トラックバック (7)

涼宮ハルヒの憂鬱第21話感想

#21「涼宮ハルヒの溜息Ⅱ」

ハルヒの暴虐からみくるちゃんを守ろうとするキョンですが、何だかちぐはぐ。
恥しいウェイトレスコスを止めさせようと、もっと戦いにふさわしいプラグスーツとかステルス迷彩とかを提案。ハルヒ大監督、意外性がないということで、却下です。
「なんでわざわざ未来から来たことにするんだ?」
「あっ…あ」
慌てるみくる、ヘタこいたことに気づいてさらに慌てるキョン。
結局、ハルヒに言い負かされてしまいます。キョンが負け惜しみ気味に。
『おまえこそ、何も考えずに、窓の外を眺めてりゃいいんだ。ましな表情さえしてれば、その様子だけで朝比奈さんとチェンジできるぜ』
「ん?なに?」
「…なんでも」
チェンジできるって、キョンは誰を想定してるんでしょうね。
ハルヒが黙っていさえすれば、自分の心の中で、朝比奈さんとハルヒをチェンジできるってことか?つまり告白?
何よりも、キョンの心の声さえも察知できるハルヒの共感覚がすごいです。まさに夫婦の鑑♪

ハルヒがプレゼンしたのは、映画に挿入するCMで、主演女優のみくるちゃんがお店の宣伝をしてあげるというものでした。
なあんだ、それだけか…。
もっといろいろ黒い期待をしたんですが、残念ww

みくるちゃん弄ばれ放題です。
大森電器店にウェイトレスが合わないのは分るが、バニーガールはもっと…。
ヤマツチモデルガン。脱サラ28歳の方のお店です。
「趣味が高じたばっかりに、やっちゃったって感じでーす。案の定、売り上げは思うように伸びず、えっと、今年度前期昨年度対比は伸張率80%なので、皆さんどんどん買いにきてあげてくださーい」
これで集客できたら奇跡でーすwww

大監督から超監督に進化したハルヒ。どっかの公園で、ロケ決行です。
飲みかけのペット茶を差し出すみくる、思わず乗り出すキョン。
ハルヒがインターセプトした!
「雑用係に水分補給をさせてる時間はないの」
すごいクイックトリックです。ハルヒは、画面に出ていないときでも、キョンのことを常時監視しているとしか思えません。
今回、傍若無人さばかりが目立ちましたが、嫉妬するハルヒはエロ可愛いっす♪

谷口(白石稔)
国木田(松元恵)

| | コメント (2) | トラックバック (7)

ファントム第21話感想

#21「憤怒」

ファントムドライの鮮烈デビュー!
暗殺者なのに、ど派手に乗り込んだ!リズィもビックリです。むしろ明殺者?処刑人?
雨あられと降りそそぐ弾丸が、一発も当たりません。キャルの特質は、弾なんか跳ね返せ!なのかも。
残酷な笑みを浮かべながら殺戮を続けるキャル。
でも遊び心は健在?追いつめた周に、早撃ちゲームを提案します。もう西部劇です。当然のようにキャルの勝ち。
チャイニーズな雰囲気ですが、場所は日本だったんですね。

Bパートは、玲二たちが身を隠している地方の町。
茂木に学食に誘われた玲二。そこには、美緒と早苗、そして江蓮が。
「本日の功労者、茂木、ここに坐ることを許す」
「はっ、失礼します」
早苗に嵌められたようですね。でも、エレンの目配せが。
『人ごみの中なら、キャルも簡単には手出しできないということか』
いや~どうですかね。ドライなら、いくら人がいようがバイクで乗り込んできそうな気がします。
何しろ、見たまえ、人がゴミのようだって感じの情緒不安定さんですから。
「おまえこそ、俺を売ったな」
「頼むよ~。オレにも幸せ、分けてくれよ」
何この平和な学園生活。キャルじゃなくっても、思わずイラッとしてしまいそう。
玲二の困った表情がキョンそっくりだし

ついに、サイスまでもがキャンパスに現れた!
洗脳もなし、暗示もなし、記憶も情緒も全く操作していない、って言ってるけど、あることないこと、相当吹き込んだんでしょうね。
玲二にはもともと嫁がいたのに、何も知らないロリのおまえを騙して飽きたら捨てて、本嫁と故郷に帰ってイイことのし放題とかあれやこれや。
(´∀`*)
キャルにはけっこう辛口なサイスさんですが、
「さすがに、人目を忍ぶくらいの知恵はあるようでね」
「まさか…」
「加勢に行くなら、急ぎたまえ」

礼拝堂で、嫁同士の雌雄を決する戦いが。
『次はあんたの番だよ、レイジ』とか言ってたのに、予想どおり、直接玲二を狩るのでなくエレンを狙ってきましたね。
加勢に駆けつけても、困っちゃうでしょうね玲二は。どっちも大好きな嫁だし。
ここはもう、諸星あたるみたいに博愛主義者のふりをするしかないかも。
「オレは全ての女が好きじゃ~~!!」

アインとドライ、どっちが強いのかなあ。
ムネのでかさはキャルが勝ってるけど、形はエレンの方がよさそうな…。
( ´▽`)σ)´Д`)

茂木篤志(三戸耕三)玲二のダチ

次回「激昂」
何だか怒ってばっかりです。

| | コメント (2) | トラックバック (10)

2009年8月18日 (火)

かなめも第7話感想

#7「はじめての、お迎え」

Aパートは、おばあちゃんの初盆のお迎え。
冷蔵庫の食材を物色していて、キュウリに気がついたかなちゃん。
何かを連想したらしいです。
『このイボイボの具合がよさそうですね』
下品###
キュウリは馬、ナスは牛。
お迎えのときには、早く来てほしいから、足の速い馬を。
送るときには、ゆっくり行ってほしいから、足の遅い牛を。
ためになるなあ、はるかさんトリビア。

Bパートは、浴衣でお祭。
ここでもドジなかなちゃんは、どっかの子どもとぶつかった。
一瞬、ツンデレ美華ちゃんかと思ったのですが、違いました。
しかし、この子どもが恐怖の当たり屋Σ(゚Д゚;
貧乏なかなちゃんにラムネを要求。それから、たこ焼き、お面、射的に宝つりとエスカレート。
かなちゃんは、楽しんでる感じですね。
でも大丈夫なのでしょうか?お小遣いは千円ポッキリ。夜店は結構高いですからねえ。
もう帰らなくちゃ、と子どもは消えてしまいました。座敷わらしというか、幻だった?
もしかしたら、おばあちゃんが子どもの姿を借りて、かなちゃんに会いに来たのかもしれません。
孫にたかるとは…。
('A`|||)

アイキャッチが思いっきりコミケで笑えました。
同人誌かなぐら?
となグラのパロディ?

女の子(かないみか)沙都子www

次回「はじめての、思い出話」

| | コメント (0) | トラックバック (8)

咲-Saki-第20話感想

#20「姉妹」

「どうしてプールで部活なんですか?それに何の意味があるんでしょうか」
「それは…ごほうびよ」
「ごほうび?視聴者にですね?わかりますww」

プール回ですが、京太郎の妄想以外は、露出おとなしめでしたね。
しかし、スイカ水着ありえねえww
泳げない咲に眼をつけたのどか。
指導の名の下に、プールで百合百合展開を繰り広げます。
ツンな優希が、二人のあいだに割って入りました。
「のどちゃん。パイが浮かれすぎだじぇ」
「浮かれてません###」
浮かれてないというか、しっかり浮いてるじぇww

天江衣が、すっかり毒気が抜けて、ロリキャラそのものです。
エトペンのビーチボールを貸してもらって、大喜び。
「私と友だちになってくれますか」
予選のときに言いたかったことばを、のどかが言ってくれました。心から嬉しそうな衣です。
でも、どうして、のどかにこだわるのかな。
やはり、おっぱいにお母さんを感じているんでしょうか。衣母は巨乳だった?
団体戦で満足したので個人戦には出ないらしいのですが、透華はご不満な模様。
それは、去年、みんなでまた東京に来ようと誓ったから。

全国大会で東京に来たとき、衣はファミレスを希望。
超多忙で一緒にお出かけすることもなかった国文学教授の父に連れられて、初めて食べたハンバーグエビフライの味が忘れられなかったのです。
エビフライの決め手はタルタルソースって感じのエピソードでした。
衣が難解熟語連発なのは、お父さんの影響なんですね。なるほどです。

風越では、福路キャプテンが、相変わらずお洗濯。
個人戦で優勝してほしい池田たちはやきもきするのですが、キャプテンはマイペースです。
洗剤CMに抜擢されてもおkな爽やかさですね♪
あのギアス能力で咲たちとガチンコ対決したらどうなるか、ひそかに楽しみなんですが。

ついに、宮永照が出てきました。ラスボスです。
咲の思い出の中のお姉ちゃんは、とても優しかったのですが、リアル姉は眼がコワい。
常勝、白糸台高校の先鋒。大将じゃないんだ…。
「おまえ、妹いたんじゃなかったっけ?」
「いや、いない」
Σ(゚Д゚;
咲の思いはすれ違いになりそう…。

宮永照(中原麻衣)

次回「追想」

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2009年8月16日 (日)

鋼の錬金術師第20話感想

#20「墓前の父」

アクションこそなかったけど、かなり重要な回だったと思います。
ホーエンハイム、Aパートだけの登場でしたが、異様に存在感ありましたね。

父親の威厳でしょうか、再会していきなり、エドの弱点をズバリ指摘。
「俺の家、何で焼いてしまったんだ?」
「おれたちの覚悟を示すために」
「違うな。見たくなかった、しでかしたことの痕跡を隠したかった。寝小便した子どもが、シーツを隠すのと同じだ。逃げたな?エドワード」
Σ(゚Д゚;
鋭いっすねおやっさん、さすが年の功!っつか俺の若いころにそっくりって?

ピナコと一杯やりながら、さらに重要な発言をします。
「息子たちが錬成したのは、本当にトリシャだったのか?たとえば、瞳の色、髪の色」
もし違うとすれば、エドたちは母でもないもののために体を失ったことに…。
戸の陰で、ショックを受けているエド。

去るときも、捨て台詞というか、説明なっしんぐで重要な警告を。
「じき、ひどいことがこの国で起こる。他の国へ逃げとけ。――忠告はしたぞ。残念だよ、もうおまえのメシが食えなくなるなんて」
やたらVIPな情報を垂れ流したまま、再びホーエンハイムはぶらり錬金術の旅に出てしまいました。完全にいいとこ取りです。
フーテンの寅さんみたいなお父さんですね。
(ノ∀`)

困ってしまうのは、残された人たちです。
まず、エドは、自分が錬成したものの正体を知らなくてはなりません。疑惑を解かないと、前に進めないからです。
吐きながらも墓を暴きます。壮絶です。
母さんの髪は栗色、でも出てきたのは黒髪だった!

「あれは絶望の象徴だった。だが今は、希望につながる。アルは、元に戻れる!」
エドの言ってる意味が分らず、『なして?』と思ってしまったのですが、どうやらこういう事のようです。
試みた人体錬成は失敗。等価交換の法則により、母の体と引き換えに、アルの体は永久に消え去ったと思い込んでいた。
ところが、出現していたのは母ではない、何か別のもの。すなわち、等価交換の法則は、まだ適用されていない。
アルの体は、まだ真理の向こう側にある。
だから、正確に言えば、『元に戻れる』というより『元に戻れる可能性が充分ある』ということなんですね。
母を錬成し、再び殺したと思い込んでいた罪悪感から解放されたエド。
ホーエンハイムの言葉が大きなヒントになったのです。さりげなくいい仕事してますねエルリック父ちゃん。
(ノ∀`)
あのとき、母と思い込んでいた存在に入り込んでいたのは、真理の向こうから呼び戻したと思い込んでいた母の魂ではなかった。体を離れたアルの魂だった。
ならば、真理の向こう側からアルの魂を引っ張り出したように、体も取り戻せる?

Bパート、いきなりギャグが飛んできました!
「なんじゃこりゃあ!」
アルが、あっちこっち欠けております。しかも、リン・ヤオとランファンが、平気でうまそうなメシ食ってるし。
…まあ、この程度のおちゃらけは許しましょう。
二人で運命に立ち向かっていく覚悟を決めたエルリック兄弟BANZAI!

イズミから電話が。やはり、錬成した子どもはカーティス夫妻の息子ではなかった。
「何か、つかんだんだな?」
「はい。アルの体を取り戻せる確信と、死んだ人間を甦らせることは不可能」
「そうか、何かが足りなかったのではなく、そもそも出来ないことか。…ありがとう」
イズミもほっとしています。エドの場合と同じく、人体錬成の失敗によって大事な人を殺したのではなかったからです。
「救われた気がする。あたしはあの子を、二度殺してはいなかった」
よかったですう♪
エドもイズミも、積年の苦悩から救われたんですね!

それにしてもホーエンハイムさんよ。知ってたんだったら、さっさと教えろって####

ヴァン・ホーエンハイム(石塚運昇)
トリシャ・エルリック(鷹森淑乃)

次回「愚者の前進」
戦いの火蓋は、自ら切って落とせ!

| | コメント (0) | トラックバック (15)

CANAAN第7話感想

#7「慕漂」

シャムは、アルファルドとカナン、両方の師匠。
そして、アルファルドも、かつてはカナンという名を持っていたが、それを自ら捨てたと。

「あなたたちは、どうしてウーアウイルスを」
「本当に忘れたのか?」
マリアまたまた蹴られて踏みにじられた!もうドMさんになっちゃいそうです
「おまえのように欺瞞に満ちた女が、あいつにとってのカナンだというのか…」
アルファルドったら、捨てたといいながら、結構カナンという存在にこだわってる感じですが。
自分が、カナンにとってのカナンになりたかったとか?(ややこしい)

抗ウイルス剤を独自に開発した大沢マリアの父ケンジに、ホワイトハウスが眼をつけました。
横田基地から、彼ごとワクチンを輸送しようとしますが。
彼が乗った車が蛇によってブローアップさせられたのを見て、副大統領は、国際会議場ごと消滅させる第2案を選択。
グアムから、ステルス戦略爆撃機B-2スピリットが向かいます。
これ1機で、20億ドルとかするらしいですよ?世界で21機しか存在しないとか。

メインコントロールルームに到達したカナン。
夏目からの連絡が入り、二人のユニゾンが開始されました。
カナンが共感覚をリミッター解除して、夏目がハッキングした解析コードをサーチ開始。
どっかで見たなあ、こういう場面…。
『とある魔術の禁書目録』の能力者、アクセラレータだったっけ。あの演算能力のヤツです。
長門も『射手座の日』で、索敵モードオンにより似たようなサーチを駆使してましたね。

爆弾のGPS機能に干渉して、寸前で50メートル誤差を生じさせた!
「カナン、何だかわかんないけど、すごいすごーい!!」
マリアのお得意が、またまた出ましたね。お気楽なコです。
カナンもすごいけど、あんな旧式っぽいOSでペンタゴンの最新システムをハッキングできる夏目ねえさんって…。

「好きにしなさい、か。もう、好きではおさまらない、愛は…止まらない!!」
すごいよトモエさん、じゃなかった、リャン・チーさん。
アルファルドお姉さまに切り捨てられて、もう逆恨みの鬼と化しております。
(ノ∀`)
カナンの眼に異変が?一時的に酷使し過ぎたため、共感覚に異常を来たした模様。
ここをリャン・チーに襲われたら…。

次回「乞(こえ)」

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2009年8月15日 (土)

うみものがたり第8話感想

#8「求め合う心」

マリンとウリンは、海の巫女の末裔として、白い貝から生れた。
二人が本当の姉妹になったのは、サンゴの産卵を見に行ったときでした。
暗い穴の底ではぐれてしまったウリン。このときの事件が、心の傷になっていたんですね。
何となく、灰羽連盟の繭設定を思い出しました。

セドナは、言葉巧みにウリンに絶望を与え、支配しようとしています。
マリンは、ウリンを救いたいという気持ちばかりが空回りして、海の巫女としての力を取り戻すことができません。
生まれつきピュアだった彼女にとって、邪悪は初めての経験。
カメの松本に、夏音に学べ、と言われてしまいます。
汚れた心って、大事なんですね…。(違)

今週は、大島が光ってました。
小島と一緒に、夏音を一所懸命探すのですが、その理由がふるってます。
このまま夏音が死んだら、永遠に小島くんの思い出の中に。
しかもスク水のまま!!(ノ∀`)
これ最高。

泣かせどころも充分でしたね。
「どうして、あたしじゃダメなの?あたしの方が、小島くんのこと思ってるのに!」
ウリンと同じようなことを言ってます。今度は、大島がセドナの餌食か?
まあでも、大島は邪悪で鍛えられてますから、簡単には染まらないでしょうけどね。
人間、やっぱり邪悪が大事!(´Д⊂)
大波ざぶーんで、「スク水娘が塩水娘(あたしもだけど)」とか、台詞とか顔面崩壊の演技とかが冴えてました。
もう大島ファンになってしまいましたよ。セドナはいいから、大島ちゃんの恋の行方をメインに描いてほしいです。
あと、濡れて肌に貼りついたワンピがもっとスケスケだったら、最高点上げちゃうんだけどなあ。惜しい
( ´▽`)σ)´Д`)

セドナ(桑島法子)お久しぶりのほーちゃん♪

次回「愛する心」

| | コメント (2) | トラックバック (8)

涼宮ハルヒの憂鬱第20話感想

#20「エンドレスエイト(総集編)」
どうせそうに決まってるさ。(`ε´)
化物語もファントムもそうだったし、角●がやらない訳がない。さあ、思う存分オレたちを食い物にしてくれYO!

#20「涼宮ハルヒの溜息Ⅰ」
Σ(゚Д゚;
し、新作!?溜息!!??
オレは何て幸せものなんだ!京●ニそして角●よありがとう!(洗脳されてる)
溜息のテーマは文化祭。
リアルでもお台場アニメ祭が開催されるタイミングです。狙ってますね演出。

体育祭のトラック競技にかたっぱしから勝利し、クラスを優勝に導いたハルヒ。それでも、クラスに興味はないわとツンしております。
次は文化祭。クラスの出し物は、やる気なっしんぐのアンケート調査発表でした。朝倉涼子亡き後は、無風状態のようです。
みくるのクラスはヤキソバ喫茶とか、それなりに盛り上がっているのに…。
(でもヤキソバ喫茶って微妙)
イベントとしての文化祭を何より重視するハルヒは、SOS団として、自主制作映画を企画しました。
監督・脚本・演出はハルヒ。主演女優みくる、男優は古泉。脇役は長門で、キョンはその他全て。
作品は、アレですよね?でも内容知らないんですよ。最後で人が死なないのは確かなようですが。

まずは、機材を調達ということで、パシリのキョンと主演女優のみくるを引き連れて、街の商店街を回ります。
店主を説得し、次々と高価な機材をゲットするハルヒ。みくるを指さしてアピールしております。
後で何をやらされるのか、キョンじゃなくても気になるところです。
きっと、あんなことやこんなことも
(ノ∀`)

発見!今週の長門は、ユングと占星術を読んでました!

…エンドレスエイトと同じレベルの瑣末的感想になってるし。
エイト×8は、ブロガーから思考能力すら奪ってしまった模様。恐るべしエンドレスエイトの呪い。
え?別にいつもと同じ?変わらない?
いや~ん♪(おまえはミクルか?)

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2009年8月14日 (金)

大正野球娘第7話感想

#7「麻布八景娘戯」

予告どおりのおバカ回でした。楽しかったです。

前回で巴が思いついたのは、辻打ち
男子チームが練習試合を受けてくれない以上、男子の球を打つには、各校のピッチャーを闇討ちする辻打ちしかない。
しかし、朝香のピッチャーからホームランを打つためと言いながら、実は小梅との甘~いふわふわタイムが目的だったのです。
今宵のこてつは血に餓えておるわとか、今宵のこてつはよく斬れる、が面白すぎ。
巴ったら、マイバットにこてつってあだ名を付けていたんですね。平沢唯のギータといい勝負か?

一方、晶子はアンナ先生から、魔球を覚えろと言われました。
大リーグボール?
いえいえ、カーブやドロップのことでした。野球創生期の当時では、変化球は魔球に等しかったのですね。
しかし、疑惑を抱いた晶子が、小梅を待ち伏せして辻打ちの事実を知った。
リーダー格の晶子さん、このとんでもない暴挙を止めるのかと思ったら。
辻投げ
Σ('∀`;)

かくして、巴と晶子の小梅杯争奪戦が勃発。バトルフェイズオープン!
二人から引っ張られて、小梅ちゃんもうフラフラです。
しかし、巴のライバルとして晶子をもってくるとは…。
「私たち、夫婦ですもの」
侮れません小笠原家令嬢。岩崎くんは、もう蚊帳の外という感じです。
これ何てプリンセスラバー

結局、三人で辻打ち&辻投げということに。
ところが、他のメンバーも悪ノリ参加し、辻打ちさんたちが思いっきり増殖!
官憲に追われる最中、噂の泥棒さんたちと遭遇しました。
通りすがりの爺さんを人質に取る卑怯な泥棒を相手に、櫻花会が立ち向う。
まず、巴が花形満ばりのノックアウト打法!
晶子が魔球を投げた!相手のバットをよける大リーグボール3号?最初から金的を狙ったのなら大リーグボール1号か?
泥棒を捕まえて大手柄ですが、理事長には、辻打ちはもう出ません、とクギを刺されてしまいました。残念がる巴。
でも、ヘタこいたら、本当に退学ものでしたから、これでよかったと思います。

ラストで、晶子の見せたボールの握りは、ナックルですね。
でも、泥棒さんのときと違い、落ちませんでした。
麻布の星を目指して、血の汗流せ、涙を拭くな、の日々が続きそうです。
(ノ∀`)

次回「麻布の星」
思いこんだら 試練の道を

| | コメント (1) | トラックバック (12)

ファントム第20話感想

#20「故郷」

「はじめまして、アイン。元ファントムのオバサン

Σ(゚Д゚;
キャル!?

外人のコは成長が早いとはいうけれど、これはもう別人。
two years laterで、こんなにも変わるものでしょうか。レイジやエレンはちっとも変わらないというか年齢詐称で高2に編入してるのに。
ボクのキャルを返せ!こんなおっぱいの大きいレザーの金髪さんなんて、ボクのキャルじゃないやい!!
だが、これはこれでもらっておこう
(ノ∀`)

いろんなフラグ立ちまくりのAパート。
ニッポンの地方都市で、ふつうに学園生活を送っているレイジとエレン(江漣)にまずオドロキです。
あの藤枝美緒は、ここの生徒でした。桂言葉さまレベルの奥手さんらしく、おずおずとレイジに好意を寄せています。
おせっかいな眼鏡っ娘の早苗までいたりして、エヴァのケンスケじゃないけど、思わず「平和だねえ」。
(;´Д`)
そうだ、こんな世界もあっていいんだ
レイジの心のつぶやきが聞こえるようです。人類の補完が完結したのかもしれません。

しかし、美緒とのときめきデートの最中に、突然現れた金髪ライダー。
閃光が走り、美緒のストラップが飛んだ!
キャルの心の中は、こんな感じか?
あたしのレイジ。帰ってこないと思ったら、こんなヤマトナデシコと浮気していたんだね
クロウディアの生まれ変わりみたいな邪悪な笑みを浮かべるキャル。
警告は、レイジにではなく、当然のように美緒に向けられた。
レイジの周囲にいる女の子たちを全てぶっ殺す気満々とお見受けしました。
早苗や、おとなしい稲田比呂乃さえも巻込まれそうな予感。全員に死亡フラグが見えてきました。
幸福なひとときは、Aパートであっという間に終了。

怒涛のBパート。
追っ手の存在を知ったエレンは、美緒が梧桐組長の一人娘であることをレイジに告げます。
ニッポンに身を隠していた当時のサイスが、調べ上げていたのです。
「美緒の気持ちを利用させてもらうわ」
組長にとって、美緒は唯一の弱点。可愛くて仕方ないのだが、極道の闘争から遠ざけておくには、表立って守ることができない。
組の若頭は、梧桐大輔を射殺したあの志賀透です。そして、志賀は今やインフェルノの構成メンバー。
美緒を押さえておけば、インフェルノも迂闊に手出しできないだろうという冷徹な計算なのです。

美緒は私の友だち、って言いながら、さすがは元ファントム。考え方が邪悪ですな。
てゆーか、本妻としては、やっぱり美緒とレイジを許していたわけじゃなかったのか?
レイジは今回おろおろしてばかりです。唯一キリッとしてたのは、早苗のバックアタックを察知したあの場面だけ。
でも、あの鞄攻撃さえかわせないようなら、ファントムを名乗る資格さえありませんけどね。

窪田早苗(水橋かおり)
稲田比呂乃(豊口めぐみ)

次回「憤怒」

| | コメント (4) | トラックバック (13)

2009年8月13日 (木)

狼と香辛料Ⅱ第6話感想

#6「狼と信ずべき神」

先物で勝負するには、情報戦が全て。暴落含みでアマーティ追い落としを狙うなら、もーっと黄鉄鉱相場の市場情報を集めるべきなのです。こんな狭い町なんだし、その気になれば簡単ですよね。
ところが、ディアナの買い付けの相手とか、肝心の情報をぜーんぜん集められませんでした。
これじゃ負けるよロレンスさん。
あげく、見習いのラントにまでヘタレっぷりを叱られる始末。

予想通り、ホロのお蔭で九死に一生を得たロレンスでした。
ディアナから買い付けていた黄鉄鉱の大量売りによって、相場は大暴落。
ロレンスは、かろうじて勝ちを拾うことができたのです。
何という内助の功www
予定調和というか、やっぱりホロに助けられたんですね…。

今回はむしろ、ホロの大胆なセックル発言に大注目です。
ヒトと神とが番になった話はたくさんあるそうじゃな?主がその気なら、わっちは構わんが。なんてな
Σ(゚Д゚;

だから、次回は狼と戯れの日々なのか!!??
もうヨイツを目指さなくてもよくなったんだね、ホロ…。(ちゃうねんww)

次回「狼と戯れの日々」

| | コメント (2) | トラックバック (11)

2009年8月11日 (火)

かなめも第6話感想

#6「はじめての、恐い話」

「いやー快感っす!今週のかなめも最高っす!やるやるとは聞いていたけど、やるもんすねFeel!」
「はあ?」
「やだなあ、とぼけないでくださいよセンパイ。気づかなかったとは言わせませんよ?」
「何のことだか…」
「あくまでもしらばっくれるつもりっすね?ならば言おう!かなちゃんの
はじめてのおトイレっす!」
Σ(゚Д゚;
「いやそれは…。ただかなちゃんが恐がりというだけの」
「DVDが楽しみっす。地上波では自重でしたけど、DVDならきっと、
かなちゃんの放●シーンがもろ見えee

ゴラァ━━━(#゜Д゜)=○)`Д)、;'.・━━━!!

ありえねえっつーの!!下品なセリフ禁止!!!

ハアハア。
今回の感想は、下品以外、何も思いつきませんでした。恐い話自体も、あまり中身がなかったし。
でも、かなめもにはいろいろ期待してるです。次回も楽しみです。

次回「はじめての、お迎え」

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2009年8月10日 (月)

咲-Saki-第19話感想

#19「友達」

これ何て最終回!?

『責任払い』という特殊ルールまで駆使してのサプライズエンディングでした。
他人の捨て牌で槓したら大明槓。さらに嶺上開花で和了った場合、大明槓された人の責任払い。
大三元とか四槓子にはよく適用される責任払いを、大明槓にまで広げたローカルルールでした。
「ツモ!チンイツ、トイトイ、三暗刻。三槓子、赤イチ、リンシャンカイホウ。32000です!」
衣ちゃんが泣いた!そりゃ泣きますよねこれじゃ。
『これが…涙?』綾波か
とうとう、ただの跳満を数え役満まで引っ張り上げましたよ?
さ、咲ちゃん、いくら爽やか笑顔で上がっても、そいつは鬼畜だじぇ!!

衣「…楽しい?衣と打っていて、楽しい?」
咲「うん。一緒に楽しもうね!」(へへ、どうせあたしが勝つし!)
オーラス大逆転して。
咲「楽しかった!(あたしが勝ったから!)また一緒に打とうよ」
衣「あ…」
衣ちゃん、涙しています。綺麗な涙です。
同じく涙目の池田も、国士をイーシャンテンしていた加治木も、爽やかに去っていきました。
加治木「いい勝負だった、おめでとう」
咲「はい、ありがとうございます!」(ふふ、当然よ!)
衣「…また、衣と麻雀を打ってくれるのか?」
加治木「ああ。今度は、私が勝つ」
咲「麻雀って…。麻雀って、楽しいよね!」(次もあたしが勝つからだけど!)
衣「うん!」

('A`|||)

いや~知りませんでした。咲ちゃんって、こんなにも黒かったんですねえ。ビックリです。
★\( ̄  ̄)

透華は、従姉妹だから同情して友だちを集めたのではない。井上もはじめも沢村も、そしてもちろん透華も、最初っから衣の友だちで家族でした。
支配する麻雀しか知らなかった孤独な衣が、初めて皆と分かり合えたのです。
風越も、鬼コーチが分ってくれました。
加治木ゆみにはステルス桃がぴったり寄り添ってます。とってもいい雰囲気です。
鶴賀部員「あの、わたしらは一体」「何をしてるのでしょうか?」
ワハハ部長「ワハハ。部長として、部員の覗き管理」

次回「姉妹」
ついに咲姉が?と思ったら、なぜかプール回?

| | コメント (2) | トラックバック (14)

2009年8月 9日 (日)

鋼の錬金術師第19話感想

#19「死なざる者の死」

サブタイ「死なざる者の死」とは、ホムンクルス・ラストと、鎧に魂を定着させた66号の消失のことだったんですね。
グラトニーに喰われかけたリザは、ハヤテ号のお蔭で事なきを得ました。
偉いぞHACHI!この夏、最高の仕事だ!ww

マスタング、男前すぎ!
とにかく大活躍の大佐でした。まさに炎の錬金術師。
ラストの爪に貫かれて瀕死のハボック。救いに入ったマスタングも返り討ち。
リザの下に現れたラスト、人柱の二人を失ったのは残念と言い放つ。
一人はアル、もう一人は…。
逆上したリザが、叫びながら、泣きながら銃を連射。でも、不死身のラストに効くはずもなく。
しかし!
思いっきり見得を切りながら、マスタングリターンズ!
瀕死の傷は、自らの炎で焼いた!ウホッ、良い筋肉!
「二、三度気絶しそうになりながらな」カコイイ!
マスタング、いきなりラストの豊満な胸(の紋章)に手を突っ込み、賢者の石を引っぺがした!
絶叫するラスト。この辺り、えろぐろいっす。
それでも、本体は賢者の石だと、ターミネーター2並みに追いすがってきます。
生き返るのなら何度でも殺してやる!
ここは、大総統がグリードを殺したのと同じ原理ですね。
ついに、力尽きたラスト、燃えてしまいました。
統率者のラストがいなくなったら、どうするんでしょうねホムンクルス軍団?特にグラトニーとか。

あと、今週もピッコロさんのらじおハガレン掲示板に参加したので、そのログを乗せます。
リアルタイムな昂奮が伝われば…。

(終了後、SIGERUの昂奮覚めやらず)
ラストがいたぶられた~
マスタングのばかあ~
大総統なんで早く来なかったんだよ~
(あんたバカあ?www)

死亡フラグは、ラストと66号でしたね。
ラストを終らせるんなら、他のを終らせてほしかったなあ。別にハボックでも…
まあ、リザとどっちか?って言われるととっても困るけど。
あと、ホーエンハイム来ましたね!

(ホーエンハイムが、前期と比べて雰囲気が違う。より原作寄りになった?という意見が)
>厳しい雰囲気
分る気がします。
ホーエンハイムって、前期は、言っちゃ悪いけどマッドアルケミスト的な雰囲気がありました。
(DJのピッコロさんがのたまった)ラストの朽ち果てていく表情が好き
…あんたサドお!!??
でも、マスタングがレディの胸元に手え突っ込んだのはえろかった。
>ウホッ!マスタングいい男!(マスタングの筋肉を視聴者絶賛♪)
ここにも筋肉が。

(ホーエンハイム出現について)
ハガレン世界って、基本的には母性原理で成立していると思います。イズミ師匠とか。
しかし、今のアニメには珍しく、父性原理(男キャラ立ち)も無視していない。
その代表が、マスタングでありホーエンハイムだと思うのです。
これからのホーエンハイムに期待。

次回「墓前の父」

| | コメント (0) | トラックバック (22)

CANAAN第6話感想

#6「LOVE&PEACE」

「ならば、愛に呑まれる者は!」
「さあな。面白いんじゃないか?こっけいで」

詰め寄るリャンを、余裕でいなすアルファルド。
舞-乙HiMEのトモエ(理恵さん!)とシズルお姉さまとの関係ソックリです。既視感あります。

アルファルドも、カナンと同じくシャムの弟子だったんですね。これが、二人の確執の原因か?
戦火の村で拾われた薄汚れた娘。だが、シャムは彼女にカナン(約束の地)という名をつけた。
アルファルドの家は財力があり、テロ組織『蛇』は、それを当てにしている。
それを承知で組織に身を投じたアルファルドの目的は?
目的のためならおまえは最強だが、個人の欲望のままに動けば…と、シャムに釘を刺された模様。
しかし、ご忠告も何のその。欲望のままに動く気満々とお見受けしました。
その欲望には、カナンとの決着も折り込まれているのでしょうか。

上海国際会議場での平和会議に招待されたみのさんとマリア。
みのさんは、どうして俺たちの居場所が?と疑っています。さすがはベテランと思ったら。
マリアのよいしょで舞い上がってしまいましたww
それでも、ボマーやカナンの謎を追って、取材に飛び出していくのはさすが。
マリアを一人で行かせたのは迂闊でしたが。ツメが甘いのはみのさん属性のようです。ハッコーにも返り討ちにあっていたし。

サブタイのLOVE&PEACEって、調子こいた合衆国大統領の戯言だったのか。各国首脳に強制してますよ?
CHINAとRUSSIAが思いっきり引いていたのが笑えます。

リャン・チー田中理恵さんのぶっ壊れた演技は今週も健在。今回は(今回も)一人勝ちでしたね。
二頭身のSDリャン・チー可愛かったし。

アルファルドは、マリアに、忘れたのか?と言っております。
渋谷でのウイルステロの際に、二人は出会っている感じですね。

リャン・チーが、さんざんマリアをいたぶり、あわや処刑しようと!
アルファルドが銃撃により制止。いったんキレかけたリャンですが、怒りを押さえ込みました。
その後は、不気味に冷静です。逆に気になるところです。

さて、仕込みと伏線は充分。劇場版を控えて1クールでしょうから、一気に盛り上げていくと予想。

カナンが駆ける!大沢マリアへの愛のために!思春期百合パワーは全てに勝つのか!?
(ノ∀`)

次回「墓漂」
リャン・チーが凄い顔を…。

| | コメント (0) | トラックバック (16)

2009年8月 8日 (土)

うみものがたり第7話感想

#7「離れゆく心」

『もうすぐだから。この力が私のものになったら、自分のことは自分で守れるようになるから。夏音からおねえちゃんを取り返すこともできるから』
ちびうさウリン黒化キター!!
いやー、やっぱりなるようになっちゃいました。
セドナに憑依されたウリンちゃんは、卵だか繭だかの中で、羽化?を待っております。

海の底でも呼吸ができるオルテリウスリングは、ぬか床にありました。
ぬか漬けの味をよくする金属…。万能リングなんですね。

小島が、夏音との関係を修復しに来ましたが、夏音は頑なに拒否権を発動し、フラフープ回しております。
傷心の小島くんは、大島を誘って観光ボートに。船底から、海の中が見えます。
必死でセックスアピールの大島ちゃんですが、鈍い小島は全然気づきません。
そこへ、リング装備の夏音が!
スク水アピール!?』
いや違うしww

今回、マリンがなぜか海の巫女に変身できませんでした。
自分勝手な発言が目立っていたので、まだ日蝕の影響で邪悪が残っているのでしょうか。
その代わり、空の巫女の夏音が、マリンの浄化技を使えるようになった!
黒キュアが白キュアも兼ねられるなら、海の巫女は要らなくなってしまうのか?
次回からは、いよいよセドナ(ウリン)とのラスボス対決ですね。
何となく予定調和で終わっちゃったらつまらないなあ。ここは、盛り上げてほしいところです。

市川(明坂聡美)娘カメ

次回「求め合う心」

| | コメント (0) | トラックバック (5)

大正野球娘第6話感想

#6「球は広野を飛び回る」

長崎に旅立つアンナ先生の指導で、基礎練からいきなり練習試合を行うことに。
しかし、申し込んだ相手からは、次々とお断りの手紙が。困り果てるルーキーズたち。
練習試合の相手として小梅がゲットしたのは、練習場所に困っていた坂入小学校の男の子たちだった。
場所を提供してあげるけど?と、言葉巧みに持ちかけます。小梅って、つくづく策士…。
眉毛も凛々しいエースのコは、のちの星飛雄馬か?

しかし、小学生に負けるなんてあり得ませんわと自信満々で臨んだ試合は、主にピッチャーの晶子のせいでボロ負け。
コールドも適用されず、9回きっちりとボロボロにされました。
♪あ~愉快なり~愉快なり~♪
何この大正愉快ソング(ノ∀`)
小学生たちは、愉快に去っていきました。

ここで、眼鏡っ娘の乃枝ちゃんが、勝利の方程式を提案!
胡蝶は左打席へ(俊足を生かす)
晶子のコントロール矯正
巴は大振り禁止!

トレーニングの成果があって、次試合の出だしは好調。
しかし、晶子のスタミナ不足が。女房役の小梅の言葉にも、頑固に耳をかそうとしません。
見かねた乃枝が、二人を文字どおりの『夫婦』とするべく、お泊りと同衾を指示!
鈴川のご両親も、相手が名家のご令嬢とあって、娘を夜伽に差し出す気満々です。(違)

強化合宿?の成果で、試合はスムーズに。小梅ちゃん、とうとうサインまで使い出しました。
しかし、最後の最後で、小梅を取られまいと功を焦った巴が大振りして試合終了。
晶子のお泊りには嫉妬しまくるし、ダメだこのコww
しかも、何やらよからぬ事を思いついた模様。

疲れて帰宅した小梅に、洋食屋おとうさんは、三郎との許婚宣言を。
Σ(゚Д゚;
さすが大正時代…。ロリ婚なんのそのですな。
いきなり、三郎という大本命をぶつけてきたか!小梅ちゃんも、満更じゃなさそうだし。
これは、我ら百合スキーに対する重大な挑戦と見たが如何?

次回「麻布八景娘戯」
辻打ち??

| | コメント (0) | トラックバック (10)

ファントム第19話感想

#19「約束」

キャル総集編。
眼に浮かぶ、あの情景この情景。

「いいよ、私が行くから」
ボクがイクよキャル!キミの××に戻らせてくれ!!(おちつけ)

キャルやっぱり生きてた!レンタルショップ行きで難を逃れたんですね。
しかし!最後のシ者、サイスの野郎がやっぱり来やがった!
「そうだ、奴は嘘つきだ。ずっと騙されていたんだよ、君は」
「あんた、誰…?」
そいつと口きいちゃダメだキャル!
てめーは量産型で満足してりゃいいんだよサイス、ボクのキャルに手を出すな!!
ああ、死亡フラグが…。

「うち、一度アレ見てみたいねん」
「?」
「ほら、グルグル見えるやつ。…走馬灯!」
「それはやめとけww」

あずまんがでした。

次回「故郷」
うわフジヤマ編キタ!レイジとエレンが学校に編入!
レイジったら、梧桐つながりの美緒ちゃんと会話してるし。これも危険フラグ?
エレンのセーラー服がツボに…。

| | コメント (4) | トラックバック (7)

2009年8月 7日 (金)

涼宮ハルヒの憂鬱第19話感想(続)

#19「エンドレスエイト(完結乙!)」

エンドレスエイトが終った。
世界がいろいろ変わったかもしれない。でも、変わらないものもある。
あると信じたい。
エンドレスエイトは8回。死屍累々。厳しい戦いだった。
脱落した同志も多かったろう。志半ばで挫折した戦士たちもいただろう。
そんな無名戦士たちの屍の上に、この「おめでとう」はあった。
ここに集う我々は、生き残った戦士。
達成感すらない、この泥沼なヴェトナムやアフガン。
キョンの課題オチかよ?という余りにも予定調和な結末にすら耐えて、生を取り留めた。

このエンドレスエイトな戦いに勝利者がいるとすれば?
それは視聴者だ。
それしかない。
それしかないじゃないか。

そうだ。
いくら角川や京アニがニヤニヤしようが、変わらないものがある。認められないものがある。
我々は、角川&京アニの舞台の上でエンドレスに踊らされたかもしれない。
そうだ、故忌野清志郎が「踊らされるなよ!」と叫んだように。

今思い出す。島本和彦「炎の転校生」の最終回を。
理屈は要らない。角川も京アニも関係ない。
俺たちは勝つ。俺たちは勝つんだ。

「そして 滝沢は 勝った!!」
Yes! We Can!
「そして 視聴者は 勝った!!」

(ノ∀`)

| | コメント (0) | トラックバック (4)

涼宮ハルヒの憂鬱第19話感想

#19「エンドレスエイト(ネタバレ!)」

続きを読む "涼宮ハルヒの憂鬱第19話感想"

| | コメント (0) | トラックバック (23)

狼と香辛料Ⅱ第5話感想

#5「狼と希望と絶望」

ロレンスが苦労して積み上げた浅知恵も、アマーティの冷徹なる一撃で粉砕された!
しかも、銀貨300枚では重くて大変と、わざわざ金貨に両替して渡した!
武士の情けというか死人に鞭打つというか…。
マルクやバトスの友情やら支えやらがあっても、これですからねえ。ロレンス弱っっ!
後はもうホロ頼みですね。ソレしかない。
これで、二人が組んでの狂言だったら、もう笑っちゃいますよ?
「すみません、ロレンスさん。ホロさんに頼まれて、ついww」
「主の不甲斐なさを見かねて、アマーティの助けを借りて一芝居打ったのじゃ。許してくりゃれ♪」
そんで、マルクとかバトスとかディアナさんが現れて。
「おめでとう」
「おめでとさん」
「おめでとう、ロレンス」

なんちゃって。(ノ∀`)

ロレンスの愛情表現も、微妙なんですよね。それがホロに誤解される原因でもあります。
「わっちは主の何じゃ!?」
『今なら、答えてやれそうな気がする』
積荷
ゴラァ━━━(#゜Д゜)=○)`Д)、;'.・━━━!!

今回、回想シーン以外でホロの声が聞けませんでした。悲しい…。

次回「狼と信ずべき神」
何かホロが噛みついてますね。袖の感じからいって、アマーティか?

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2009年8月 3日 (月)

かなめも第5話感想

#5「はじめての、みんなでお風呂」

Aパート、いつまでも台風のお話が続くので、お風呂回は制作側の釣りかと疑い始めた今日この頃。
ゆめが水着で飛び出した!
これで誤魔化そうったって、そうはいかなくってよ?と焦れてきた辺りで本日のネタがやってまいりました。
「どっちかっていうと、ゆめはネコの方だろう」
「違うわよお。ネコは、ゆうきの方よ
お、オトナの会話キター!!
フフフフフフフ
ゆうきの邪悪リアクション嫌すぎ

ゆめが、ゆうきのお話に乗って、てるてる坊主を作り始めました。
てるてる法師という当て字自体は別に間違いじゃなさそうなのですが、ゆうきの語った日本昔話そのものは作り話ということなんでしょうね。
ゆめの、夢を壊さないための優しさ?
いや…。
「甘やかすのも、ほどほどにしとけよ。あんなんで、一人で生きていけるのか?」
(ふっ)いつまでも、一緒に。一人で生きていけなくなれば、あたしといるしかなくなるでしょ?
Σ(゚Д゚;
いやそれはマズイっしょゆうきさん!
「セラヴィ。それも人生」
Σ('∀`;)
もーっとまずいっしょ代理!!!!

完全なる共依存、ある意味児童虐待ですよ?って説教してもムダかこの人たちには。
('A`|||)

なぜか美華まで台風に飛ばされてきました。何という偶然。これにてはるかさんのハーレムがコンプリートです。

Bパートは、やっとお風呂シーン。
しかし、ネコちゃんマークが乱舞。ちょこシスのCAUTION KEEPOUT以来ですねこんな大盤振る舞いはww
とはいえ、ネコと湯気の妨害がなかったら、幼女(中学生ですが)相手にさわりまくり、アニメ史上稀に見る児●ポ●ノ法違反の傑作が生れたところです。DVDに期待です。
美華ちゃんの、泡で拵えたお胸がいっちゃん可愛かったかな。
お約束のフルーツ牛乳ごくごく、懐かしいっす。今でも銭湯の一番人気なのかなあ?

かなめもって、飲食のシーンがすっごく美味しそうですよね。
好意に値するよ。好きだってことさwww
何だかわからん。

次回「はじめての、恐い話」

| | コメント (0) | トラックバック (12)

咲-Saki-第18話感想

#18「繋がり」

「咲ちゃんって、よく考えたら、天江よりヒドイことしてるじぇ。あんなゴミ手で鶴賀と風越の親番を流すなんて、あんまりだじぇ。風越のネコ娘なんて、もう涙目だったし」
「それでも憎まれないのは、宮永さんの人徳なんですね♪」
「ニャー!!人徳なんてとんでもないニャ!清澄の大将は人でなしニャ!」
「悪逆無道。清澄のリンシャン使い、落花狼藉度し難し。悪鬼羅刹の類に堕したか」

「私、全国に行ったら、故郷に帰って結婚するんです」(にこっ)
Σ(゚Д゚;
さ、咲ちゃん死亡フラグっすか!!??

それはさておき。

天江衣が失速した分、咲がオカルトやりたい放題でした。110符1飜とか、滅多にないクズ手を積み重ねて。
そして、調子に乗りすぎたのか、爆弾発言を。
「脱いでもいいですか?」
いいとも!と答えそうになったアナウンサーを尻目に、靴とソックスを脱いだ!
裸足になってから、もうエンドレスエイトな上がりになってましたね。

今回、気になったのは、のどっちが妙に反抗的なことでした。
「そんなオカルト信じません」
もともと、久部長にさえ思いっきり口答えしてた彼女なのですが。
前回は「まるで、役満ならあり得るような言い方ですね」
今回は「緊張感がないんだから。この人たちは」
うーん…。
あの龍門渕でさえ、衣を中心にして、何となくまとまってきています。
風越は、福路キャプテンの元で、もともと一枚岩。
鶴賀も、ワハハ部長はともかく、加治木ゆみが桃ちゃんほかの心を掴んでいます。
清澄だけが不協和音。何より原村和が浮いており、チームワークが心配です。
咲しか見えてないのが原因なのでしょうか。

咲の願いは、全国に行って、お姉ちゃん(かつての全国覇者。宮永家の暴君?)と仲直りし、家族を取り戻すことでした。
つまり、咲にとって何よりも大事なのは家族の絆。
自分だけを見て欲しいのどかにとって、それは裏切りに等しい。
のどっちは、いずれ邪悪化して、咲の前に立ちはだかるのでしょうか?
('A`|||)

なあんて裏ドラ裏ネタでもまぜないと、使い切った原作の穴は埋まりませんよ?

次回「友達」

| | コメント (2) | トラックバック (20)

2009年8月 2日 (日)

鋼の錬金術師第18話感想

#18「小さな人間の傲慢な掌」

クセルクセス王の廃墟に連れて行かれたエドは、思いがけない人物と出会った。
東方美人、その正体は、死んだと思われていたマリア・ロス少尉だった!
想定の範囲とはいえ、嬉しい驚きです。
少尉ったら、歓喜の筋肉さんに追い回されてるしwww
身を隠すために、フーたちと砂漠越えしてシン国に向かう。
有事の際には呼び戻してください、と言い残して。
体力美人のロス少尉の再活躍はあるのか?(あるようです)

車座になって、ホムンクルスたちの情報を集約する一行。
似顔絵うまいけど、作画はもしかしてアームストロング?アニメーターになれますね。

イシュヴァールの老婆から聞いた、ロックベル夫妻の最期。右腕に刺青のあるイシュヴァール人に殺害されたという。もしや…。

ヒューズ准将殺害事件の派手すぎる報道に疑問を抱いたマスタングは、一芝居打って、黒幕を炙りだそうと企んでいました。
バリー・ザ・チョッパーを襲った刺客は、何とバリーの体に動物の魂を定着させたもの。体が魂を求めてやってきた!
バリーは、自分の体を切り刻みたがります。さすがはシリアルキラーのヘンタイさんです。

スナイパーとして待機していたリザを、食欲魔人グラトニーが襲う!
やばいって!美人食べちゃいけないって!
たぶん大丈夫なんでしょうけど、ちょっとドキドキです。予告編に怪しい映像あったしね。

水準以上の仕上がりだと思います。
でも、何か物足りないんですよね。要求水準が高すぎるのか。
ピッコロさんのらじお掲示板も、ハガレンネタがほとんど発展しなかったのが何とも。
私もスルーしたしwww

次回「死なざる者の死」

意味深なサブタイですね…。

| | コメント (0) | トラックバック (14)

海底脱出

ずーっとFC2さんへのTBが飛ばない状態が続いていたのですが、さっき、カナン記事で「通らばリーチだじぇ!」という気合で送ったら、ちゃんと飛びました!
いや~よかったよかった。
でも、いつから飛ぶようになったんだろう?もう咲の池田状態で死んでいたので、この一週間はトライもしてなかったのですよ。
ようやく衣の支配から脱出できたみたいです。さーて、ここは一発、リンシャンでも上がるかな♪

「ふふふ。陋者の修惑、暗愚なり」
(こ、衣ちゃん?)
「闇の現(うつつ)を見せてやろう。ロン!ダブ東ドラ2、親の二本場は12600!塵芥ども、うぬらに生路なし!」
な、なんでえ~~~!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CANAAN第5話感想

#5「灯ダチ」

ユンユンの、ダイナマイトが150発!
マイトガイ?
(小林旭主演のアクション映画由来。主題歌が、♪ダイナマイトが150トン 畜生 恋なんてぶっ飛ばせ♪)
ゴダールの気狂いピエロ?
(主人公がダイナマイト巻いて自爆ラスト)

わけアリとは思ってたんですが、リャン・チーの直接指令を受けてたんですね。
ユンユンは、ボナーでした。あの印がある、あの村の生き残り。
盲腸が二つあるって…。
指令により、ハッコーの日式カラオケ店にホステスとして入り込み、政府高官をウーアウイルス感染させようとします。
ハッコーの巨乳に対抗して詰め物しようとするのが何とも可愛かったっす。貧乳の格差は国際問題ですよね。
それにしても、みのさんとサンタナってキャラかぶるなあ。無精ヒゲがあるかないかの違い?

そして、カナン暗殺指令が。
ユンユンは、「死ね」と言われたから、死ぬしかなかった。
まりあを利用して強引にカナンを引っ張り出しました。
そのままカナンを巻込んで、覚悟のダイナマイト自爆。
でも、尋問の時も、川に落ちた時も、カナンはユンユンを殺さなかった。
それはまりあのため。悲しむのを、見たくないから。
正直、まりあの立ち位置とか行動原理って微妙なのですが、ここはよかったです。素直に。
まあ、私ご贔屓のユンユンが助かったからなのですがwww

ボマーたちは、何かクスリで管理されているようです。ちょっと気になるところではあります。
屋形船に施錠し、意気揚々と立ち去ったユンユン。
彼女に、新しい未来が開けたのだと思いたい…。

次回「LOVE&PEACE」

『うみものがたり#6』ですが、エヴァの録画を最優先事項にしたため、視聴できていません。
友人から入手できれば、感想書くかもです。

| | コメント (0) | トラックバック (18)

2009年8月 1日 (土)

大正野球娘第5話感想

#5「花や蝶やと駆ける日々」

雪の提供により、ついにユニフォームが!
モダンというより、どっかの労働少女って感じがするんですが。
つか、むしろマリオとルイージ?
うっかり巴が、片足に二足の靴下を履いていました。
それってどこの長嶋茂雄?(笑)

9人目が見つかるまで、果てしなく続く基礎練習。
このままでは体が持たないと、9人目探しに必死です。
新聞部の記子ちゃん情報により、脚の早い人なら陸上部を探せと。
かなり当たり前情報な気がwww
乃枝が眼をつけたのは、ダッシュ力はあるが途中で追い抜かれた菊坂胡蝶。
勧誘するのですが、あたし足なんて速くありませんと断られてしまいます。

それなら、自分たちの脚を鍛えればいいのよ、ということで。
小梅の発案により、人力車ダッシュ。
巴と環、勢いあまって、合唱部をなぎ倒してしまいました。
危ないって…。廊下は走ってはいけません、どころの騒ぎじゃないですね。

なので、再び胡蝶にアタックするも、色よい返事がもらえない。
「私たちには、あなたが必要なの!」
鏡子にはストライクだった口説き文句も、今ひとつ。胡蝶に百合属性がないからなのですね。
いよいよ、頼りになるアンナ先生の出番です。
英語の授業を利用し、グラハム・ベルの言葉で胡蝶を説得。
ドアは誰にも開かれている。ただし、そのドアを通るかどうかはあなたたち次第。
感動した胡蝶は、入会を決意しました。
まさに、口先の魔術師の面目躍如です。それは前原圭一か。
それにしても。
この先生って、前にもメンバー探しに授業を利用してましたよね。いいのか聖職者?
抱き合って喜ぶ櫻花会のメンバーたち。晴れて、胡蝶ちゃんも百合族の仲間に。

しかし、地獄の基礎練習は続くのであった。
(ノ∀`)

サブタイですが、『花よ蝶よと育てられ』由来かな?元々は『枕草子』から来ているようです。

次回「球は広野を飛び回る」

あ、これは芭蕉の辞世の句ですね♪
『旅に病んで夢は枯野をかけ廻る』

| | コメント (0) | トラックバック (5)

ファントム第18話感想

#18「対決」

クロウディア退場。そしてアインとの再会。

「今度こそ、あなたに命を預けるわ」
レイジを誘惑して最後の賭けに出たクロウディアですが、既にロリの魅力を知ってしまったレイジは、年増の色気に負けませんでした。
待ち合わせ場所のモーテルに現れたのは、レイジではなくリズィ。
「時間にルーズな男は嫌われるわよ?」
クロウの捨て台詞が、空しく響きます。
そして、死への湾岸ドライブ。
渚を駆けるオトメなクロウディアに、悪いけど吹いたww
「最後まで、ごめんね」
リズィの手によってクロウ死亡。案外、あっさりした退場です。
墓の前に、二つの花束。佇むリズィ。
もしや?とも思いましたが、ここは引っ張るところでもなさそうですしね。

中国マフィアと組んで、量産型ファントムの製造に着手したサイスは、もうアインに興味がないようです。
でもなあ。あの素体たちって、サイスが言うほど優秀そうには見えません。
量産型グフみたいに一撃でトバされそうなチープさが漂っているんですが。

サイスに差し向けられたアイン。あの工場跡で、ナイフ対決です。
キャルを失ったレイジは、もう生きる気力を失っており、無抵抗。
ダメダメな元カレを奮い立たせるため、アインがおっぱい出した!
「この世界が無限の地獄じゃないとしたら、それはあなたが生きているからよ」
「だから、お願い。あたしを殺して。あなたのいない世界に、あたしは生き残りたくない」
凄い殺し文句キター!!
元カノの告白に胸キュンなレイジです。
愛するロリのいない今、元カノの豊かなお胸は魅力ですしね。

パスポートを偽造し、メキシコへ脱出。
教会の前で、キャルのテーマが流れます。レイジ、ロリっ娘のことを思っています。
「レイジ?」
元カノが、何かを察したようです。さすが妻のカンは鋭いですね。

ん?
完全に瓦礫と化した部屋に、無傷の懐中時計と拳銃が?

次回「約束」
「嘘つき!ずっと一緒にいてくれるって言ったのに!」
ロリの逆襲?サードチルドレン誕生か?

| | コメント (6) | トラックバック (8)

涼宮ハルヒの憂鬱第18話感想

#18「(ずーっと)エンドレスエイト」

スミマセン、何にも言えねえww最低っすwww
北島康介みたいに「最高」と言えればどんなによかったことか。

もし私が水戸黄門だったら。
「角(川)さんや、そろそろやっておしまいなさい」って、おしまいにできたのに。

もうネタも尽きてきたなあ…。

「先生、エンドレスエイト見ていて最初は腹が立ったんですが、最近はあの繰り返しがむしろ快感になってきたんです。声優の喋りの遅さがキモチいいとか。ボクって異常なんでしょうか?」
「それはね、人間は極度の苦痛が続くと、脳内に麻薬物質のエンドルフィンが分泌されて、苦痛を快感に変えるというメカニズムが働くからなんだよ」
「なあんだ、そうだったのか。ボクは正常なんですね」
「そうだよ、キミは正常なんだ。よかったね」
「アハハハハ」
「アハハハハ」

よくねえよwwwwwwwww

マジ8月末まで続くのか?
そしたら祭だな。きっと投票スレが立つぞ。
どのエンドレスエイトが最高だったか?って…。

| | コメント (1) | トラックバック (10)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »