« 狼と香辛料Ⅱ第1話感想 | トップページ | うみものがたり第3話感想 »

2009年7月12日 (日)

CANAAN第2話感想

#2「邪気乱遊戯」

ジェットコースタームービーを目指しているのでしょうか?背景や謎は、小出しにしていくポリシーのようです。
ある程度は対立構造が把握できるので、まだ大丈夫なのですが、視聴者が安心してアクションを楽しむには、早めに世界観を明確にしておくのが吉かと思います。

アルファルドの救出シーン、相変わらず、よく動いていました。
カミングズと一緒にヘリでアタックして来たリャン・チーは、アルファルドの妹だったようです。クールな姉に比べて、何だか情緒不安定な模様。(それとも『おねえさま』というのは、姉御、という位の意味かな?)
カナンを生きたまま捉えて、喉をかっさばいて内臓を、とか、かなり物騒なことを言っております。
物事には順序がある、と諫められ、かなりご不満なご様子ですね。

かつて東京で、致死率100%というウーアウイルスによるテロが、中近東のテロ集団によって行われた。
大沢マリアは、その被害者。人為的にウイルスに感染させられたが、父親の開発した抗ウイルス剤によって、一命を取り留めた。
不幸な過去の割には、ヘンに明るいマリアちゃん。記憶を一部失ってるせいもあるのでしょうか。
テロ被害者のせいかは不明だが、武装組織『蛇』に狙われている。
ホテルの部屋が荒らされたのは、カナンたちを映したネガが目的?

異様にテンション高い老人暗殺者が、ユンユンの働く中華料理店で食事中のマリアたちを襲い、そのまま市内を追跡。
助けに現れたカナンと遭遇すると、今度は彼女を狙います。

バスの上での対決。この距離でタマが当たらないのは、カナンの共感覚のお蔭?
まあ至近距離で当たらないのは、ブラック・ラグーンとかも同じなので、無問題ということでwww
カナンの動きに気をとられた老人は、電線に引っからまって、あえなく黒焦げとなりました。
だから一人で行くなと言ったのに、と悔しがるリャン・チー。

ホテルを追い出された御法川とマリアが、夜の街で遭遇したのは。
「この猫は…」
「招き猫?」
えーと、この人ハッコーですよね?コスプレ姐さんだったの?ホント飽きさせない展開です。

タクシードライバー(中田譲治)自称、普通のタクシードライバー。その正体は、ビルの上にジャンプできる凄腕
老人(麦人)空港のVIP爺ちゃんとはけっきょく違ったの?不明なり

次回「阿断事」

|

« 狼と香辛料Ⅱ第1話感想 | トップページ | うみものがたり第3話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: CANAAN第2話感想:

» CANAAN 第2話 「邪気乱遊戯」 感想 [wendyの旅路]
普通の女の子― [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 01時22分

» CANAAN 第2話『邪気乱遊戯』 [心のおもむくままに]
第2話『邪気乱遊戯』 登場人物たちのテンションがよくわかんねぇ―――(笑)ハイテ [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 06時23分

» 「CANAAN」第2話 [日々“是”精進!]
mind as Judgment/飛蘭第二話「邪気乱遊戯」取材で上海に同行したフリーライターの御法川実を連れて、飲食店を訪れたマリア。そこへ、突如一台の車がまるで二人をめざすかのように突っ込んでくる・・・。「チャイナ気分で、ハイテンションだーっ!」ヘリにはカミングズ...... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 06時39分

» CANAAN 第2話 『邪気乱遊戯』(感想) [アニメ-スキ日記]
全く話わからん! これってハッコー? なぜネコミミ?? 背景とか全くワカラナーイ [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 07時34分

» CANAAN 第2話「邪気乱遊戯」 [よう来なさった!]
蛇のリーダーであるアルファルド。もっと感情的に動く粗暴な性格かと思いきや、案外と冷静により深く物事を見通している人物なんですね。ちょっと意外でしたが、このアルファルドとカナンの関係。ライバルのようだけど、どういう因縁があるのか、とりあえずそこが気になる所....... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 08時55分

» CANAAN 第2話「邪気乱遊戯」 [◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆]
この作品も1話の関心が高かったですね。ま、あのクオリティだし、皆さんの期待も高いってことなんでしょう。さぁて、2話目はどうなることか。見事なまでの、あっという間のアルファルド救出劇を見せてくれた、リャン・チー。犯罪組織「蛇」のボスで、どうやらカナンの宿...... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 10時28分

» CANAAN 第2話「邪気乱遊戯」 [妄想詩人の手記]
衝撃の1話から早くも1週間。今回は冒頭から戦闘シーンが盛り込まれ、嫌でも盛り上がらずにはいられません。 第2話、感想です。 [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 10時36分

» 「CANAAN」 第2話『邪気乱遊戯』 [おきらく委員会 埼玉支部]
 第2話「邪気乱遊戯」  「姉さまーっ」 アルファルドを救出 [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 10時54分

» (アニメ感想) CANAAN 第2話 「邪気乱遊戯」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
CANAAN【1】 [Blu-ray]クチコミを見る 初回の放送では強烈に引き付けられるものがあった。視聴者の間でも概ね評判は良好でしたが、ストーリーが良く分からないとの不満も結構見受けられました。まあ、序盤なので分からなくても当然なのですが、今後はどう我々の興味を惹きつ...... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 12時05分

» [アニメ]CANAAN #02 [Vanishing Point-バニシング・ポイント-]
CANAAN 公式サイト 『邪気乱遊戯』 脚本:岡田麿里 演出:浅井義之 絵コンテ:安藤真裕 作画監督:吉田優子 CIAの手から逃れたアルファルド(坂本真綾)。彼女が率いる組織“蛇”と、カナン(沢城みゆき)の因縁とは。 ■天敵 リャン(田中理恵)とカミングズ(大川透)が向... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 13時08分

» CANAAN 第2話「邪気乱遊戯」 [アニメレビューCrossChannel.jp]
シリーズ構成・脚本が岡田麿里と聞いたときには、P.A. Worksの前作「true tears」つながりか、「Fate/stay night」の脚本でTYPE-MOONつながりかと思っていた。アクションシーンが多いはずの「CANAAN」では大丈夫かと心配したが、それは失礼だったようだ。 この第2話はカーチェイスやバトルアクションの連続だが、そこはお得意の安藤真裕コンテと作画が前に出て頑張っている。シナリオは、複数の組織と人間関係を第2話にして把握できるまでに作り込んでいることが目立つ。発端の過去の... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 14時09分

» CANAAN 第2話「邪気乱遊戯」 [White wing]
このアニメはアクションシーンが見所なんだろうね。 冒頭のリャン・チーがCIAに捕まっているアルファルドを救い出すシーンや御法川と大沢マリアが爺さんに命を奪われそうになって、タクシーで逃げるシーンに爺とカナンの走行中のバスの屋根でのアクション。堪んないねえーっ楽しませてもらいました。... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 15時59分

» CANAAN(カナン) 第2話 「邪気乱遊戯」 感想 [コツコツ一直線]
 最初からどんどんアクションを見せてくれたこの作品。2話目も出し惜しみなく、アクションシーン満載で圧倒されました。これで話が盛り上がればもう言うことなしなんですが…。 [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 21時22分

» CANAAN 第2話 邪気乱遊技 [Time of bliss - ゲーム・アニメ音楽関連イベントの記録]
CANAAN 第2話 邪気乱遊技 正直、微妙。 作画は凄いのだけど、中身がないか... [続きを読む]

受信: 2009年7月12日 (日) 23時19分

» CANAAN 2話「邪気乱遊戯」 [ワルキューレBlog]
CANAAN 2話「邪気乱遊戯」の感想 [続きを読む]

受信: 2009年7月13日 (月) 22時50分

« 狼と香辛料Ⅱ第1話感想 | トップページ | うみものがたり第3話感想 »