« 鋼の錬金術師第14話感想 | トップページ | かなめも第1話感想 »

2009年7月 6日 (月)

咲-Saki-第14話感想

#14「存在」

加治木ゆみGL東横桃子。鶴賀に新たなカップリングが誕生っす。あ、口調がうつってしまった。
つか、私も「っす」ってよく使うからなあ。桃子と同じっすね。
そうか、私もステルスだったのか…。(ノ∀`)

透華お嬢さま、半荘オーラスで、ようやく和に一矢報いました。親の倍満でパーフェクト阻止です。
どうでもいいけど、バーチャルワールドでのスタンド対決、透華さんムダに力が入り過ぎ。こっちに力を使いすぎるから、リアルで勝てんのと違いますかね?
透華アバターの投じたロンギヌスの槍が、ついにのどっちのATフィールドを撃ち抜いた!地上に堕ちるのどっち。
(あ、この辺、ピッコロさんの記述の真似っすね。申し訳ないっす♪)

副将戦になって、一人一エピソードになっております。
今回、鶴賀のステルスさんこと東横桃子さんの回ですが、何気にイイお話でした。
幼い頃から、空気のように存在感のなかった彼女。いつか、それで構わないと思うようになった。完全なるコミュニケーションの消失。
以来、彼女はみんなの前から姿を消した。
それでも、校内ローカルネットワークから麻雀部のチャットに参加したのは、何かつながりが欲しかったんでしょうね。
(しかし、この近未来世界って、本当に麻雀中心に世界が回ってるんですね…)
チャット麻雀を通じて、打ち筋と性格のよさに惚れこんだ加治木部長。
IPアドレスからステルスさんのいるクラスを特定し、単身乗り込んでいく。
『あなたたちには、わたしは見えない』
必死で探すゆみですが、じっさい、姿がまったく見えないのです。ついに、みんなのいる前で、勇敢にも叫びます。
「私は、きみが欲しい!!」
世界の中心でアイを叫んだ!!(ノ∀`)
その瞬間、桃子の心がふるえました!
それは、エヴァのシンジくんがテレ版最終話で感じたのと同じ、心のふるえだったのでしょうね。
ゆみの前に、姿を現した桃子ちゃんです。
『たった一人だけでいい。私を見てくれる人が、たった一人だけいてくれれば…』
こうして、ステルス桃が生れたのです。
人間離れしてることにかけては、衣より誰より最強なんですけどね。

東横桃子さんの中の人は、斎藤桃ちゃん。ソルティレイ好きでした♪
そして、カツ丼さんこと藤田プロの中の人がますみん。ついつい、ソルティレイディオを思い出してしまいましたよ。
「桃ちゃんは、やればできるコ。やればできるコ…」
何をやらせてもダメダメな桃ちゃんに、呪文のように必死に暗示をかけていたますみんが懐かしいっす。

次回「魔物」

|

« 鋼の錬金術師第14話感想 | トップページ | かなめも第1話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 咲-Saki-第14話感想:

» 咲-Saki- 第14話「存在」 [よう来なさった!]
ようやくステルス桃ちゃん登場。このキャラが登場するのを楽しみにしてこれまで視聴してきた、とううのは過言だけどw 一番好きなキャラですからね、楽しみにしていたのは本当です。 [続きを読む]

受信: 2009年7月 6日 (月) 23時27分

» 咲 -Saki- 第14局 「存在」 [つれづれ]
 存在感がないなんてレベルではありませんね。消えるって…。これが本当の幽霊部員? [続きを読む]

受信: 2009年7月 7日 (火) 00時05分

» 咲-Saki- 第十四話 [ぶろーくん・こんぱす]
 目立つためなら自らのスタイルも捨てる。その変幻自在ぶりが透華の強み…というか目 [続きを読む]

受信: 2009年7月 7日 (火) 00時09分

» 咲-saki- 第14話 [まぐ風呂]
[関連リンク]http://www.saki-anime.com/第14話 存在覚醒した和…いやのどっちそして半荘中、和以外誰も上がれていない果たしてこのまま終了してしまうのか。パーフェクト一歩手前しかしオー... [続きを読む]

受信: 2009年7月 7日 (火) 00時21分

» 咲 -saki- 第14話「存在」 [ミナモノカガミ]
気配のない少女。 [続きを読む]

受信: 2009年7月 7日 (火) 01時04分

» 咲 -Saki- 第14局『存在』 [風庫~カゼクラ~]
微熱でエンジェルモードへ突入した和と 怒りでデビルモードに入った透華による後半戦。 個人的には以前、意味深に副将と大将の実力を示唆してた敦賀が そろそろナニカしてくれそうで楽しみだった、咲『存在』。 まさかそんなキャラだったなんて…! 咲-Saki- 2 初回限定版 [D..... [続きを読む]

受信: 2009年7月 7日 (火) 01時20分

» (アニメ感想) 咲 -Saki- 第14話 「存在」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
咲-Saki- 1 初回限定版 [DVD]クチコミを見る 和は、堅実な和了りを積み重ねて着実にポイントを稼ぐ。そんな和の快進撃に、龍門渕透華が立ちはだかる。高得点の和了りで和のパーフェクトゲームを阻止した透華は、このまま波に乗って連荘を目指すそうとするのだが……。 *....... [続きを読む]

受信: 2009年7月 7日 (火) 05時49分

» 咲-Saki- 第14話「存在」 [アニメレビューCrossChannel.jp]
県大会副将戦、前半戦のオーラスでトップを取った透華に主役が移ったのもつかの間、今まで気配を消していた鶴賀の副将ステルスモモが見せ場(透華には見えていないけれど)をさらった「咲-Saki-」第14話。いつもながら打ち手のペースにシンクロするように、キャラクターの魅力を引き出すタイミングを誤らない浦畑達彦のシナリオ。 アクタスのグロス回の割には抑えめな演出だと思うが、たったこれだけの尺で敦賀の東横桃子と加治木ゆみの出会い回想から書き起こして、その信頼関係を力に戦う桃子の心情にまで、良く描けたと思う。他... [続きを読む]

受信: 2009年7月 7日 (火) 21時24分

» 咲-Saki- 第14局「存在」 [気ままに日日の糧]
「私は君が欲しい!!」  今回良かった~。桃子の想いにもう涙が止まらなくて…。誰 [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 00時17分

» 咲‐Saki- 第14話「存在」 [明善的な見方]
ついに、原作でも大人気のステルスモモが初お目見え! まぁ、今までもところどころに出てましたけどねw [続きを読む]

受信: 2009年7月 8日 (水) 07時37分

» 咲 -saki- 第14話 [更級の絵巻日記]
「存在」を見ました。 幽霊部員の桃子の登場です(笑) [続きを読む]

受信: 2009年7月 9日 (木) 20時38分

« 鋼の錬金術師第14話感想 | トップページ | かなめも第1話感想 »