« けいおん第1話感想 | トップページ | 鋼の錬金術師第1話感想 »

2009年4月 4日 (土)

地獄少女三鼎第26話(最終話)感想

#26「魂の軌跡」

「あなたは、あたしなのよ」
「あいには彼氏がいたんだね。それだけちょっぴりうらやましいな…。ありがとう」
「ゆずき…」
ゆずき成仏。

・゚・(つД`)・゚・

くちづけであいの記憶がゆずきに流れ込みました。
あいの怨みが、伝わったのです。
あなたはあたし。
その意味が理解できたとき、ゆずきの不幸な魂はやっと解放され、旅立ちました。

断片的な感想をちょっぴり。
●地獄少女ゆずきの丁寧語が初々しくてよかった。新入社員みたいで。
●きくりの蜘蛛変身、物体Xみたいで怖かった…。
●怖いといえば、ゆずきが消えていくシーン。最後に首だけを捧げ持っているところが何ともホラーでした。
かなり以前のアニメですが、「吸血姫美夕」の最終話を思い出してしまいました。

それでは本編感想です。
ターゲット真山梓の依頼者は、秋恵の父でした。
失踪した娘を探して、仕事も辞め、ついには柴田一の著書にまでたどり着き、そして知ったのです。
梓が娘を流したことを。
怨み骨髄の彼は、流されるところを見てやるんだと梓のアパートへ。
そうよ、そうするのよと微笑む地獄少女ゆずき。
しかし突然、藁人形を返すと言い出します。
高杉は、病床の父を介護する梓の姿を目撃してしまった。
親を思う娘の心に変わりはありません。怨みの心も消えてしまったのでしょう。
収まらないのはゆずき。

梓の背後に、そっと立ちました。
何の罪もないのに流された秋恵の代りに、地獄少女自ら流すつもり満々です。
邪悪な表情で、あの言葉を告げます。
「いっぺん、死んでみる?」
こんな使い方があったとは――。
ところが!
梓と思ったのは秋恵でした。上司である閻魔蜘蛛の罠だったのです。
「地獄少女に心は要らない。おまえには地獄に落ちてもらう」
ボンデージされたゆずきを救いに登場した藁たち。
さすがに、新米ゆずきの攻撃には動じなかったけど、山童パワーにはたじろいだ閻魔蜘蛛です。はっきり言って弱いです。
無能な上司再び。1期ではあいちゃんにも完敗でしたしね。

ヒガンバナの咲き乱れる夜の野に、ゆずきは逃れてきました。
辺りには、死のにおいが立ち込めています。
鳥居から、追ってきた閻魔蜘蛛が現れて。ゆずきを庇うあいちゃん。
「裁きは、あたしが受けるわ」
「もう二度と解放されることはない。それでもよいのだな、あい」
あいちゃん、永世地獄少女に昇格です。('A`|||)
そしてゆずき消滅。

石段を昇っていくと、藁たちのお出迎えが。
「ばかだよ、あんたって子は」
「本当だ。せっかく楽になれたっていうのに」
藁たちも、実は嬉しそうです。きくり以外は。

こ、これは4期がありますな?
はじめちゃんの運命も明かされませんでしたし。つぐみの問題は先送りですし。

三鼎の結末は、空港。
のこのこ戻ってきた辻乃橋の馬鹿息子に近づく女。真山梓ですね?
梓が看病していた父は、亡くなったようです。
刺した瞬間、彼女の姿は消滅。
秋恵を可愛がっていたお手伝いさんが、梓を流したのです。
驚き騒ぐ通行者たち。無言のまま通り過ぎ、振り返るあいちゃん。

end

最後のおまけSSを。

「バカあい、次はきくりでいいじゃないか!」(つかきくりって蜘蛛だしwww)
「あなたじゃ集客できないのよ。お色気がなさすぎるから」
あいにはあるのか!?
「いっぺん、てみる?

(///∇///)

|

« けいおん第1話感想 | トップページ | 鋼の錬金術師第1話感想 »

コメント

こんばんは、ご無沙汰してます。
とうとう終わってしまいましたね、三鼎。サンレッドも終わってしまったし、なんだか淋しいなあと思いつつ、気分は明日から放映のハガレンに向かっておりますw

「あなたは見てただけ」あいちゃんの言葉にどきっとしました。長い人生、いろんな場面に遭遇してきましたが、他人のために一体何をしてきただろうとちょっとナーバスになっちゃった自分がいます。
見ることも出来ない臆病な人間にだけはなりたくないと思ってますが、そううまくもいかないのが人生の奥深いところであります・・・w
地獄少女のスタッフって、みんな人が良いんだろうなあ、と、何となく思ってしまいました。
4期、もちろん希望です(*^_^*)

ところでゲーム、やってますか?
携帯版ロマサガ、面白いですよ~。WS版と同じらしいですけどね。

投稿: nekochigura | 2009年4月 4日 (土) 22時23分

nekochiguraさん、ようこそ!
>とうとう終わってしまいましたね、三鼎
そうですね~。
終った、何もかも…(ふ、古いかな)という気分です。
気を取り直してエドとアルに期待しまーす。
>「あなたは見てただけ」
見ているだけなら何もしないのと同じ、と告発されているみたいで、怖かったですね。
ラノベ出身の直木賞作家、桜庭一樹の「少女には向かない職業」「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」を立て続けに読み、同じ告発をされているような衝撃を受けたばかりです。
何をすればいいのだろう?考えさせられる経験でした。
>4期、もちろん希望です
三鼎のあの終わり方だと、あると思います!な気がしますね。こちらも期待したいところです。
>携帯版ロマサガ、面白いですよ~
あ、いいですね♪
残念なことにWS版も知らないのですが、スーファミ版やPS版とも違うのでしょうか?

投稿: SIGERU | 2009年4月 5日 (日) 17時18分

4期希望!

投稿: あい | 2012年5月28日 (月) 10時10分

私も、本気で期待してますw

投稿: SIGERU | 2012年5月28日 (月) 23時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地獄少女三鼎第26話(最終話)感想:

» 地獄少女 三鼎 第26話「魂の軌跡」最終回 [White wing]
最終話は、地獄少女閻魔あいのゆずきへの慈愛を感じたストーリーでした。 [続きを読む]

受信: 2009年4月 4日 (土) 20時42分

» 地獄少女 三鼎 第二十六話 [ぶろーくん・こんぱす]
 ゆずきの初仕事のターゲットは秋恵を流した真山梓。自らも恨みのあるゆずきは初の地 [続きを読む]

受信: 2009年4月 4日 (土) 21時40分

» 地獄少女三鼎26話「魂の軌跡」 [水晶の夜 〜KRISTALL NACHT〜]
 26話「魂の軌跡」。  地獄少女となった御影ゆずき。  閻魔あいの仲間の中で唯一残った輪入道と、案内人である元クラスメイトの秋恵と3人で受けた初仕事は、秋恵を地獄に流した張本人である女を地獄へ流すことだった。  依頼人はもちろん秋恵の父親。  秋恵の父はもと警察署署長。以前、タクシーの運転手と、ある有力者の息子との喧嘩をもみ消してしまったことがある。その喧嘩がもとで父親を寝たきりにされた真山梓という女が、秋恵の父を苦しめようとして娘である秋恵を地獄へ流してしまったが、秋恵が人生のすべてだったとい... [続きを読む]

受信: 2009年4月 4日 (土) 22時03分

» 地獄少女 三鼎 最終話『魂の軌跡』感想 [アニメ大王イカ]
地獄少女 三鼎 五 [DVD] 地獄少女 三鼎 オリジナルサウンドトラック~草喰~ 地獄少女 朱蘰 とうとう地獄少女も最終回です。 先週とうとう地獄少女になってしまったゆずき。最初のターゲットは梓。秋恵を流した張本人です。 ネタバレがあるので以下は続きで... [続きを読む]

受信: 2009年4月 5日 (日) 15時56分

» 地獄少女 三鼎 第二十六話 魂の軌跡 [Time of bliss - ゲーム・アニメ音楽関連イベントの記録]
地獄少女 三鼎 第二十六話 魂の軌跡 金巻脚本。 作監・原画:岡真里子。 演出:... [続きを読む]

受信: 2009年4月 5日 (日) 19時00分

» 地獄少女 三鼎(みつがなえ) 第26話「魂の軌跡」 [無限回廊幻想記譚]
閻魔あいに変わって“地獄少女”となった御景ゆずき。その最初に依頼人は高杉憲久。ターゲットは真山梓。かつてゆずきの親友であった高杉秋恵を地獄へと流した女性。最初の依頼人とターゲットがこの2人という因果。かつてタクシードライバーと酔っぱらいが喧嘩して、タクシードラ... [続きを読む]

受信: 2009年4月 6日 (月) 00時19分

» アニメ地獄少女三鼎(みつがなえ)第26話 「魂の軌跡」 [獄ツナBlog5927]
アニメ,地獄少女の感想です。 [続きを読む]

受信: 2009年4月 8日 (水) 23時56分

» 地獄少女ゆずきの最初の『仕事』の結末はいかに??そして、あいの... [シュージローのマイルーム2号店ミラー版]
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!! このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!! できれば、ブログ下にあ...... [続きを読む]

受信: 2009年4月10日 (金) 01時45分

« けいおん第1話感想 | トップページ | 鋼の錬金術師第1話感想 »