« ファントム第2話感想 | トップページ | 黒神第14話感想 »

2009年4月12日 (日)

黒神第12話/13話感想

#12「激闘」

時期を完全に逸してしまったというかもう次回放映済なので、簡単感想失礼します。黒神はまだまだ続きますしね。

クロのメガエグゼも、慶太のサウザンドとの連携攻撃も、黎真に軽くあしらわれている感じです。
彼はまだシンクロすらしていないんですよ?どんだけ強いんですか。

あわやというところに、エクセルとシュタイナーたちが援軍に駆けつけます。
シュタイナーと黎真の一騎打ち。

ヘキサウォールも無敵ではありませんでした。
黎真の猛烈な連続攻撃で、突破されてしまいます。

最後の力を振り絞り、スタンピードでエクセルを外へ運び出した。
本体は、最高の敵だった黎真にエールを送り、息を引き取ります。
「私を置いていくな、シュタイナー!」
シュタイナーの死とともに、エクセルも契約者として無力化されてしまうのでしょうか。
あまりに勿体ないです。難しいかもしれないけど、新しい元神霊を見つけてほしい…。

蔵木が登場。
沖縄にマスタールートを集合させることで異常に高密度化したテラにより、ブラックホールを入口とする、別次元につながるワームホールが発生。
黎真は、雷吼のイクシードに貫かれ、そのままワームホールに吸い込まれる。
ワームホールは一方通行、戻ることが不可能なので、黎真はどうなってしまったのか。
事実上の2期に受け継がれました。

#13「インターミッション」

タイトルどおりの『幕間』すなわち総集編でした。
黎真との闘いから、物語は半年後に進みます。

次回「新世界」
新世界ゆうたら、大阪でもコテコテの街やん。串カツづぼらや日吉食堂…
(ノ∀`)

|

« ファントム第2話感想 | トップページ | 黒神第14話感想 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒神第12話/13話感想:

« ファントム第2話感想 | トップページ | 黒神第14話感想 »