« 黒神第10話感想 | トップページ | WHITE ALBUM第11話感想 »

2009年3月15日 (日)

地獄少女三鼎第23話感想

#23「日暮れ坂」

水原文男(阪口大助)お坊ちゃまくん
松田友秀(間島淳司)元球児のいじめっ子
松田涼美(あおきさやか)牛娘!?

阪口大助サンでしたか。
いや~彰@WHITE ALBUMというかウッソ・エヴィン@Vガンダムということで。
被害者声がよく似合ってます♪さすがです。

優等生だが気の弱いお坊ちゃまくんの水原文男は、松田友秀ら三人組のいじめに遭っています。
特に、リーダー格の友秀は、憎しみを隠そうとしません。
「俺たちから逃げられると思うなよ。卒業しようが他の町に行こうが関係ねえ。俺はお前を逃がさねえ。絶対に、逃がさねえからな!」
どうしてボクなんだよ!?ベッドで泣く文男は、早くも地獄通信にアクセス。
夕暮れの里で、あいちゃんとご対面です。
さっそく糸を解こうとしますが、人を呪わば穴二つ、あなたの魂も地獄に落ちると宣言されて、必死で抗弁してますよ?
「なんでボクまで地獄に落ちなきゃいけないんだよ。悪いのはあいつじゃないか。ボクは何もしてないのに。人を呪わば穴二つ?意味わかんないよ。どうしてボクばっかりこんな目にあうんだ!」
静かに諭すお嬢。
本当に、あなたは誰も傷つけていないの?
ゆずきにも、似たことを言ってましたね…。

貧しい平屋に帰った友秀。ちょこちょこ起きてきたのは、牛娘?
友秀の幼い妹、涼美ちゃんのコスプレでした♪
母親や兄のために、サンドイッチを拵えてあげる健気な妹と、優しい兄との会話。ここは、なごむところです。
父親がいなくて、母親が働いている。だから、家事一切を自分がやると言う涼美。
大好きな兄に、高校で野球をがんばってほしいというのです。
友秀は、かつて野球の強い学校を目指していた。それが徳栄学園。文男が、楽々と推薦で受かった学校です。
妹の心遣いが充分分った上で、俺は働く方が性に合ってんだよと強がる友秀。兄妹の情愛が伝わってくるやり取りですね。
「兄ちゃん、父さんどんな人だった?優しい人だった?」
「あ、ああ」
「どうして、涼美たちをおいて、どこかへ行っちゃったんだろうね」
何かを隠そうとする友秀。それは胸の…。
父親を流したのか…。('A`|||)

受験が終って、ゆずきたちが集まったファミレスで。
三藁たちがバイトしてます。学校の先生やりながら、いろいろ大変ですね。つか、ゆずき以外にはホントに気づかれないんですね。
骨女が、不思議がってます。
「お嬢が、新しい地獄少女を育てると思う?」
きくり乱入。
「負けないからな!あいの次はきくりなんだからな!」
いや地獄少女ライバル宣言なんかされても。(ノ∀`)

友秀は、文男から取り上げたカメラを返しに来ました。もともと中学球児の彼、悪い子じゃないのです。
文男は、お祝いの食事に出かけるところでした。
何を食べたいの?と母親。
「わかんない。ママ決めてよ」
(こいつは…)t)`Д°)・;'
父親に、高校で何をしたいのか聞かれると。
「別に、高校なんて大学のつなぎだし」
立ち聞きしていた友秀の表情が怒りに歪みました。

再び、友秀ら三人組に囲まれた文男。
「これ、あげるから…」
高価な腕時計を差し出し、許しを乞います。その卑屈な態度は、友秀をさらに激昂させて。
鉄パイプを拾って、殴りかかりましたよ!?
「なぜ、なぜボクをいじめるのさ」
「自分の胸に聞いてみな!」
「わかんない、わかんないよ!何か悪いことした?」
「うるせえ!!」
文男の手に藁人形が握られた!
「なぜいじめるの?ボクが憎いの?ボクもキミが憎い!」
「そうか。お前もか。お前もそうか」
にやりと笑う友秀。こいつも、自分と同じだ。父親を流した自分と。
「面白れえ。いいぜ、やれよ。地獄へ流せよ。それで気がすむんだったら、いくらでも流されてやるぜ。さあ、流せよ。流せ!」
怯えた文男は、ためらいます。
「そんな度胸もねえくせに!」
鉄パイプ片手に迫る友秀。
「だが、覚えとけ。俺を流したって、てめえの人生は何も変わりゃしねえんだ。幸せになんてなれねえのさ。絶対にな!!」
襲いかかった瞬間、糸が解かれて友秀消滅。
へたり込む文男。その胸には刻印が。逃げ出す仲間たち。

コント抜きの地獄流しです。友秀が、妹に詫びています。
「ごめんな、涼美…」

教室では、パニックが始まりかけています。友秀の仲間たちが叫んでいるのです。
行方不明の友秀は地獄に流された!おまえも、おまえも、地獄へ流すつもりなんだろう?
ラブリーヒルズ再び?でも話数が足りないか。

街には、地獄流しの依頼者たちが溢れています。北山明、湯川猛、諸星綺羅、愛犬を連れたみおい、コックリさんの稲生楓…。
ゆずきの前に、あいが現れました。
「まだ、逃げるつもり?」
「普通に生きたいの!地獄少女になんか、絶対ならないんだから!」
お嬢の冷徹な一言。
「でも、あなたは私を憎んでいる。あなたは、私を地獄へ流したいんでしょ?
愕然と立ちすくむゆずき。
市営住宅まで駆け戻る。すれ違ったおばさんのリアクションがとても微妙。
「ん?あの子…」

ゆずきの部屋は、いつの間にか荒廃していました。まるで、何年も何年も経っているかのように。

ゆずきがあいを流すという選択肢が出てきました!
お嬢を消滅させ、その存在を乗り越えるのが、地獄少女継承に不可欠な儀式ということなのか?
そのために、あいは実体を得たのでしょうか?

次回「蜉蝣」
#24は「ゆずき」、#25最終話は「魂の軌跡」が予定されているようですね。

|

« 黒神第10話感想 | トップページ | WHITE ALBUM第11話感想 »

コメント

SIGERUさん、お邪魔します。
阪口大助さんというとミンサガのエルマンを思い出してしまいますw
そっか、同じ声だったんか、お坊ちゃん。
そう考えるとなんだか笑いがこみあげてくるw

続きがとても気になります~。早く土曜日にならないかなあ。24話と25話のタイトルから推察すると、SIGERUさんのヨミは当たってるかもしれませんね。

聖剣伝説4、進んでますか?
私も久しぶりにRPGやりたくなって、ラストレムナントのPC版体験版をダウンロードしようとしたのですが、重すぎて1日やってもデータが半分も来ないので泣く泣く諦めました。
ところでロマサガiモード版が出てますね。私はドコモじゃないので出来ませんが、Yahoo! ケータイ版が18日からなのでちょっと興味をそそられてます。ではまたお会いしましょう(^^)/

投稿: nekochigura | 2009年3月15日 (日) 20時21分

nekochiguraさん、ようこそ!
>ミンサガのエルマンを思い出してしまいます
そうでしたね!気がつきませんでした。
エルマンと文男の共通項は、ヘタレでしょうか。確かに笑えます。
>SIGERUさんのヨミは当たってるかもしれませんね
いや~もっともらしい説をとなえて外れるのには慣れてます。(笑)
でも、上手く読みを外してほしいという気持ちもあります。
ポイントは、やはりゆずきの正体でしょうね。次回が待ち遠しいです。
>聖剣伝説4、進んでますか?
休日はブログ記事にかまけてしまったため、ゆっくりゆっくり、です。
そのうち火がつくかもしれません。いったん発火すると、一日中でもプレイしちゃうヒトなもので…。
>ロマサガiモード版が出てますね
あ、そうなんですか!ちょっと覗いてみようかな。情報ありがとうございます♪
アンサガも、そのうち識者の皆さんにおすがりする時が来るかもしれません。
その折には、どうぞヨロシクです。

投稿: SIGERU | 2009年3月15日 (日) 22時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地獄少女三鼎第23話感想:

» 地獄少女 三鼎 第23話「日暮れ坂」 [よう来なさった!]
「今、あなたは私を憎んでる・・・・・・あなた、私を地獄へ流したいんでしょ」あいちゃんはゆずきに自身を地獄へと流させる為に、わざわざ地獄から舞い戻り肉体を得たと言うことですか!? まあそう普通に考えれば、ゆずきが地獄少女閻魔あいを地獄へと流す展開を予想する....... [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 14時04分

» 23話「日暮れ坂」 [水晶の夜 〜KRISTALL NACHT〜]
 23話「日暮れ坂」。  いよいよ物語は佳境に!?  男子3人組にいじめられてる様子の水原。  くしゃくしゃに丸めた紙をぶつけられたり3人から1000円ずつ巻き上げられたり・・・。  弱々しげな感じが女子生徒のようで、かわいそうに見える。  しかしクラスメイトたちは見て見ぬふりを決め込んでいる。ゆずきさえ一生懸命なにやら書き物に熱中して鈴の音から気を紛らしてる様子。  そんな中、先生に職員室に呼ばれ、推薦でみんなより一足先に高校が決まった旨が伝えられる水原。その手首には、高級腕時計(ロレックス!... [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 14時24分

» 「地獄少女三鼎」第23話 [日々“是”精進!]
   第23話「日暮れ坂」ゆずきと同じクラスの水原文男は、同級生の松田友秀をはじめとする数人の男子生徒たちから、毎日のように執拗ないじめに遭っていた。そんな中、彼はほかの受験生たちに先駆けて、私立高校への推薦入学を決める。遠方にあるこの高校へ入れば、い...... [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 14時46分

» 地獄少女 三鼎 第23話 [更級の絵巻日記]
「日暮れ坂」を観ました。 ゆずきが受験しました。 高校に行くのか、それとも地獄少女になるのかな!? [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 15時19分

» 地獄少女 三鼎 第23話「日暮れ坂」 [White wing]
ファミレスでのキクリの行動には笑っちゃったなーっ。何がなんでも次の地獄少女になるのは自分であって、ゆずきを認めたくないんだね。 [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 15時30分

» 地獄少女三鼎 第23話「日暮れ坂」 [のらりんクロッキー]
ドロドロになってまいりました… 単なるいじめられっ子の恨み話になっていないのが今回のミソ。 実はいじめる側も恨みを抱いていたというのが徐々にわかってくる。 どちらも表の顔と裏の顔があるのも興味深いところ。 学校ではいじめられるも、家庭では元気、裕福な家庭の... [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 15時58分

» 地獄少女 三鼎・第23話 [新・たこの感想文]
「日暮れ坂」 地獄少女になりたくない。普通に生きたい。余裕を失いつつあるゆずき。そんな中、彼女のクラスの中では、いじめが… 今期、... [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 16時34分

» 地獄少女 三鼎(みつがなえ) 第23話「日暮れ坂」 [無限回廊幻想記譚]
イジメ、格好悪い。水原文男を苛める松田友秀とその仲間。クラスのみんなは見て見ぬふりです。地獄少女になりたくない御景ゆずきは、地獄通信と関わる事自体を拒否。親父からの誕生日プレゼントだからと言って、高価な腕時計をつけてくるというのはどうかと思う。父親がいないとか... [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 16時40分

» 地獄少女 三鼎(みつがなえ) 第23話「日暮れ坂」 [無限回廊幻想記譚 別宅]
イジメ、格好悪い。 水原文男を苛める松田友秀とその仲間。 クラスのみんなは見て見 [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 16時43分

» 地獄少女 三鼎 第二十三話 [ぶろーくん・こんぱす]
 ゆずきはつぐみに自分は地獄少女にはならないとぶちまけるが、つぐみはまるで無反応 [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 18時24分

» 地獄少女 三鼎 第二十三話 日暮れ坂 [極上生徒街-Anamorfosi-]
いじめられっ子が地獄通信にアクセスするこれがある意味普通な展開なんだけどいじめっ子の方は、既に経験者で無意味なことを知ってる様ですね親父を流したことで苦労して夢まで破れてしまったようだし加茂歯科w&n...... [続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 19時01分

» ブライトリングの時計 [ブライトリングの時計]
ちゅーぶら!!3巻発売!/世界の…果てまでェー!/[続きを読む]

受信: 2009年3月15日 (日) 23時23分

» アニメ地獄少女三鼎(みつがなえ)第23話 「日暮れ坂」 [獄ツナBlog5927]
アニメ,地獄少女の感想です。 [続きを読む]

受信: 2009年3月18日 (水) 15時16分

» あとさき考えてなんかいられない「地獄少女〜三鼎〜」 [Animeinmylife3号店]
これは邪道。というより反則です。 結局邪魔者だったのは幼女とお友達になれる機会を奪っていた勘違い兄貴だったってコトでしょうか。 兄貴は妹を護ることだけに専念すればいいものを、男の色香に気を移したのが運の尽き。 こんな愛くるしい妹と末永く暮らせる...... [続きを読む]

受信: 2009年3月29日 (日) 21時53分

« 黒神第10話感想 | トップページ | WHITE ALBUM第11話感想 »