« 喰霊-零第12話(最終話)感想 | トップページ | かんなぎ第13話(最終話)感想 »

2008年12月27日 (土)

とらドラ!第13話感想

とらドラ!#13「大橋高校文化祭【後編】」

『また一緒に暮らすってのもナシってことで。お姫さまに謝っておいてください、ヨロシクね♪』
Σ(゚Д゚;

そう来たか!!
来る来るとは思ってたけど、やるもんだ陸郎パパ。まさに予想通りです。

私はパパ世代ですが、この父親には同情できません。
大河に問題が全くないとまでは言わないけど、やはり原因は父親でしょう。
娘との関係修復を図るやり方がヘンなのも、言っちゃえば完全な自己満足、利己的な動機だからです。
子どもは、親のそういう態度は敏感に見抜くものですよ?
話は飛びますが、DVの親でさえ、たまに子を可愛がるときがあります。ただし、真っ当な動機からではありません。
一つには、自分の所有物だと錯覚しているから。子を虐めていいのは自分だけだと思っているし、気まぐれに可愛がりもします。
もう一つは、アメとムチ。彼らは、意識せずともその効果をよく知っています。
暴力と懐柔を使い分けられることにより、殴られるのは自分が悪いせいだと子どもは思い込まされてしまう。
その結果、必死で親に媚び、偽りでもいいから愛情を得ようとする。
虐めじゃないの?と人に聞かれても『そんなことない。僕は(私は)虐められてない』と、DV親を庇おうとまでします。
こうして、他人が介入しづらいDV家庭が出来上がってしまうのです。怖ろしいことです。
その意味で、みのりの言葉がとても気になりました。
「大河はお父さんを悪く思われたくないんだよ。1年前のあの日から、家のこと何も話してくれない。あたしには」
典型的なパターンです。危ないです。
でも、大河には父親と距離を置くだけの自制心と自覚があります。それが救いかもしれません。
「そんなに心配しなくてもいいよ。私のことばかり気にしないで。大丈夫、私は一人で立ち上がれるから。一人で生きていけるから」
健気なだけに、むしろ泣けちゃうんですけどね…。・゚・(つД`)・゚・

ただし、みのりんの反応が極端かなという気はしました。大河への愛情というだけでは説明がつきにくいのは確かです。
竜児にファザコンがあったように、みのりんにもコンプレックスとか何かあるのでしょうか。

………………

アニメレビューで児童保護を語ってどうする自分。(*・∀・)つ☆( )3`)
でもまあ、イベント的面白さと家族問題のシリアスさがうまく描き分けられていて、よかったです文化祭編。
前半のヤマにふさわしいエピソードでした。

ミスコン→福男レース→ダンスで、綺麗に締めくくられた大橋高校文化祭。
大河と竜児メインなので、亜美ちゃん少なめ回だったけど、あの網タイツはちょっとボッキものでしたね。
福男レースでの竜児の爆走と、みのりんの劇画ちっくなフォローも圧巻でした。
「死なばもろとも!」
このアタック、ちょっといいかも。喰らってみたいです。
「高須くん、行ってくれ!大河のために行ってくれ!誰よりも先に、私より先に!!」
まさに、友情に向かって走れ!です。
ここで、竜児は引き返して彼女を助け起こし、ワンツーゴール。
海水浴編で、亜美ちゃんにも同じテで心をつかんでましたよね。
まさにホスト的超絶テク。女心をつかむイリュージョニスト。あなどれない女ったらしの竜児です。そこまで言うか。(´∀`*)b

超あやしいマリみてシーンもありました。
「私、大河のことが本当に大切なんだ。だから嫉妬しちゃったんだろうね、高須くんに。あたし、女の子の方が好きなのかな…
「え!?」
「こんな風に思っちゃうなんてさ…」
「ち、違うといいなとは思うけど」
「そうだね、あたし普通にしゃべってる」
過剰な演技で本当の自分を隠そうとするみのりんも、竜児相手なら普通に自分を語れます。竜児には、それをさせてくれるオーラがあるのです。
亜美ちゃんも、このパターンで竜児に欺された惚れたんですよね…。

次回「しあわせの手乗りタイガー」

|

« 喰霊-零第12話(最終話)感想 | トップページ | かんなぎ第13話(最終話)感想 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とらドラ!第13話感想:

» とらドラ!  第13話 『大橋高校文化祭・【後編】』 (感想) [アニメ-スキ日記]
「亜美ちゃんあみタイツw」 本性剥き出しでおいしいところを全部もっていっちゃって [続きを読む]

受信: 2008年12月27日 (土) 17時53分

» とらドラ! 第13話 大橋高校文化祭【後編】 [猫が唸る感想日記]
親父の正体が判明。つまり、親父は親子ごっこをしたかったわけです。再婚相手の気を引くために(@原作)。そんなことのために大河の心を弄んだんですよ!あのアホ親父は!大河のことはどうでもよくて、自分のことしか考えてない。自分の気が向いた時に大河を愛でて、飽きたらポイ捨て。だからこの親父嫌いなのよ・・・。... [続きを読む]

受信: 2008年12月27日 (土) 18時05分

» とらドラ! 第13話「大橋高校文化祭【後編】」 [ミナモノカガミ]
見守る二人に。 [続きを読む]

受信: 2008年12月27日 (土) 18時53分

» とらドラ! 第13話「大橋高校文化祭【後編】」 [アニメレビューCrossChannel.jp]
大河の父親と文化祭と、波乱を予感させたものの意外と平穏にまとめた「とらドラ!」第13話。ちょうど2クールの折返しの中締め。 なんだかシナリオと演出に上手く騙された気がしないでもない。心にモヤモヤは残るけれども、暗雲漂っていた前回から思えば、暗いところばかり取り上げずに前向きな気持ちで次のエピソードにつないだ。 大河父の無責任な行動は、みのりんによれば1年前にも同じことがあったと。きっと今回の竜児と同じ役割をさせられたのではないかと想像させられるが、その時の大河父への怒りを消化してこその大河と... [続きを読む]

受信: 2008年12月27日 (土) 19時02分

» とらドラ! 第13話「大橋高校文化祭【後編】」感想 [八月の鍵]
とらドラ! 第13話「大橋高校文化祭【後編】」の感想です [続きを読む]

受信: 2008年12月28日 (日) 00時59分

» フランクリンプランナー [フランクリンプランナー]
フランクリンプランナーを使い始めたときって、目標を設定したとおりにこなして行きたいし、こなさなければならないと思っていませんか? [続きを読む]

受信: 2008年12月29日 (月) 04時08分

« 喰霊-零第12話(最終話)感想 | トップページ | かんなぎ第13話(最終話)感想 »