« カオス;ヘッド 第12話 (最終話)「使命」 感想 | トップページ | 今期終了アニメ(12月終了作品)の評価 »

2008年12月29日 (月)

地獄少女三鼎第13話感想

地獄少女三鼎#13「六文燈籠」

真山 梓(柚木涼香)でぼちんDA!
高杉憲久(銀河万丈)相変わらず豪華声優陣です
柴田先生(水樹奈々)つぐみちゃ~ん♪

リアルあいちゃんが帰ってきた!
「本当にお帰りなさい、だね」(骨女)
「ごくろう、ごくろう」(きくり)
「ただいま」(あいちゃん)

これが地獄からの贈り物だったのか。ありがとう、地獄よ!ボクのために素敵なプレゼントを用意してくれたんだね。
これで、いつでもあいちゃんを触り放題です!
ずっと俺のターン(*・∀・)つ☆( )3`)

恨みの依頼人は、真山梓。
タクシー運転手の父親が、社長んちの馬鹿息子に殴られて寝たきりに。
馬鹿息子はアメリカに逃げてしまった。
行き場がない娘の憎しみは、捜査の中止を指示したという高杉警察署長に向けられる。
本当の所は分らないのですが、恨みは本物です。
家庭教師として高杉家に入り込み、奸計をめぐらせて親子の仲を引き裂こうとする。
さんざん苦しませた挙句に…と企んでいるのです。

うお!梓さん、DQN野郎に全裸の秋恵ちゃんを襲わせようとしてますよ?
一期の『昼下がりの窓』以来の濡れ場じゃないですか!しかも、今度は人妻どころかじょしちゅうがくせいです!おとめです!
いや~もうわくわくはらはらしてしまいましたよ。Σ('∀`;)

六文燈籠の夜、実体化したあいちゃんがゆずきに告げます。
「後は、自分で決めることよ」
どういうことなんでしょう?
マンションの前で待っていた秋恵。ところが、触れた途端に彼女の体は塵となって消滅。
ゆずきに何か異変が起こったのか?
いや…
梓は、確かに藁人形の糸を引いています。
でも卒塔婆は立ちませんでした。何故?

ゆずきの新たな不幸の始まりとは?いよいよ新展開です。
ラストですれ違った女性は、次回の依頼人らしいのですが。

次回「怨みの街角」

|

« カオス;ヘッド 第12話 (最終話)「使命」 感想 | トップページ | 今期終了アニメ(12月終了作品)の評価 »

コメント

こんばんは、いつもTB等でお世話になっております。
「ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人」の管理人のピッコロでございます。
記事とは関係のないコメントで大変失礼いたします。

今回も、「今期終了アニメの評価をしてみないかい?3」という企画を立ち上げましたので少し宣伝させてくださいませ。


これは、今期終了予定のアニメを、評価しようという企画でございます。ブロガーの皆様に点数で評価して頂き、その平均点を算出してみたいと思っております。
最終回まで見た、あるいは感想を書かれているという作品のうち幾つでも構いません、もしこの企画に賛同して頂けるのであれば是非参加してくださいませ。

詳しい投票方法等については以下の記事に書いておりますのでご覧ください↓

http://blog.livedoor.jp/koubow20053/archives/51166871.html


宣伝大変失礼いたしました。今後ともブログ共々どうかよろしくお願いいたします。

投稿: ピッコロ | 2008年12月30日 (火) 07時26分

ピッコロさん、こんにちは!
お誘いありがとうございます。記事アップしましたので、よろしくお願いします♪

投稿: SIGERU | 2008年12月30日 (火) 11時59分

SIGERUさん、こんばんは。
わざわざブログにご挨拶に来ていただき、ありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願い致します。

三鼎も大詰めなので、ドキドキしながら毎週観てます。
ゲームはアンサガやるつもりがロマ1のシフ編を皇帝の奇病まで進めてしまいまして、引くに引けない感じですw

ところでピッコロさんの企画、面白そうですね。
私は今期は三鼎とサンレッドとたまにケメコデラックスを観てたくらいなのでこういうのは書けないけどとても面白い企画だと思います。
ではまた来ます。
SIGERUさんも良いお年をお迎え下さい(^^)/

投稿: nekochigura | 2008年12月31日 (水) 00時43分

nekochiguraさん、ようこそ!
こちらこそ、お越しいただきありがとうございました!
体調が今ひとつとのこと、どうぞご自愛ください。
シフ編、皇帝の奇病ですか!確かにもう後には…。
その後魔の島に関連するんでしたっけ?私が行ったときには既に遅く、魔道士に逃げられてしまった記憶がw
ケメコ、何回か視聴しました。本来なら好きなタイプの作品なんですが、ノレなかったのは何故だろう。
2009年も、すぐそこですね。これから、最後の買出しに行ってきます。
良いお年を!

投稿: SIGERU | 2008年12月31日 (水) 12時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地獄少女三鼎第13話感想:

» 地獄少女 三鼎 13話「六文燈籠」 [* Happy Music *]
自分の中に地獄少女が居るという事を、親友である秋恵に言えずにいた、ゆずき。 悩みがあっても言えないってのは、キツイよなあ・・・ゆずき... [続きを読む]

受信: 2008年12月29日 (月) 18時15分

» 13話「六文燈籠」 [水晶の夜 〜KRISTALL NACHT〜]
 13話「六文燈籠」。  冒頭から貼り紙もそのままに、2話の山岡電気屋さん登場。  地獄に一番近い場所で催される六文燈籠。かつては罪人の懺悔を流す行事だった。  しかし現在では趣向をちょっと変えられ、「忘れたいもの」を燈籠にこめて流すようになった。  そんなお祭りのエピソードに、暗黒な物語が絡められる。  ゆずきの友達、秋恵の父親は警察署署長。  ある大手企業の酔っぱらいバカ息子が起こした事件をもみ消したために、真山という女に恨まれる。  なぜそんなことをしたのかはとうとう語られなかったけど... [続きを読む]

受信: 2008年12月29日 (月) 18時21分

» 『地獄少女 三鼎』 第13話 「六文燈籠」 [★一喜一遊★]
六文燈籠で忘れたいこと。 ゆずきは「地獄少女」について忘れたいんですね{/face_ase2/} だんだんと彼女と閻魔あいとの関係とかが取り上げられてきてて、 クライマックスに近づいている感じがしてきました。 地獄少女は結局彼女から出て行った…ってことでいいんですかね?? そして今回の恨みは「復讐心」からくるものでした。。。 復讐心は怖いですね。 男に襲わせたりとか…もう既に完璧に犯罪の域です{/namida/} 秋恵が地獄に流されてしまった{/face_sup/}{/n... [続きを読む]

受信: 2008年12月29日 (月) 19時38分

» 地獄少女 三鼎 第13話「六文灯籠」 [White wing]
お嬢「お帰り」のお話で、ゆずきの親友高杉秋恵が流されるお話でした。 今回の依頼人である真山梓は寝たきりの父親と薄汚いアパートで二人暮らしをしていた。 寝たきりの父親はタクシーの運転手をしていて勤務中に酔っぱらいに絡まれて喧嘩沙汰になり、運悪く植物人間状態になったが、酔っぱらいにはおとがめ無しだった。だから真山梓は何度も警察署に足を運んで調べ直して欲しいと懇願したが、取り合ってもらえず、本当かどうかは知らないが警察署長が上から圧力をかけて捜査をしないように指示を出していたらしい。その署長...... [続きを読む]

受信: 2008年12月29日 (月) 21時52分

» 地獄少女 三鼎(みつがなえ) 第13話「六文灯籠」 [無限回廊幻想記譚]
自分の中に地獄少女がいる事を悩んでいる御景ゆずき。高杉秋穂はかなり俗物な少女ですが、大切な親友だけあって結構支えになっているようです。でも、この娘もそのうちに地獄流ししそうで怖いんだけどなぁ。賽河原市は地獄に一番近い場所と言われており、江戸時代には罪人達が贖罪... [続きを読む]

受信: 2008年12月30日 (火) 03時14分

» 地獄少女三鼎 第13話「六文燈籠」 [のらりんクロッキー]
夕方5時から放送なんてとっくにどっかに吹っ飛んじゃってる地獄少女3期。 今回も衝撃シーンが目白押しです。 ゆずきの住む町が地獄に一番近い場所だったなんて… 親友の秋恵にも話すことが出来ないゆずきの悩み。 自分の中に地獄少女がいること… 秋恵の家庭教師、梓。... [続きを読む]

受信: 2008年12月30日 (火) 22時02分

» 地獄少女 三鼎 第十三話 [ぶろーくん・こんぱす]
 自分の中に地獄少女がいることを誰にも相談できないゆずき。しかし、いつも一緒にい [続きを読む]

受信: 2009年1月 1日 (木) 22時50分

» 衝撃を超えた結末!このアニメを見始めてから最強クラスのトラウ... [シュージローのマイルーム2号店ミラー版]
 こちらは、今回のマイルーム2号店の方でトラバができなかった場合及びこちらから皆様へお送りできなかった場合の代わりブログであります!!! このブログでトラバされるって事は、f2でのトラバがお送りできなかったとご理解お願いいたします!!! できれば、ブログしたに...... [続きを読む]

受信: 2009年1月15日 (木) 23時36分

« カオス;ヘッド 第12話 (最終話)「使命」 感想 | トップページ | 今期終了アニメ(12月終了作品)の評価 »