« デスノート第1話感想 | トップページ | コードギアス第1話感想 »

2006年10月 7日 (土)

009-1第1話感想

009-1(ゼロゼロナインワン)#1 「潜入者たち」

検索してみたのですが、今のところ感想記事は一つも発見できていません。
まあTBSだけの放映だし。とか負け惜しみを言ってみたり。('A`|||)
よくも悪くも、石森絵に忠実です。ファッションも原作そのまんまなので、1970年代の匂いがします。
腹をくくって、懐かしさにどっぷりと浸りつつ視聴しようと思っています。
サイボーグ009と違い、009-1は単独で行動するエピソードが多かったので、このような派手な集団戦はアニメオリジナルの工夫かもしれません。
9-7(ナインセブン)は変身能力があるとか、ちょっとニヤリとさせられましたね。
次回は「聖夜」。
原作では後半のエピソード。ミレーヌの生い立ちと、ウエストブロックに入ったきっかけを説明する回です。

|

« デスノート第1話感想 | トップページ | コードギアス第1話感想 »

コメント

どうも!SIGERUさん!今期は盛りだくさんで、視聴がついていきません。嬉しい悲鳴とはこのことでしょうか?思わず日常の優先順位を忘れてしまいそうです(笑

009−1とは「サイボーグ009」の新作ではないんですね。いえ、そのノーマークでしたので。
新作の「009」は確か2000年にエイベックスとタイアップして制作されたものは見ていました。「globe」がOPを歌っているやつです。
ですが70年代の009は未だ忘れられませんね。
OPテーマの「誰がために」は私のカラオケの18番です。同世代に「懐かしい〜!」と言われるのが嬉しくて(笑)
「吹きすさぶ風は〜よく似合う〜」で始まり「涙で渡る血の大河〜」と続き、サビは「サイボーグ戦士!誰がために戦う〜(×2)」
う〜ん!格好良すぎるぜ!

投稿: ひろし | 2006年10月 9日 (月) 02時03分

ひろしさん、ようこそ!
009-1の記事にコメントをもらえて、でっかい嬉しいです。
そう、009-1は漫画アクションに連載された大人向けスパイアクションで、ヒロインのナイン・ワンは本名ミレーヌ・ホフマンという美女なのです。
009だと思って視聴した人がいたとすれば、きっとビックリしたでしょうね。(笑)
>日常の優先順位を忘れてしまいそうです
ははは、その通りですね。連休だというのに一所懸命アニメ感想を書いてる私は、とっくに優先順位ロストかもです。
>2000年に
平成009とか呼ばれてるやつですね。ファンなので、当然視聴しました。
高い作画レベルでよみがえった009たちに、感無量でした。
何より、ヨミ編をアニメで見られたのが嬉しかったですね。
「誰がために」は人気が高いですよね。特にアニメファンでなくても、知ってる人は多いみたいです。作詞は確か石森章太郎本人だったような。
井上和彦009も大好きでしたよ。003は杉山佳寿子さんで。

投稿: SIGERU | 2006年10月 9日 (月) 10時05分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 009-1第1話感想:

» 【009-1】いちいちエロい第1話・潜入者たち Infiltrators【釈由美子】 [しげログ mk-II]
今期スタートアニメ、 蒼天の拳や銀河鉄道物語〜永遠への分岐点〜など、 ヲイラが子ども時代に観て育った作品に関連したものが多く出てきているように思うけれども、 今作009-1もその一つ。 009って言ったらやはり世... [続きを読む]

受信: 2006年10月15日 (日) 08時47分

« デスノート第1話感想 | トップページ | コードギアス第1話感想 »