« ひぐらしの鳴くころに第24話感想 | トップページ | 2006年下半期の深夜アニメ »

2006年9月29日 (金)

ひぐらしの鳴くころに第25話感想

ひぐらしの鳴くころに#25「罪滅ぼし編其の四 地球侵略」

とうとう完結しましたね!取り合えずいろいろお疲れさまでした。(´∀`*)
リアルタイムで視聴はしたのですが、最終話の感想はあらためて書きます。

ところで、以下の文章は、#25感想のために準備した放映直後(つまり最終話放映以前)のメモです。
しかし、ひぐらしがああいう形で終わりを迎えたため、感想として仕上げるのはけっこう空しい作業となってしまいました。
よって、当時のメモに手を加えず、そのままアップしたいと思います。

「鷹野さんはゾンビ」
「寄生虫は宇宙人」
「ここではない別の世界で魅音とレナを殺したんだ」

うーん…。
ゲームのマルチエンディング仕様?多元宇宙もの?ドットhack的夢落ち?
『地球侵略』というでっかい凄い副題にびびってはいたのですが、結構な超展開になっております。

次回はもう最終話。できれば避けてほしいエンディングを列記します。
夢オチ。全ては梨花ちゃん(か他の誰か)の願望が生んだ夢。
国家的謀略や細菌テロだったというオチ。すなわち国家VSオウム的狂信集団という図式によるハードサスペンス。
ほんとにパラレルワールドだったというSFオチ。
宇宙人や未来人や超能力者だったオチ。(笑)

別に、これらがいけない訳ではありません。
ただ、それぞれ先行する傑作が多い分野なので、なるべく他の結末が見たいな、と。
まあ、ひぐらしスタッフがこういうエンディングを選択するとは思えませんけどね。

次回「罪滅ぼし編其の五 リテイク」
リテイクか…。
やっぱり北村薫の路線なのでしょうか…。

|

« ひぐらしの鳴くころに第24話感想 | トップページ | 2006年下半期の深夜アニメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/12087377

この記事へのトラックバック一覧です: ひぐらしの鳴くころに第25話感想:

» ひぐらしのなく頃に 罪滅し編 其の四 「地球侵略」 [月の静寂、星の歌]
 少女は 『敵』 の手が間近に迫るのを感じ、  巨悪を倒すため、生き延びるべく身を隠した。  少女に古傷を突かれ、倒れ臥した戦士は、  その醜い傷痕を見てさえも、  決して揺らがぬ友情を示す友人たちの姿に、  己の、覚えているはずのない大罪を悟った。 ....... [続きを読む]

受信: 2006年10月 8日 (日) 19時34分

» ひぐらしのなく頃に第24話罪滅ぼし編其の四「地球侵略」 [kasumidokiの日記]
発言者:どちらも「ひぐらしのなく頃に」ゲーム未プレイ。 →宵里(鬼隠し編其の三話からアニメだけ、ぼーっと見てます)→春女(鬼隠し編其の一... [続きを読む]

受信: 2006年10月13日 (金) 21時51分

« ひぐらしの鳴くころに第24話感想 | トップページ | 2006年下半期の深夜アニメ »