« ウィッチブレイド第9話感想 | トップページ | 一週間 »

2006年6月18日 (日)

ウィッチブレイド第10話感想

ウィッチブレイド#10「交」

ナントカ財団賞を受賞したライバル局長のパーティーに、雅音をエスコートして乗り込む鷹山。
招待されたわけでもないようですが、同期の意地という奴でしょうか。

全然身なりを構わない雅音をブティックに連れて行き、あれこれ衣装を合わせます。ミュージカルのマイフェアレディみたいです。
しかし、豹柄のぴっちりドレスとかゴスロリとかネコミミとかに、一体何の意味が……。

パーティー会場で、ご馳走の山に目移りしまくりの雅音。
リコのためにお持ち帰りよとか、老給仕さんにあれこれ注文を。
デリバリーじゃあるまいしと言いたいところですが、どんな客にも慇懃さを崩さないのが一流の給仕さん。さすがです。
ライバルの切れ者局長、雅音を見るなり、
「美しい…」と一目惚れの模様。
そうそう、素材は悪くないんですよね雅音って。ただ、がさつさと口の悪さと育ちの悪さと生活能力のなささえ何とかできればってそれじゃ救いようがないか。(笑)

一方、奈月ビルでは、リコと、お嬢ことマリ子さんが料理対決。
チョーさんがリコばかり褒めるのが面白くないらしい。
リコちゃんと張り合うなんて、お若こうございますなお嬢。
お嬢というと、どうしても閻魔あいを思い出してしまいます。そう言えば、第2期の企画はどうなったのか…。

意地の張り合いが高じて、局長同士のウォッカ大飲み対決に発展。
昔見た洋画(「バレンチノ」だったかな)に、そっくりな場面がありました。
ウォッカを乾してグラスを重ねていくやり方も同じです。
飲酒対決には勝利の鷹山ですが、泥酔して夜の広場で眠り込んでしまう。
その直前に「す・き・だ」と意味深な呟きをもらしております。
ショールを掛けてやり、そのまま共に一夜を。(´∀`*)
今回はバトルなし。
鷹山と雅音の心の交流メインでしたね。ボードゲームでいえば一回休みという感じ。

…それにしても、ラストで登場したナソエフ期待の新人さんって……。
レオタードで微乳。意味不明な二色スカーフ。何やらブレイクダンスの特訓中。
これはアレですか。レイラ玲奈さんを慕って遠い国からやってきた○レイドスター候補生?
まさかして「そら、私の希望になってよ」ってやつ?('A`|||)

次回「危」。



Wi1001 Wi1002 Wi1003 Wi1004 Wi1005 Wi1006 Wi1007 Wi1008

|

« ウィッチブレイド第9話感想 | トップページ | 一週間 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィッチブレイド第10話感想:

» 若槻千夏!3年ぶり!びっくり尻だけのはずが・・・ [若槻千夏!3年ぶり!びっくり尻だけのはずが・・・]
内容を見るとΣ(鐓�Д鐓�;鐔器衆鐔�!びっくり!ミスショットなのか、Tバックのスキマから、オマンチョが・・・ [続きを読む]

受信: 2006年7月 1日 (土) 13時54分

« ウィッチブレイド第9話感想 | トップページ | 一週間 »