« FF12オールクリア!! | トップページ | ひぐらしのなく頃に第10話感想 »

2006年6月14日 (水)

涼宮ハルヒの憂鬱第11話感想

涼宮ハルヒの憂鬱#11「射手座の日」

タイトルは、コンピュータ研制作のシミュレーションゲームの名称だったんですね。
ジャケット画像の「何もかもがなつかしい」あの方に敬礼です。(笑)

懲りない部長さんは、ハルヒにかつあげされたパソコン奪回に燃えて、ゲームバトルを挑んできました。
海よりも心の広いハルヒ団長、オプションにみくるor有希をつけるわよと破格のオファー提示です。
なぜか部長さんどん引きなのですが、みくるか有希が賞品なら、本来殺し合いが起きてもおかしくありませんよ。

今週の目玉は、ハルヒ団長の催眠目線と有希の凝視目線。
団長には怪しいパワーを注入されかけ、有希には萌えともとれるパワーを感じました。

さてバトル開始です。
突撃しか知らない総司令官ハルヒのせいで、いきなり劣勢モード。
しかも、敵のヒットアンドアウェイ戦法により、ハルヒ艦隊はちくちく削られて殲滅寸前。
ところが!
有希の光速サーチにより、インチキをしていたのは相手の方だったことが判明。
全軍反転。索敵モードオンにより、反撃開始です。
有希のタイピングすげEEEEEEEEEE!!!!!!Σ(゚Д゚;
プレイ中にプログラムを書き換えるという、世界に通用する凄腕ハッカー技術キタ!(゚∀゚)
種でガンダムOSを瞬時に書き換えていたキラ・ヤマト@コーディネーターレベルといえます。
部長さんあからさまにデスラー総統。
さらにさらに「コンピュータ研に栄光あれ!」にはつくづくワロス。

戦後処理。戦勝国のハルヒは、約束どおりパソコン4台をゲットのうえ、敗戦国民を統制下に置きます。
働き次第ではSOS正式団員に取り立てるという、ありがたくないハルヒ上帝のお言葉もあったり。
キョンの思いやりにより、「有機的インターフェイス」の有希にも気晴らしが必要ということで、コンピ研にゲスト参加することになりました。
このときの、有希の凝視が何とも意味深です。キョンがそう言うのなら私…モードなのでしょうか。
ここ数回、有希の好感度が上がりっぱなしです♪

次回「ライブアライブ」。



Ha1101 Ha1102 Ha1103 Ha1104 Ha1105 Ha1106 Ha1107 Ha1108

|

« FF12オールクリア!! | トップページ | ひぐらしのなく頃に第10話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/10524642

この記事へのトラックバック一覧です: 涼宮ハルヒの憂鬱第11話感想:

» (アニメ感想) 涼宮ハルヒの憂鬱 第11話 「射手座の日」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
涼宮ハルヒの憂鬱 1 限定版 季節は秋・・・文化祭も終わり平凡な日常に戻ったキョンは、今日もSOS団の部室で退屈な時間を過ごします。ところが、そこへ部室のドアを叩くものが・・・ドアを開けると、コンピュータ研の部長が姿を見せキョンに自分達が開発したと言うゲ...... [続きを読む]

受信: 2006年6月15日 (木) 04時37分

» 『涼宮ハルヒの憂鬱 第11話 「射手座の日」』 [ひろしのアニオタ日記]
『キョン君の有希を見る目が変わってきたよ [続きを読む]

受信: 2006年6月16日 (金) 20時04分

« FF12オールクリア!! | トップページ | ひぐらしのなく頃に第10話感想 »