« 女子高生第4話感想 | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱第13話感想 »

2006年6月28日 (水)

女子高生第12話(最終回)感想

女子高生 GIRL'S-HIGH#12「バカ、果てしなくバカ。」

今期最大のおバカアニメとして名声をほしいままにするはずだったコレも、いつの間にか最終回を迎えました。
確かにおバカではあったのですが、ぶち抜くでっかいアレパワーが今ひとつ不足でしたね。
原因は恐らく、作画とか作画とか作画とか。(笑)

アバンはドリフの全員集合。もうスタッフの趣味だけです。
最終話は、定番の文化祭で攻めてきましたよ。
メイド喫茶で大儲けして海外へ、という絵里子たちの思惑を邪魔しようと、香田の永遠のライバル西園寺が、強力な妹萌えお兄さまあ♪喫茶をぶつけてきます。
何が何でも勝ちたいバカ軍団、体育教師の松尾を嚇してプールを解放させ、水着エステを始める。
……どう見ても風俗ですがな。(笑)
最初の客はアイドル小田桐。
ギャラリーにアピールしようと張り切った絵里子、小田桐の背中に馬乗りになって、ローションをお乳や股間でえろくぬりぬりします。小田桐悶絶しそうです。
ああ羨ましい。(;゚∀゚)=3
しかし、由真は生理、姫路と香田は男と手に手を取ってバイバイ、小川ちゃんはお昼寝タイム。
切り札の桃香を助っ人に呼んだところ、何とお客を並べておいて、足で踏んで回るという荒業。
いくら何でもと呆れる絵里子だが、美少女に踏まれる刺激がイイ(・∀・)!と、お客は大満足です。
結局僅差で敗れてしまうのですが、力を出し切ったバカ軍団は爽やかな笑顔です。
全員無事進級し、しかも同じクラス。
桃香も、咲女を受験し、入学してきました。
かくして、おバカ軍団は永遠に不滅です。女子高生よ永遠に。

ところで、原作者の大島永遠って、「バツ&テリー」の大島やすいちの娘さんだったんですね。
奥さんももう一人の娘さんもプロという、凄いマンガ一家です。
原作の方が面白いという評判があちこちで見られました。読んでみようかな…。

Jo1201 Jo1202 Jo1203 Jo1204 Jo1205 Jo1206 Jo1207 Jo1208







#5「水着と美少女とマッチョな先生」
絵里子が出会った究極美少女は、由真の妹、桃香でした。
がさつな姉と違っておとなしく控えめ、いつでもお姉さま方を立てる大和ナデシコ中学生です。
でも、由真は何だかおもしろくなさそうな模様。
それもそのはず。桃香は二重人格少女だったのです。
Bパートでは、由真と綾乃の仲を裂こうと画策するシリアス展開。
Aパートは待望の水着展開だったのですが、作画のせいでえろさいまいちなのが残念。
絵里子とマッチョ松尾の股間がこすれて、絵里子絶叫とかは面白かったけど。
前回のアイドル小田桐との嫌なふれあいといい、つくづく男運がない彼女です。

Jo0501 Jo0502







#8「ウチらも昔は若かった。」
中学時代のおバカっぷりエピソード。
絵里子と由真のライバル意識が昂じて大食い対決。由真勝利と見せて、翌日の身体検査(体重測定)で絵里子が大逆転するお話とか。
姫路@ふくよかさんがアイドル小田桐に惚れてダイエットした結果、現在のような美人に変身し、バカ軍団唯一の非処女へと出世するお話とか。

Jo0801 Jo0802 Jo0803 Jo0804







#9「さらば!香田あかり。」

香田の愛と死をみつめて?
実はオーディションのための役作りだったというオチです。

#11「咲女悲恋譚 ~想い、歳月を超えて~」
小学校の同窓会に向けて、憧れだった男子に素敵になった自分を見せたいとイメチェンを図る絵里子。
臭すぎる香水とかムダ毛の処理が甘いとか、桃香にいろいろ指摘を受けた結果、大変身。
ところが、憧れの人はただのダサい人になっていたという悲恋なお話でした。

Jo1101 Jo1102 Jo1103 Jo1104

|

« 女子高生第4話感想 | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱第13話感想 »

コメント

SIGERU様、こんばんは。お仕事お忙しいですか?

>原因は恐らく、作画とか作画とか作画とか。
えぇ(笑)。まぁ、これに尽きると思います。


原作はメチャ面白いですよ。大島永遠先生の繊細なタッチの絵と、ハイテンションかつナンセンスギャグの連続は最高ですよ。

おすすめです。以上、原作「女子高生」の簡潔レビューでした。

投稿: ひろし | 2006年6月30日 (金) 21時59分

ひろしさん、ようこそ!SIGERUです。
コメントありがとうございました。
コメントいただいた時刻には、地元で飲んだくれておりました。私で三人目、じゃなくて多分三軒目でしたよ。(笑)
そちらも株主総会が終了してほっとされているところでしょうか。
打ち上げとかやりましたか?

>えぇ(笑)。まぁ、これに尽きると思います。
やはり作画さまのせいでしたか!
ひろしさんのレビューで、原作が読みたくなりました。
今度、図書館で探して見ますねってあるわけないっつーのwww
以上、一人ツッコミのSIGERUでした。

投稿: SIGERU | 2006年7月 1日 (土) 20時22分

SIGERU様、私のブログのコメントにてご配慮頂き、有り難うございました!

御礼申し上げたくて参上しました。

>私で三人目、じゃなくて多分三軒目でしたよ。(笑)

「覚えてないの。三軒目だから。」とさらにエヴァネタにエヴァネタを言ってみたりする。(笑)
弱いのにお酒が好きな私が同席していたら、本当に三軒目は記憶飛んじゃいますよ。リアル「覚えてないの」です。
しかしお酒、強いですね〜!

>そちらも株主総会が終了してほっとされているところでしょうか。打ち上げとかやりましたか?

えぇ、金曜の夜に荒れるほど。。。(笑)
異動もなく、落ち着いているところです。はい。
しかし来週は会計検査院の方が2名来られるみたいで、上司がテンパっています。検査が終わったらまた「打ち上げ」ですかね〜。

いや〜。毎週飲んだくれているにょ。
6月の初めに漬けた梅酒の氷砂糖が溶け始めたにょ。
秋には飲めるにょ。
「飲んでばっかりにゅ!仕事するにゅ!(ぷちこ風に)」

投稿: ひろし | 2006年7月 2日 (日) 21時23分

ひろしさん、コメントどうもです!SIGERUです。
私のコメントで喜んでいただけたら、本当に嬉しいです。
この世代のアニメ話ができる機会もだんだん少なくなってきた今、貴重な場だと思います。むしろ感謝しております。
エヴァ落ちとでじこ落ち、大笑いでした。
にゅとにょで人生渡っていければいいな~と本気で思う今日この頃です。
株主総会お疲れさま!
そして会計検査院ですか?国の補助金が出ているんですね。次から次へと、大変ですね…。
それでは、今夜はお休みなさい♪
(でもハルヒ最終回を見てから寝ようと思ってますけど)

投稿: SIGERU | 2006年7月 2日 (日) 23時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/10713210

この記事へのトラックバック一覧です: 女子高生第12話(最終回)感想:

» お願い!!アフィリエイトしてください!! [タイトル何にしようかな]
ご迷惑でしたらすみません! みなさんにお願いです。 うちの化粧品をアフィリエイトしてください。 たくさん売ってくださった方には御礼もします。 [続きを読む]

受信: 2006年7月10日 (月) 08時21分

« 女子高生第4話感想 | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱第13話感想 »