« 30,000アクセス達成、または珠洲城ハルカの憂鬱 | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱第6話感想 »

2006年5月 7日 (日)

ウィッチブレイド第5話感想

ウィッチブレイド#5「探」

雅音ウィッチといけない先生&弟子とのガチンコバトルかと思ったら、いったん回避。
ママとリコの日常エピソードの回となりました。
まあ戦闘シーンこそ少なかったけど、銭湯シーン満載ということで。
('A`|||)
雅音ママの巨乳についつい眼が逝ってしまうのは当然としても、リコもちょっぴり気になる辺り、我ながら勇者だと感じた今日この頃です。(笑)

師弟コンビが装着していたのはクローンブレイド。
エクスコンは、強い相手を求めて、クローンブレイドを装着している『姉妹』を襲っていた。それが、これまでの被害者たち。
クローンとはいえ、それを装着する強化人間、『ネオジーン』の能力によっては、オリジナルを凌ぐ可能性もあるようです。
終わり近く、家電型エクスコンが現れて、必殺請負人の雅音がこれを破壊。顔面に、超あやしい白濁液が。(´∀`*)
前にもこんな場面見たと思ったら、舞乙のニナでしたね。誰しも考える(狙う)ことは同じのようです。

ところで、百合弟子の栞さんは、中の人伊藤静さん。
そう、「ソルティレイ」で憤死したシルビアの再来なのです。
ひそかにシルビアファンでもあったので、これはなかなか嬉しい。
シルビアのアシュレイ部長への想いは実らなかったけど、栞さんは幸せになってほしい…。
だーがしかーし!
栞って、いかにも死亡フラグが立ちそうなタイプですよね。先生のためならいつでも死ねます!って匂いがプンプン漂ってます。
どうか体に気をつけて、なるべく長生きしてほしいですね~。

次回「変」。



Wi0501 Wi0502 Wi0503 Wi0504 Wi0505 Wi0506 Wi0507

|

« 30,000アクセス達成、または珠洲城ハルカの憂鬱 | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱第6話感想 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウィッチブレイド第5話感想:

« 30,000アクセス達成、または珠洲城ハルカの憂鬱 | トップページ | 涼宮ハルヒの憂鬱第6話感想 »