« ひぐらしのなく頃に第7話感想 | トップページ | ひぐらしのなく頃に第8話感想 »

2006年5月22日 (月)

BLACK LAGOON第4話から7話感想

3週続いてネオナチ編だったので、まとめて記事書こうと思っていたら、うっかり#7まで来てしまいましたとさ。(笑)

BLACK LAGOON#4「Die Ruckkehr des Adlers」
名画「Uボート」を思わせる重厚なつくりでした。落日ドイツの誇りとともに死んでいく艦長がカコイイ。
ラグーンメンバーの描写はちょっとだけです。どこぞの骨董商の老人からの依頼で、帝国からひそかに持ち出された絵画を探しに、Uボート探索へ。

La0401 La0402





BLACK LAGOON#5「Eagle Hunting and Hunting Eagles」

沈んだUボートをサルベージするレヴィとロック。火事場泥棒のような真似をする彼女に、ロックは生理的に反発。
ついに、レヴィの過去が語られます。
もともとはチャイニーズ系らしい。貧民街に育った模様。
『濡れ衣を着せられて投獄されてから』盗み、殺し、何でもありのアウトロー人生になったのだという。
モノだけは豊かな日本で育ったロックは、言葉もなく黙り込みます。
二人の生き方や価値観の違いが明らかに。

La0501 La0502 La0503 La0504





BLACK LAGOON#6「Moonlite Hunting Grounds」

サーチアンドデストロイ全開のレヴィが、油断しまくりの俄かネオナチ連中を文字通り屠殺していきます。
他のブログさんにもあるとおり、いくら烏合の衆とはいえ、敵のタマがかすりもしないのは凄すぎ。
しかも、レヴィの弾倉はどうやら無限です。
変なトリビアかまして改造銃を自慢しまくった挙句、一撃で倒されるヴァカ党員には笑えました。
結局、全ては依頼主の骨董商、その正体は極右の大物爺さんのフェイクだったのです。

「あいつとは組めねえ」
ぽつりと呟くレヴィ。
次回、二人の対立は決定的に?

La0601 La0602 La0603 La0604 La0605





BLACK LAGOON#7「Calm Down,Two Men」

レヴィの本名はレベッカ?したらばレヴィではなくレビィが正しいのか?
公式サイトでもレヴィですよね…。

ダッチのお使いで、ブツの回収に回る二人。
怪しげなクラブでは、オーナーにSM嬢への転職を勧められてしまいます。
うん、完璧に女王様っぽいしね。(´∀`*)
最後の回収は、郊外の教会。一見のどかな風景ですが、盗品故売のアジトらしい。
穏やかなようで腹黒いヨランダ、チープな臭いがプンプンするエダと、喰えないシスターズがいい味出してました。
レヴィの脅しにも、一歩も退きません。二流ガンマン?のエダと銃を突き付けあい、膠着状態に。
割って入ったロックが、口先の魔術師ぶりをいかんなく発揮。
紅茶褒めを皮切りに、商社仕込みの巧みな交渉力で老獪なヨランダを唸らせます。
チャカを振り回すだけじゃなく坊やを見習いな、と言われて面白くないレヴィ。
屋台でベトナムのフォーみたいな麺の食事中に、いきなりぶち切れます。
ところが、ロックが負けてない。口でもそうですが、それだけじゃなく。
「(カネカネばかり言ってるおまえは)オレの命を切り捨てたあいつらと変わらない」
「都合が悪くなると、悲劇のヒロイン気取り」
レヴィの痛いところをズバズバ突いてきます。
『このやり方しか知らない』彼女は、追いつめられて逆ギレし、実力行使を。
身体能力には圧倒的な差があると思ってましたが、どうしてどうして、レヴィの胸倉をつかんだり、向けられた銃口を力任せに逸らすあたり、結構な腕力です。
レヴィの渾身の右も、顔でまともに受け止めて耐えてるし。
ジャパニーズサラリーマンすげEEEEEEEEEE!!!!
Σ(゚Д゚;

帰りの車中。
レヴィ相変わらず「面白くねー」「ひでえ一日だった」を連発しながら、タバコの火を貸せという。
間接キスみたいな感じで火を交換する二人。ツンデレながらも、結構いい雰囲気です。

次回「Rasta Blasta」。
眼鏡っ子メイドさんキタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!
これが噂のロベルタさんでしょうか?


La0701 La0702 La0703 La0704

|

« ひぐらしのなく頃に第7話感想 | トップページ | ひぐらしのなく頃に第8話感想 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: BLACK LAGOON第4話から7話感想:

» 国宝級の刀匠が作る日本刀が安い [日本刀コレクション&名刀模造品販売が安い!]
国宝級の刀匠が作る日本刀&名刀の模造品をご紹介しています.あなただけのコレクションとしていかがですか? [続きを読む]

受信: 2006年5月23日 (火) 02時53分

« ひぐらしのなく頃に第7話感想 | トップページ | ひぐらしのなく頃に第8話感想 »