« ウィッチブレイドほか4月新番感想 | トップページ | 地獄少女感想#24 »

2006年4月 8日 (土)

地獄少女感想#23

地獄少女感想#23「病棟の光」

今回は、実に不条理なお話でした。

ターゲットは誰からも好かれる美人看護士、桜木加奈子@沢城みゆきちゃん。
頑張りやさんだし性格はいいし可愛いし、朝は朝でパジャマの裾から可愛いおへそを見せてくれる非の打ち所のない看護士さんです。(´∀`*)
はじめちゃんが聞き込み調査をしても、病院に潜入して探っても、何も出てきません。
唯一、最愛の妻を亡くした樋口さんが怪しかったのですが、
「地獄通信にアクセスしたんですか?」
「アクセス? インターネットって奴かい?あいにくそっちはさっぱりでね」
樋口さんでもありませんでした!

屋上で、また仙太郎の映像を幻視したつぐみ、パニックを起こして加奈子さんに救われます。
お詫びとともにリンゴを渡すつぐみ。気軽に受け取って、病室を出て行く加奈子さん。
その直後。
廊下に、リンゴが空しく転がります。
「あの人、地獄に流されちゃった…」

結局、地獄通信にアクセスしたのは、加奈子ちゃんが会った事もないという変態男でした。
海辺で、口から涎を垂らして横たわったまま薄ら笑っています。ストーカーとも呼べない、ただの衝動犯罪者です。
さすがに、いつもの卒塔婆は立ちませんでした。こいつには名前もないのでしょうか。まさしく不条理です。

たまらず駆け出すつぐみは、桜の木の下で泣いています。
不意に景色が変化しました。あの六道郷の模様。あいちゃんが登場し、つぐみちゃんと対峙します。
「仙太郎を…知ってるの?」

次回「夕暮れの里」。

ついしん
久しぶりにサイト「地獄通信」にアクセスしたら、新シリーズ放映決定とのお知らせが!
嬉しさのあまり、地獄に祈りを捧げているところです。
だーがしかーし!
そのすぐ下に、
「4/4 東京MXテレビ放送延期のおしらせ
4月15日に放送を予定しておりました第26話は、編成の都合により翌週22日に延期させていただきます。あらかじめご了承ください。」

ご了承なんてしませんぜ##
許さんぞ東京MX!「昼下がりの窓」延期以来の再犯の罪、万死に値します。
地獄通信にアクセスして、あいちゃんに地獄に流してもらっちゃうよ?


Jigoku2301 Jigoku2302 Jigoku2303 Jigoku2304 Jigoku2305 Jigoku2306 Jigoku2307

|

« ウィッチブレイドほか4月新番感想 | トップページ | 地獄少女感想#24 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/9488561

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄少女感想#23:

« ウィッチブレイドほか4月新番感想 | トップページ | 地獄少女感想#24 »