« 地獄少女感想#26 | トップページ | 女子高生第3話感想 »

2006年4月24日 (月)

涼宮ハルヒの憂鬱第4話感想

涼宮ハルヒの憂鬱#4「涼宮ハルヒの退屈」

第4話は野球。
すなわちベースボール。
スポーツはいいね。リリンの生み出した文化のきわみだ。そう思わないかい、涼宮ハルヒくん?

つーか。
ヒューマノイドインターフェイスは?
宇宙人は?
あの引きは何だったんですか?

…まあいいや。
天上天下、唯我独尊のハルヒには何を言ってもムダですから。

みくるちゃん、すっかりSOS団になじんでおります。どうやら人間として終わってしまった模様。
そもそも、ナースウィッチコスプレが平服になっている時点でダメダメです。
そこへ、例によってハルヒ飛び込んでくる。
「野球大会に参加するぞー!」

敵チームは大学生で、優勝候補ナンバーワン。
キョンは、頼りにならない友人どもの他、メンバーに妹をエントリーしてきました。
妹属性で敵を欺こうというわけではありません。負ける気満々なのです。
下手に勝ってしまうと、後が面倒という判断。
試合開始。ハルヒは孤軍奮闘するも、他がまったくついてきません。
4番に抜擢されたキョンでさえ、さっぱりです。
敵ピッチャーの剛球を目の当たりにして、嘆息します。
『ハルヒは、この球を長打したのか』
あらためて、ハルヒの凄さを思い知ったキョンでした。

「何かが欠けているわね」とハルヒ。
欠けていたものはチアガールでした!Σ('∀`;)
みくるちゃん、あっという間にチアガール。またまたいじられております。
古泉もそれなりに頑張っておりますが、いかんせん形勢を逆転するほどのファンタジストではありません。
だが、このままでは世界の危機。
ハルヒの機嫌を損ねると、閉鎖空間が増大して世界は終末を迎えるらしい。
エントロピーの法則とかそんな感じらしいのですが。

長門が本気出しました。てゆーか、バットに何やら呪い?をかけております。
長門「これ、属性情報のブースト変更」
キョン「なにそれ?」
長門「ホーミングモード」
解説しよう!ホーミングモードとは、バッターの意思にかかわらず、バットがボールを追尾して当ててしまう驚天動地の能力なのだ!
みるみる積み重なる得点、また得点。キョンチーム、圧勝です。
しかし、高度な政治的判断により、キョンチームは試合放棄。
敵のキャプテン、泣いて喜んでおります。恐るべきハルヒを相手にした愚を、とことん思い知らされたらしい。

次回「涼宮ハルヒの憂鬱Ⅲ」
ようやく正常化…。


Haruhi0401 Haruhi0402 Haruhi0403

|

« 地獄少女感想#26 | トップページ | 女子高生第3話感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/103873/9749803

この記事へのトラックバック一覧です: 涼宮ハルヒの憂鬱第4話感想:

» 『 涼宮ハルヒの憂鬱#4「涼宮ハルヒの退屈」』 [ひろしのアニオタ日記]
『宇宙人・未来人・超能力者。。。このメン [続きを読む]

受信: 2006年4月27日 (木) 19時19分

« 地獄少女感想#26 | トップページ | 女子高生第3話感想 »