トップページ | 2005年6月 »

2005年5月28日 (土)

らーめん兼吉

ご近所の、路地の奥にひっそり佇むラーメン専門店です。
入口の「営業夢中」という看板が、何となくカワイイ。
カウンターのみで広くはなく、特に凝ったつくりではないんですが、そこはかとなく「専門店」を演出した内装です。
至近距離に、眼鏡をかけた物静かな店主が、こちらの注文をひっそり待っています。
店全体の雰囲気も含め、ひたすら待ちの姿勢で、静的な感じ。
メニューは「しょうゆ」「しろ」「ごま辛(つけめん)」そしてなぜか「カレー(めん)」と、限定的なところがまた専門店っぽい。
しょうゆと、唯一のサイドメニュー「皿ワンタン」そしてびんビールを頼んでみました。
店主が、ていねいな仕事を始めます。
さっと出てきた皿ワンタンで、ビールをぐいっと。
ん~皿ワンタン辛味が効いてんまい。ビールが進みます。
やがて出てきた「しょうゆ」は、スープが茶色でこってりに見えるんですが、実は鰹だしを基本にしたあっさり系。
うん美味しい!東京ラーメンとも何ラーメンとも分類しにくいので、強いていえばオリジナルってところでしょうか。
トッピングは、チャーシューにメンマに小松菜、海苔に刻み葱とシンプルです。
チャーシューも……口に入れるとほろりと崩れて、悪くない。
総じて量少なめで、小食の私でも物足りないと思うところが、さらに静的な印象を際立たせます。
金曜日の夜ですが、客はほかに一人だけ。その一人もさっき出て行きました。
店内を沈黙が支配しますが、心地よい静けさです。
食べ終わって、丼をカウンターに上げると、すかさず「ありがとうございます!」の声が。
客あしらいも、決して下手ではなかったんですね♪

また来よう。今度はごま辛つけめんかな。

kane31

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2005年5月22日 (日)

舞-HiME最終話プラスワン

そして、舞衣は叫んだ。
「あたしのやりたいこと……酒盛り!!」

というわけで、HiMEメンバーは、居酒屋に全員集合していた。
舞衣「飲みはひさしぶりよねー碧ちゃん。シスターも飲んで飲んで♪」
(シスターは、すでにチキン丸焼きをかじりながらぐいぐい飲んでいる。あきれる舞衣)
紫子(にっこり微笑んで)「神もお許しくださるでしょう」

大ジョッキ片手に、仁王立ちで対峙しているのは静留と遥。
静留「執行部長さん、もう刻限も近うおすな。決着、つけなあかんよね」
遥「それで勝ったつもり?あいにくあたしは珠洲城遥なのよ!」
雪之(ハラハラしながら見守っていたが、イッキ対決が始まりそうなので)
飲っちゃダメだよ、遥ちゃん!」
静留「下がりおし、あんたの出る幕やありまへん。ぎゃあぎゃあやかましいわ」(怖)
舞衣「み、みんな、仲良くやろーよ。あたしのムネに免じてさ」(謎)
詩帆「嘘つき!!」
舞衣「詩帆ちゃん――」
詩帆「だって、お兄ちゃんたら、あんた(のチチ)ばっか気にするんだもん。皆あなたのせいよ!だからお願い」(エレメントを取り出して)
「消えて」
収拾がつかなくなった周囲の騒ぎをよそに、独りがつがつ飲み食いしているのは命だった。
命「うまい……うまいな、あたりめは」

なつき、バイクで飛び込んでくる。
静留「相変わらずいきなりどすなあ」
なつき「私はお前を止めてみせる! 私自身の、すべてをかけて!」
静留「そんなにうちが嫌い?なら……清姫!」
なつき「デュラン、ロードシルバーカートリッジ!」
(あーもうどうすれば)(゚Д゚≡゚Д゚)?

24siho_5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月17日 (火)

でぼちん28号

最近、気がつくと口ずさんでるんです。
懐かしのアニメ「鉄人28号」の替え歌を。
それも、「でぼちん」遥ネタのやつ。
よほどのベテランの人か、昨年深夜アニメでリメイクされた鉄人を見た人でもない限り理解不能のネタですが、つい書いてしまいましたー。
かんにんなー。(笑)


生徒ー会室にガオー
風華ーの教室にガオー
だだだだだーんと態度でかいー
ばばばばばーんとちちでかいー
びゅーんと飛んでくでーぼちん すずしろはーるーかー
あーるときは 雪之の味方
あーるときは 静留の手先
敵ーに渡すなだいじな腕章
でーぼちんでーぼちん早く行けー(ガオー)
びゅーんと飛んでくでーぼちん にじゅうはちごー♪

(いやもう何て言ったらいいか)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2005年5月14日 (土)

ノワールな土曜日@コーヒー片手作者♪

テレビを前に、ふーむとかうーむとか唸りっぱなしのミレイユ。
霧香が傍に寄ると、ミレイユは、珍しくアニメを熱心に見ていた。
タイトルは、「鋼の錬金術師」。フランス語版再放送である。
「へー錬金術師でも国家公務員になれるのかー。んなら、国家暗殺者ってのがあってもいいわよね。うん、身分保障もよさそうだし、年金の率も悪くなさそうだし。どう思う?霧香」
霧香、黙って懐中時計を取り出し、みつめる。ガクゼンとするミレイユ。
「そ、それはっっっ??まさか……」
霧香、黙ってうなずく。
「霧香、あんた、国家暗殺者だったの?い、いつの間にそんな――」
「ソルダと、アルテナの強い推薦があったから……」
コネね、コネなのね?!あ、あたしの師匠が一匹狼のフェデー叔父さんだったから?ちくしょー、ソルダにだって、あたしの腕を買ってくれてる人(オジサンだけど)はいるのよ。そうだ、今からでも就活(就職活動)に行こう!行くわよ、霧香!」

(つづく……のか?)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2005年5月10日 (火)

も~っとバジリスク

ということで、「バジリスク③④⑤」を一気に大人買い?してきました。ひさしぶりですねえ、こういうハマり方は。原作の忍法帖ファンだったという下地はあるにしても。
せがわまさきの濃いめの作画が、原作の世界観によく合っていたということなんでしょう。弦之介の眉ってめっちゃ濃いし。意味が違うか。(笑)
ううう、蛍火も朱絹も陽炎もいいですねえ。情念の美神という感じ。それぞれの想い人への愛を秘めつつ、破滅へとひた走ります。
蛍火→虫・動物おたくのヘンな女の子。夜叉丸さま一途。
朱絹→全身から毒を含んだ鮮血を放つというヘンな術の使い手。小四郎さま一途。
陽炎→絶頂に達すると息が毒となって男を殺すという始末に負えないヘンな美女。弦之介さま一途。
彼女たちの哀れな最期には、おぢさん泣けてしまいました。

basilisk

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年5月 9日 (月)

エルフェンリートその後

友人のとしさんちに遊びに行って、#1の地上波版とオリジナル版(DVD版)を見比べてきました。
うわ~やっぱり。人体損壊のレベルが違う。人間のアタマやら手足やら胴体やらが、派手に打ち上げられて宙を舞ってますよ。「きさらぎ、がんばりま~す♪」なんて健気にぶりっ子ポーズとってた如月サン、ルーシーに首ひきちぎられてます(怖)。噂どおりだ……。
この原作者は、頭部切断に生きがいもとい固着観念を感じているみたいですね。
今夜は放映日です。わくわく、てゆーかどきどき。

el20050103215583

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年5月 8日 (日)

バジリスク

深夜アニメにインスパイアされて、思わずコミックス①②を購入。②は、お胡夷と蛍火のためにあるような巻ですね。お胡夷ムネでかい!唇もだが(笑)。弦之介の瞳術(バジリスク技)もなかなかの迫力でした。作画のうまさが光ってます。

原作の「甲賀忍法帖」を中坊のとき読んで忍法帖シリーズにハマり、一気に10冊以上を読み倒した記憶が。超人というかほとんど化け物っぽい忍者たちや、くの一の使う術の色っぽさにもうクラクラでしたね。あまりに刺激が強すぎて、なんか人生踏み外したような気もしますが。

当時は、この絢爛と血の色に満ちた世界が、ビジュアルで見られるなんて予想もしませんでした。長生きはしてみるもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 3日 (火)

ある日の舞-HiME@ワイン片手♪

全てのHiME同士の諍いが終わった午後。風華学園女子寮の一室。舞衣手づくりのお茶漬けを、黙々と食べているなつき。心配そうにみつめている舞衣。なつき、箸をとめて、ぽつりとつぶやく。

なつき「うまい…うまいな……ぶぶ漬けは…………」

舞衣(嬉しそうに)「でしょ?だからもう、彼女のことは忘れようね。なつきは何も気にしなくていいんだよ。だって、あれは事故みたいなものだったんだから。なつきにとっては、さ」

顔をまっかにするなつき。

「……そうだ。そうだな。わたしは何も知らなかったんだ。だから、なんとも思っちゃいないよ舞衣。そうさ――」

一人うなずくなつき。しばらく黙って食べ続ける。

うつむいたまま、突然ぽとりと箸を落とす。

舞衣「ど、どうしたの?」

なつき「やっぱりおいしくない……。静留のぶぶ漬けが食べたい……。つーか、静留を食べたい!」(笑)

natuki_2

| | コメント (2) | トラックバック (0)

エルフェンリート

地上波版エルフェンリート#5「落掌」見ました。

このアニメ、やはり残虐描写がかなりカットされていたんですね。いまネットで確かめました。噂に聞いていたのと違って、なんかボカシや曖昧表現多いなーとは思っていたんですが。うわ、#1(如月)とか#4(ナナ)とか、AT-X版だと悲惨なことになってるんだ……。

登場する女の子たちは例外なく不幸のにおいを漂わせているんですが、今回の家出少女まゆのエピソードも、ああやっぱり、という感じでした。「ガンスリンガー・ガール」とかと同じにおいがします。

全13話、最後まで付き合うつもりですが、闇のさなかの光というか、救いは欲しいなあ。そんな結末を期待してます。あ、原作はまだ進行中だっけ。

elfen-lied-1280

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年5月 1日 (日)

うたかたのはじまり

連休の気楽さと、知人が次々にブログを開設していくのに刺激されて、ほとんどはずみで作成してしまいました。「うたかたの日々」。

何書こうかな、困った。まずはアニメかな。

「舞-HiME」。もう終了してしまったアニメですが、NOIRつながりでネット上で知り合った皆さんのほぼ全員が、これに転んでいると言っても過言ではありません。(笑)

梶浦由記のBGMから入ったようなものですが、前半のゆるゆるムードから後半いきなり転調した、怒濤の暗黒展開には思わず居ずまいを正してしまいました。

すごいよこれ!NOIR以来の緊張感だ!

今さら告白するのもなんですが、ぶぶ漬け生徒会長でコテコテ京都弁でおっかない清姫を操っておまけに百合でもある静留にハマりましたよ、この私もね。もう25話までは、眼が離せませんでした。いやほんとに。あの最終話で思わずずっこけましたが、これはこれでまあまあまあ。

前半、見逃した話数もあるので、またじっくり見直したいですねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2005年6月 »